ホームページテンプレート

仕事にも使える!おしゃれで超簡単なホームページテンプレート&ワードプレステーマまとめ

HTMLをある程度知っていて、これからホームページを作りたい。 そんな時に最初から整ったデザインのテンプレートを使えば時間を短縮させることが出来ます。 ただテンプレートサイトもどこが良いのか調べるのに時間がかかりますので、ここではおすすめのサイトをいくつか紹介しています。

また今ではわざわざ自分でHTMLを覚えてなくても、ワードプレスなどを作ればより簡単にホームページを作れるようになっています。 そこでHTMLテンプレートの前に、ワードプレスの人気テーマも紹介しています。

さらに、HTMLテンプレートよりも、ワードプレスよりも遥かに簡単にホームページを作れるサービスも最近は多くなっています。 マウス操作だけでデザインや機能を自由自在に編集できるのが特徴です。 このホームページ簡単作成サービスですが近年どんどんオシャレなデザインや、優れた機能がつくようになりました。 とにかく簡単に作りたい場合は、かんたんホームページ作成サービスがおすすめです。

1.ワードプレス用おすすめテーマ(テンプレート)

最近はワードプレスが大人気です。既存で付いているテンプレートよりも使いやすいテーマがたくさん登場しています。そこで仕事にも商用サイトとししても使える、人気のワードプレステンプレートをまとめてみました。

ストーク

個人的に1番つかっているのがストークです。 2017年末のいま新しいサイトを作るときは、ほぼ全てのサイトでこのテンプレートを導入しています。

このテンプレートを良く使っている1番の理由は、初期状態のデザインの見栄えがいいことです。 ちょっとしたカスタマイズ(かんたんにできます)と、あと記事にアイキャッチ画像を入れるだけで、十分と思えるほどの完成度のたかさになります。

実際にストークを使って作ったサイトを紹介します。
英語サイト『naviteに』

また、カスタマイズ機能もとてもかんたんになっている点。TOPページにスライダーをかんたんに導入できる点。 テーブルや吹き出しなどもコピペするだけで記事に入れられる点。など、とにかくかんたんに誰でもいろいろなことが出来るようになっています。

ただし、このテンプレートは有料になります。1つのサイトに導入するのに1万円になります。 テンプレートの使いまわしはできず、別のサイトに導入するときはまた購入しなくてはいけません。

WordPressテーマ「ストーク」

TCD

デザインに凝ったワードプレスのテンプレートを探している人におすすめなのがTDCのテンプレートになります。

TDCのテンプレートは50種類以上もあり、「アフィリエイト」「美容室」「法人サイト」「士業」むけなどいろいろなテーマに特化しいています。

ここ1年~2年でテンプレートの数が大幅に増えました。最近のバージョンになるにつれて機能もどんどんアップグレードしています。より本格的に運営したいのであればTDCのテンプレートはチェックしたほうがいいです。

こちらのテンプレートも有料になります。多くのテンプレートは大体1万円台となり、最近のバージョンだと1万台の後半、以前のバージョンだともうすこし安くなり1万円の前半で販売しています。

TCDはこちらから。

Simplicity

無料で利用できるワードプレステンプレートとして人気なのが「Simplicity」です。 私自身、以前このテンプレートをよく使っていました。無料とは思えないほどの機能になっていて、 かんたんに出来るカスタマイズ機能がとてもすぐれています。

また、公式サイトにはQ&A掲示板があり、そこでわからないことを調べることや質問することができます。 もし無料版のワードプレスサイトでおすすめを探しているのであれば、まずこちらをおすすめします。

Simplicityはこちらから。

STINGER8(ストリンガー8)

無料ワードプレスではこのストリンガーも人気になっています。バージョンも適時に新しいものが登場しています。 いつのまにかバージョン8まで進んでいて、現在は6480円で有料バージョンも登場しています。

有料バージョンでは、かんたんに出来るカスタマイズ機能、記事中にかんたんに装飾を入れられる機能があります。

以前、1回か2回ほど無料版のものをインストールして使っただけですが、今回あらためて調べてみたところ、とても使いやすくなっているように感じました。

ストリンガー8はこちらから。

クラウドテンプレート

クラウドテンプレートは無料版・有料版とわず1000種類以上のテンプレが使えるサイトです。 こちらもクオリティが高いものが揃っていて無料版でもかなりのものが利用できます。

通常のホームページに加え、ワードプレス用のテンプレートも用意されています。

クラウドテンプレートはこちらから。

ここまでのまとめ

自分がワードプレスサイトをいくつか作っていることもあり、有料版や無料版をふくめて過去いろいろ調べてきました。5つのサイトしか紹介していませんが、ここで紹介しているテンプレートは個人的にとてもおすすめなものだけになります。

今回、1年ぶりに調べてみましたがテンプレートの種類もふえ、機能もかくだんにグレードアップしているのを感じました。(2017年12月21日:更新)

2.日本国内のHTMLテンプレート

ここからはワードプレスではなく、手入力でホームページを作っている人にむけてのテンプレートになります。 まず、日本向けに作られているテンプレートサイトをまとめてみました。

ワードプレスの人気や、WIXなどのウェブサイトビルダーの登場によってホームページはかんたんに作れるようになってきました。そのためHTMLテンプレートを使って作る人は少なくなってきていると思いますが、いくつか紹介したいと思います。

テンプレートモンスター

日本語対応のテンプレートサイトです。とにかく数が多く海外のセンスが高いテンプレートを利用できます。 あまり知られていませんがHTMLテンプレートを探したいのであれば、ここがおすすめです。 テンプレートは1000以上あります。

基本的には有料ですが無料で利用できるものもあります。 サイトによってHTMLやCSSは複雑になっているものが多いので初心者の方はやめておいた方が無難です。

テンプレートモンスターはこちらから。

Cool Web Window

個人で運営されている方のHTMLテンプレートサイトになります。HTML5、レスポンシブルに対応しています。

Cool Web Windowはこちらから。

TempNate

XHTML・CSSテンプレート&ホームページ作成素材の無料配布。 Webディレクターが実践するSEO対策済みの、個人や公共機関、会社、ネットショップ向けの商用可なデザインです。

TempNateはこちらから。

3.海外のHTMLテンプレート

HTMLテンプレートは日本ではそこまで数がありません。 海外ではより多くのHTMLテンプレートが配布されています。 ぜんぶ英語での説明になるため日本語サイトのテンプレートより使いづらいと思いますが、チャレンジできる人は使ってみてください。

TEMPLATED

HTML5やレスポンシブに対応したテンプレートが800種類以上そろっています。 今回調べたなかでは1番テンプレートの数がおおく、かんたんに探すことができましたので、まずHTMLテンプレートを探しているのであれば こちらがおすすめになります。

ライセンスが必要になりますので、ダウンロードして使う場合にはリンク表記をけさないでください。

TEMPLATEDはこちらから。

HTML5 UP!

無料で使えるHTML5テンプレートが数おおくそろっています。ほとんどのテンプレートがレスポンシブ対応。HTML5とCSS3で作られていて とてもデザイン性にすぐれたテンプレートがたくさん見つかります。海外でも人気のテンプレートサイトです。

2人の運営者によってテンプレートが作られているようですが、人気のテンプレートになると40万ちかいダウンロード数になっていて、海外での人気がうかがいしれます。テンプレートはライセンスがあるため「HTML5UP」のリンクは削除しないように。もしライセンスをなくしたい場合は19ドル払うと取ることが可能になります。

HTML5 UP!はこちらから。

Start Bootstrap

最新のフラットデザインが揃っているサイトです。HTMLテンプレートでオシャレなホームページを作りたい人はこちらがおすすめです。 こちらのサイトで使い方を詳しく説明してくれています→ (無料テンプレートで爆速ウェブ制作!Start Bootstrapを使ってみよう!

Start Bootstrapはこちらから。

W3

レスポンシブ、HTML5対応のテンプレートが100個紹介されています。無料でダウンロードが可能ですが、一部は有料のテンプレートもあるようです。

W3はこちらから。

かんたんに作れる!ホームページ作成サービス「Webサイトビルダー」

実はワードプレスではないHTMLサイトを、今ではとても簡単に作れるようになっていることをご存知でしょうか? 例えばグーペやWIXのようなサービスがそうです。こういったサイトではクリックやボタン操作だけでおしゃれなホームページが 作れるようになっています。

実際にどんな風に作れるのかは以下の画像を参考にしてみてください。

最近はこういった簡単ホームページ作成サービスが増えてきていて、wixやグーペだけではなくレンタルサーバーでも利用できるように なってきています。

グーペ

グーペ

8万人以上が利用している店舗用に特化しているホームぺージ作成サービスです。こちらは月額1000円ほどとなるので 無料でも使えるWIXなどとは異なりますが、予約機能やカレンダー、地図ページなど無料サイトにはないサービスが充実しています。 作ったテンプレートはHTMLとCSSで編集もできるので、オリジナルのように作ることもできます。
かんたん作成「グーペ」

WIX

WIX

ホームページ無料サービスでおそらく人気が最もあるのがWIXです。目立たない広告は入りますが無料でも作成できるため、 とりあえずホームページを作ってみたい人にはお勧めのサービスになっています。
WIXの詳細

関連ページ
  1. webサイトビルダー&ホームページ作成ソフトを徹底比較!
    HTMLの知識必要なし。好きなテンプレートを選んで内容を入力すればサイトが作れるWebサイトビルダー。

まとめ

「ワードプレス」「HTMLテンプレート」「かんたん作成サービス」どのサービスがおすすめなのか?

今回紹介したようにホームページを作る方法はいくつかありますが、 どのサービスがどう特徴があるのかはなかなか、わかりづらいですよね。

利用者が多い「ワードプレス」

おそらく1番利用している人の数が多いのはワードプレスではないかと思います。 ワードプレスの場合は、大体月500円~1000円ぐらいで「レンタルサーバー」を契約すれば、かんたんに設置することが出来るようになっています。 その後、ワードプレスのテンプレートであるテーマを選んだり、かんたん設定でサイトのデザインを変えることが出来ます。 HTMLを知らなくてもそれなりのもの作れますが、いろいろと勉強が必要にはなります。初心者~中級者の人におすすめなのがワードプレスです。

とにかく簡単に作りたいなら「かんたん作成サービス」

とにかく簡単に作りたい。ということであれば断然おすすめなのが「WIX」などのホームページ簡単作成サービスです。 マウス操作でほとんど作れてしまいますので、ワードプレスよりも遥かに簡単にホームページを作ることができます。 素材サイトや自分で撮ったなどで画像を買ってきて、うまく当て込めれば驚くほどデザインの良いものが作れますが、 デザイン重視のサイトになるので、アクセス数を増やしたいといったサイト作りはわワードプレスの方が向いています。

もし「ワードプレスを作りたい」と思ったのであれば、かんたんインストール機能などを比較しているページがありますので、 ぜひ参考にしてみてください。

レンタルサーバー17社を比較しています