SEOに有利なドメイン

SEOに有利なドメインってあるの?

【2017年12月22日更新】

アクセスを増やしたい!

Web担当者、サイト管理人なら誰しもが思うことではないでしょうか。

Googleのアップデートが毎年更新されていますが、実際のところSEO対策にドメインも多少は影響しているのでしょうか?

Googleのアップデートの毎に感じること。

Googleのアップデートは毎年おこなわれていて、ツイッターを追いかけていると「アクセスが落ちた」「アップデートが・・・」というつぶやきを見かけることができます。 私も数多くのホームページを運営していて、アップデートの影響を受けることもあれば、そのままアクセスが変わらないこともあります。

あくまでも私の運営サイトにおける傾向として、「作りこみがしっかりしているサイトは落ちづらい」傾向があります。 また新しくサイトを立ち上げてもアクセスがつくのは、やっぱり自分でしっかりライティングしているものが上がりやすい傾向があります。 基本的に被リンクをつけて、ということはしていませんので、ほぼ被リンク0の状態で記事を書いて。の場合です。

私は自分で運営してきた経験や、また他のホームページを調べている傾向として、なんとなく「.com」を好んでいます。 「.com」自体のドメイン数が多いので上位表示されるのは「.com」が多いということはあたりまえのことになりますが、 「.shop」とか「.tokyo」などのドメインで上位表示されているサイトを見た記憶がほとんどありません。

コンテンツSEOの時代が来ている。といわれてからもう何年も経っていますが、その傾向がどんどん強くなっている気がします。 「.com」意外のドメインでほとんど運営していないせいもあって、他のドメインで取得したときSEOとして何か違ってくるのか?は正確にはわからないのですが、 いまの時点で、今後はもっと「どのドメインで取得しても内容次第でかわらない」ということになっていくと思っています。

「.com」以外のドメインで運営する気持ちはないけれど・・・

2017年にはいって今12月になりますが、ここ最近作ったホームページもすべて「.com」になります。 感覚的にはどのドメインで取得しても同じだろう。と思っているのですが、それでもドメインが長くなってもいいので、無難に「.com」で取得しているような状況です。

今後、もし「.shop」のような別のドメインで運営する機会があれば、どうなるのかまとめて書いてみたいと思います。

もし法人なら「.co.jp」の取得を1番におすすめします。

個人では取得することのできない「.co.jp」ドメインですが、もし法人の方であればこの「.co.jp」ドメインをおすすめします。 取得するにも法務局に登記を取りに行ったりしなくてはならないので、めんどうではありますが、それでも「.co.jp」ドメインがついていると訪問者の信頼感が違う気がします (少なくとも私の場合は「.co.jp」ドメインだとそう感じます)。

例えば「.co.jp」というだけで訪問者の滞在時間やページビューが1秒でも1ページでも増えれば、それはSEO効果につながります。 はっきりと見えないものですが、法人であれば「.co.jp」を取得するべきだと考えています。

ただ、基本的に「.co.jp」は法人の公式サイトで運営されることが多いドメインになっています。例えば社歴とか社訓を載せるようなサイトですね。 そのため公式サイトと、他の何かのサービスを展開したいホームページとではドメインをわけるのが一般的です。 もし「.co.jp」では公式サイトを。ということでしたら無理に取得しないでもいいと思います(会社で1つしかとれません)。

SEO的視点から日本語ドメインを考える。

2013年から2015年ぐらいは日本語ドメインによるアフィリエイトサイトがたいへん多く作られていた時期でした。 そのころ、私も多くの日本語ドメインを取得していました。

日本語ドメインはSEOにも強いということで、そういった記事や書き込みを多く見かけましたし、実際私の作ったサイトも日本語ドメインの反応はよかった気がしています。 いくつかの日本語ドメインはアクセスが上昇し、そのままメインサイトとなっていました。

いまもう少しで2018年になるところですが、いま振り返ってみて日本語ドメインについてどう感じているか紹介してみたいと思います。

日本語ドメインより「英字ドメイン」がいい。

これも私の体験談のなかから感じたことなので、他の方がどう思うのかはわかりませんが、かつてメインサイトだったサイトも今はほとんどがアクセスが減少しています。 ただこれは、あまり更新していなかったので仕方がないことなのですが、てこ入れをするために「サイトの内容を少し変えよう」とか「タイトルを変えよう」と思ったとき 日本語ドメインの弊害がでています。

日本語ドメインだとたとえば「ドメイン取得.com」なんかで運用している場合、そこにホームページ作成とかレンタルサーバーの記事を入れると「タイトル」と「記事の内容」に 違いがでてきてしまいます。 スマホによるアクセスが多くなっていますが、スマホでサイト訪問すると、そのサイトのURLが上部にしっかり表示されます。 表示されているドメイン名が日本語だと、そこでどんな内容のサイトになっているのかすぐわかるわけです。

そこまで気にしている人はいないかもしれませんが、運営している日本語ドメインのサイトのタイトルを変えてから、アクセス数や広告の反応が悪くなっています。 もし英字ドメインでしたら、一目みてないようがそこまではわからないと思いますので、アクセス数や広告の反応もそこまで変わらなかったんじゃないか。という風に思っています。

「将来的にコンテンツの内容を変えるかもしれない。」ということであれば、やはり今は日本語ドメインではなくて英字ドメインを取得すると思います。

【関連記事】

2015年~2016年で効果があったSEO対策


おすすめのレンタルサーバー

サイト名特徴
WebARENA SuiteX
WEBアリーナ
WebARENA SuiteXの詳細★★★★★
WebARENAはNTTコミュニケーションズ運営でNTTグループとしての法令遵守と高い倫理観。 そして18年以上、10万件にもわたる運営のノウハウが蓄積されています! 料金はクレジットカード払いで初期料金0円&月額料金1361円と1000円台で利用が可能。 容量は大容量の300GB。マルチドメイン対応。無料の電話サポートや24時間365日の有人監視体制でサポート&セキュリティも安心。 さらに稼働率は100%おすみつき。
エックスサーバー
エックスサーバー
エックスサーバーの詳細★★★★☆
エックスサーバーはクチコミの評判が良いレンタルサーバーです。 特徴は高いコスパにとっつきやすい管理画面の使いやすさ。 マルチドメインにも対応しているので複数のサイト運営でも問題ありません。 また32Gbpsの高速バックボーンという快適な環境を実現しています。 1年間の長期割引で月額1500円→1000円まで下がります! ワードプレスを始めるなら最適なレンタルサーバーだと思います。 2018年3月30日まではプレゼントキャンペーンでずっとドメイン代無料!
CPIレンタルサーバー
cpi
CPIレンタルサーバーの詳細★★★★☆
KDDIが運営する法人向けで人気のCPIレンタルサーバー。 月額3800円と当サイトの紹介サーバーの中では1番高いですが、その分スペックは申し分ありません。安心の稼働率100%保障。 データベースやマルチドメインの利用はなんと無制限!さらに10世代前までの自動バックアップ。 それでもいて初心者でも安心して使ってもらえるよう各種お任せサポートや、専任スタッフによる電話サポートもばっちりで24時間365日対応してくれます。 20日間のあいだであれば無料でお試しができます。 既存サーバーからの乗換えの場合、CPIがすべて行ってくれるサービスあり。
ロリポップ
ロリポップ
ロリポップの詳細★★★★
「ナウでヤングなレンタルサーバー」をフレーズに低価格のレンタルサーバーとして有名なロリポップ。 初期費用やドメインの料金とあわせると初年度は月額300円~400円ほどで利用が可能になります。 人気が故にトラブルも時にはありますが、悪かろう安かろうでも問題なければおすすめしたいサーバー。 格安サーバーでありながらマルチドメインなどにも対応しています。
大塚商会 アルファメールダイレクト
大塚商会
大塚商会 アルファメールダイレクトの詳細★★★★
アルファメールの1番の魅力は「.jp」や「.co.jp」などドメイン料金がなんと永久無料なことです! 料金は月額1400円、長期割引で最大15%安くなります。 サーバー稼働率は99.9%、初心者の方むけに無料の電話サポートやオプションの作成サービスもばっちり。 お試ししてみたい人のために14日間の無料期間もあり。東証一部に上場している大塚商会で安心のレンタルサーバーです。
お名前.comレンタルサーバー
お名前.comレンタルサーバー
お名前.comレンタルサーバーの詳細★★★☆
大手ドメイン会社のお名前.comが運営するレンタルサーバー。初期費用は1800円。月額料金は月々1300円ですが1年間の長期割で980円に。2年間で900円まで値下げされます。 24時間365日の電話サポートつき。ワードプレスの簡単インストールやマルチドメインなど標準的な機能はすべてそろっています。 さらにお名前.comでドメイン取得すればネームサーバー設定もかんたんになります。
シックスコア
cpi
シックスコアの詳細★★★★
エックスサーバーの上位版となるのがシックスコア。 月額料金は1800円とエックスサーバーより高くマルチドメインなどの数も最大40個となっていますが、 その分国内高速の232Gbpsを実現していてサーバーにおける共有人数が少なくハイスペックな使い心地になっています。 いくつかのサイトをしっかり運営したい向けのレンタルサーバーと言えます。 また、99.99%以上の安定した稼動で、質問などは電話でサポートしてくれます。 専用SSL証明書、WAF機能、セコム定期診断などセキュリティも万全です。
WADAX
WADAX
WADAX★★★★
WADAXの魅力は土日や年末年始も含んだ365日OKの無料電話サポートHHD(ハードディスク)ではなく高速SSDのサーバーを採用している点です!SSD採用のレンタルサーバーはまだほとんど見かけません。 利用者の解約率はたったの1%で満足度が高いことを証明してます。 月額料金は1188円からとなっていて、マルチドメインなどはプランTypeSの月額1944円(最大10個)から利用できます。 個人用からビジネス用までバランスの取れているおすすめの会社といえるでしょう。
GMOクラウド
GMOクラウド
GMOクラウドの詳細★★★☆
ミニ・レギュラー・プロと3種類のサービスがありミニでは1年の長期割引で最低価格がなんと943円にと価格を抑えたサーバーになっています平日10:00~18:00の電話サポートもついていて十分なサポート体制となっています。 管理画面はかなり癖がありマルチドメインの追加などは電話サポートとの連携が必要だと思います。 複数人数で管理するための設定などもできて運営者が複数いた場合でも権限委譲などができます。
スターサーバー
minibird
スターサーバー★★★★☆
格安レンタルサーバーとして最近人気になっているのがスターサーバーです。プランは合計5つで月額料金は最も安いエコノミーが126円となっています。 最大容量は10GB、複数サイト運営したい方は500円からのスタンダードプランならマルチドメイン無制限&データベースは20個まで利用可能! 12月25日まで初期費用無料キャンペーンを展開しています。