HTMLの勉強

ドメイン取得への道

【勉強】HTMLの効率的な学習。仕事に繋がるHTMLリファレンス

今ではHTMLの学習方法もオンライン学習などが登場したことによって、以前と比べより効率的行えるようになりました。ここでは各種オンラインサービス、人気のHTML本、リファレンスサイト、自動的にHTMLを作ってくれるジェネレーターサイトについておすすめのサービスを紹介をしています。

また、実際のWeb制作において役に立つ、HTMLコーディングや知識についても紹介しています。

1.HTMLオンライン学習・webサービス

オンライン学習として動画や専用アプリによるHTML学習は、本などによる勉強よりも効果的な面が多くあります。 おすすめできるオンライン学習サービスなどの紹介。

2.HTMLリファレンス

HTMLのコーディングがわからない時に活用してほしいのがリファレンスサイトやリファレンス本になります。おすすめのリファレンスサイトや解説本を紹介します。

3.HTML本

オンライン学習もおすすめではありますが、教材となる本も1冊か2冊は購入しておくと良いと思います。 HTMLを基礎から教えてくれるおすすめの本を紹介します。

4.各種ジェネレーターサイト

何百色という色を配置する際に活用してほしいカラーリファレンスや、 グラデーションを作りたい場合に自動的に生成してくれる専門的なリファレンスサイトを集めました。

HTMLリファレンス(かんたん)

1.文字「font~」(大きさ、色、背景色、太字、中央寄せ)

最も基本的でよく活用されるHTMLは「文字」についてではないでしょうか。 色をつけたり、大きさを変えたり、基本的な「文字」についてのHTMLを解説します。

2.みだし「h1、h2~」(デザイン、背景色、背景画像)

見出しはどのページにもほぼ出てくる要素になるため、デザインをする際には作り方をしっかり 把握しておきたいで要素の1つになります。

3.リスト「ul、li~」(デザイン、横並び、数字)

思っているより、活用することが多いのがリストになります。 リストについては横並びにすることや、デザインする時に注意することがいくつかあり、 単純なHTMLでは作れないので、ある程度理解しておくことが大切になります。

HTMLリファレンス(むずかしい)

1.要素に画像を重ねて配置する「background-image」など

要素に画像を重ねる方法を覚えると、Webデザインの幅が広がります。 画像を重ねるにはいくつか方法があるため、それぞれ解説しています。

2.displayを理解する(インライン要素など)

インライン要素を理解することで、サイトの全体的デザインを自分で デザインすることが出来るようになります。

3.スタイルシートの「反映されない」を防ぐための理解術

ホームページデザインで良く起こりがちなのが、スタイルシートの記述ミスや読み込まなくて困ってしまうということ。そのためにはCSSのセレクターの記述方法をちゃんと把握しておきましょう。