ドメイン変更

【完全解説】ドメインの変更で管理者が「知っておくべきこと」のまとめ

ホームぺージ管理者にとって出来れば避けたいのがドメインの変更ではないかと思います。どうしても「ドメインを変更したい」と考えた時のために、当ページではドメインを変更する時に知っておきたいことをまとめまています。

1.ドメイン変更の影響

アクセス数やGoogleの順位への影響

まず、ドメイン変更において管理者が1番気になる点が、変更後のアクセス数への影響ではないかと思います。

これについては、リダイレクト処理を行うことでリカバリーがある程度できます。 リダイレクト処理とは、変更前のサイトへ訪問した人を自動的に「変更後サイト」のサイトへ飛ばしてくれる処理になります。

仮に変更前のサイトにおいてデータをからっぽにしても、しばらくは順位が継続しますから、 アクセス数を減らすことなく変更後のサイトへ人が訪れることになります。

もちろん、しばらくすれば変更前のサイトは順位が落ちてきます。 つまり、変更前サイトにおいて順位が落ちる前に、変更後のサイトの順位を良くすることが管理者の役割になります。

順位の回復について

ドメインを変更したサイトの順位については、コンテンツ基準を満たしている場合、大体が数か月以内~半年ほどで戻るケースが多くなっている印象を受けます。

この基準が一体どこにあるのかが管理者にとって最も判断が難しいところではあります。

少しでも早く順位を戻すために出来ることは幾つかあります。日々ホームぺージの管理をすること。内容の修正をすること。ページの追加をすること。 このようにホームぺージの内容を充実させる工夫をしましょう。

2.ドメイン変更で管理者が行うことの「まとめ」

ドメインを変更する場合、ワードプレスと通常のHTMLサイトでは行うことが違ってきます。 ここではワードプレスにおけるドメイン変更について説明していきたいと思います。

イレクト処理

ドメインの変更で1番大切な点になるのがこのイレクトの処理になります。 イレクト処理をすることで「元ドメイン」に来た訪問者を「新しいドメイン」のページに自動転送してくれます。 経験から、このイレクト処理をすれば元ページが持っている被リンクなどのプラス面も、自動的に移転ページに渡してくれるのではないかと思っています。

ワードプレスの場合、イレクト処理はプラグインを活用することで、簡単に設置できるようになっています。

通常のHTMLサイトの場合は「.htaccess」のファイルに該当するソースを自分で入れて作ります。

ドメインとレンタルサーバーでの管理画面での設定

(1)ドメイン側でネームサーバー設定をする

ドメイン変更するということは、これから使うドメインを取得していると思いますが、 ドメインを取得したらドメイン側の管理画面でネームサーバーの設定を行っておきましょう。

(2)レンタルサーバーでドメイン登録の設定をする

ドメイン側でネームサーバー設定をしたら、次はレンタルサーバー側でドメインの登録を行ってください。

内部リンク変更

HTMLサイトでもワードプレスでも同じですが、各ファイル内のリンクなどで旧ドメインのURLが載っている部分があるとしたら、 その分はあたらしいドメインの表記に変更しなくてはいけません。

一括置換ソフトやプラグインが出ていますので、直してしまいましょう。

ドメインとは

レンタルサーバーとは

目次

特集

カテゴリー


【サイト内検索】