会社や法人のホームページの作成

法人や会社で使うドメインを取得して効果的にホームページを作成&運営するには。


当サイトで1番人気のレンタルサーバーです。※1

まずは法人のドメイン取得。どうすれば?

「会社のホームページを作ることになったけど、どんなドメインを取ればいいんだろうか・・・」

「仕事用のホームページ、どうやって作ればいいんだろうか・・・」

会社にとって初めてのホームページだったり、これから起業するために自社のサイトを作る時、 「どんなドメインを取ればいいのか」 「どうやってホームページを作るべきか?」と迷いますよね。

とにかくホームページを作るのであれば、まずはドメイン。そしてレンタルサーバーです。

そして「作るのが大変だけど依頼するとお金がかかる。簡単に作りたい」ということであれば メリット・デメリットがありますがホームページ作成サービスや作成ツールです。

ドメインの取得。どんなドメインを取ればいい?

企業や会社のホームページをめぐっていると、やはり「.com」「.jp」「.co.jp」などのドメインを利用しているサイトが多いような気がします。 しかし、実際どれにするのかは、それぞれのドメインの特徴や要領がわからないと判断もできないですよね。

そこで「.com」と「.jp」、そして法人専用のドメインである「.co.jp」についてそれぞれの違いを説明したいと思います。

それぞれの料金の比較

まずは料金ですがこれは年間の料金となります。「.com」で1000円前後、「.co.jp」で3500円~4000円前後が1つの目安です。

企業の予算として考えると非常に安くドメインは取得できます。そしてドメイン費用には違いがあまりないというのが現状です。

会社名 .com .jp .co.jp
お名前.com 1年目:680円
更新:1280円
1年目:2840円
更新:2840円
1年目:2460円
更新:5200円
ムームードメイン 1年目:680円
更新:1280円
1年目:2840円
更新:2840円
1年目:2480円
更新:3780円
スタードメイン(※さらに20%ポイント還元) 1年目:1180円
更新:1180円
1年目:2360円
更新:2360円
1年目:2480円
更新:3680円
バリュードメイン 1年目:680円
更新:1280円
1年目:2840円
更新:2840円
1年目:3780円
更新:3780円
エックスドメイン 1年目:1180円
更新:1180円
1年目:2820円
更新:2820円
1年目:2580円
更新:3760円
FC2ドメイン 1年目:910円
更新:910円
1年目:2780円
更新:2780円
1年目:3920円
更新:3920円
名づけてネット(※クレジットカード払い) 1年目:3600円
更新:36000円
1年目:7200円
更新:7200円
1年目:11200円
更新:11200円

「.com」や「.co.jp」はなにが違うのか?

次に気になるのが「.com」と「.co.jp」などは一体何が違うのだろうか?ということではないでしょうか。

結論として、実は大きな違いはありません。

「.co.jp」などは法人専用のドメインなので「※※.co.jp」だからしっかりとした会社が使ってるのかな、なんとなく安心だな。 と思ってもらえる可能性はあると思います。

しかし「.com」でも「.co.jp」でもドメインの違いによって検索エンジンの流入が大きく違ってくるというのはありません。 「company.com」と「company.co.jp」というように、見た目であたえる違いがどのくらいあるのかわかりませんが、 しいて言うと違いはそのぐらいです。

もし念を入れて作っておきたいということでであれば、 「.co.jp」にしておいたほうがいいかもしれません。

「.jp」は日本だけで使えるトップレベルドメイン。「.co.jp」は法人でしか取得できません。

「.jp」について

「.jp」のサイトも良く見かけると思うのですが、これは国別ドメインといって日本に与えられた日本固有のドメインになります。例えばイギリスなら「.uk」となります。 ドイツなら「.de」なんですね。

このドメインも「.com」と同様に誰でもかんたんに取得することが可能です。料金は「.com」より高く年間で2500円~3000円程度が目安だと思ってください。

「.co.jp」について

「.co.jp」ドメインは法人でなければ取得できません。そのため会社のカンパニーサイトに使われることがほとんどです。 (※例:楽天株式会社)。その分、希少価値があるというか格式のあるドメインだと思っています。

「.co.jp」の取得条件

日本国内で登記している法人のみ取得できることになります。

株式会社、有限会社、合同会社、合名会社、合資会社、相互会社などがそれにあたります。 日本で登記している外国会社でもOKです。

まだ登記していなくてこれから起業予定の方でも仮登録ができるので大丈夫です。 6ヶ月以内に登記をすませて本登録することで取得できます。 個人事業の場合は残念ながら「.co.jp」は取得できませんので他のドメインを選ばなくてはいけません。

「.co.jp」の申込みに必要な書類

登記していることを証明するために「登記簿謄抄本」が必要になります。 法務局まで行って書類を用意して下さい。600円で発行してくれます。

「.co.jp」の利用料金

大手ドメイン業者の価格ではお名前.comが3780円(2年目以降5200円)、スタードメインが3680円(2年目以降3680円)となっています。

大体、このぐらいの料金が相場だと考えてください。1年間の料金となります。 .comより約3000円~4000円高くなります。 (※各ドメイン業者の料金の比較

whois情報はそのまま公開されます。

「.co.jp」でドメインを取得した場合、whois情報として個人情報というか会社の情報がデーターベースに記載されてしまいます。 「.com」などであれば公開代理制度がありますのでドメイン業者の情報を代わりに載せることが可能です。 (※Whois情報とは?どんなもの?

このように「.co.jp」の場合は公開代理制度がありませんので、会社の住所、担当者の氏名、電話番号などの公開が前提となります。

法人なら「.co.jp」がおすすめ、店舗や自営業なら「.com」が安いです。

私のイメージとしては会社のカンパニーサイトを作るのであれば「.co.jp」がおすすめです。 パンフレットや人に紹介する時などに「.co.jp」であれば何となくイメージも良いかと思います。 また、仕事でメールするときも「info@company.co.jp」というようなアドレスを作ることが出来るのもメリットです。

私も過去に「.co.jp」ドメインを取得したことがありますが、最初に1回だけ法務局へ行って書類を用意すれば、それ以降は管理の手間はほとんどありません。 料金も年間3000円程度の違いですから法人として考えたとき、大きなコストではないと思います。

一方で法人ではなく自営業や個人事業の方がホームページを作る場合や、 店舗やサービスをメインにしたホームページを作るのであれば「.com」がおすすめです。 価格も安いですし、気軽に取得することが出来るからです。


レンタルサーバーの比較はドメインより重要です。

このページの1番最初に書きましたが、会社のホームページを作るにはドメインだけでなく必ずレンタルサーバーも必要になってきます。 レンタルサーバーはドメインよりも違いがあって、料金の違いもサービスの違いも大きいです。

ですから、レンタルサーバーを検討しているのであれば、しっかりと比較してみて下さい。

会社のホームページ運営を成功させるために。

初めてホームページを作るとなると、「どうやって作ったらいいんだろうか?」ということで、わからないことだらけだと思います。 ホームページは作るのも大変ですが、そこから運営してアクセスを集めて売上げを上げるのも大変です。

そこで、より簡単にホームページを作成&運営する方法や、どのようなアクセスアップや販売の方法があるのかということをまとめて紹介してみました。 参考にしてみて下さい。

※1:2015年10月~2016年2月までの当サイトにおけるレンタルサーバー集計から。

サイト名特徴
WebARENA SuiteX
WEBアリーナ
WebARENA SuiteXの詳細★★★★☆
WebARENAはNTTコミュニケーションズ運営でNTTグループとしての法令遵守と高い倫理観。 そして18年以上、10万件にもわたる運営のノウハウが蓄積されています! 容量は大容量の300GBにマルチドメイン対応。無料の電話サポートや24時間365日の有人監視体制でサポート&セキュリティも安心。 料金は月額1361円と1000円台での利用が可能となっています。 さらにレンタルサーバーではこちらやCPIなど数社だけが採用している『サービス稼働率100%』を保証してくれるサーバーになります。
ヘテムル
ヘテムル
ヘテムルの詳細★★★★★
知名度はそこまで知られていないもののエックスサーバーと同等もしくはそれ以上のサーバースペックを持つ隠れたおすすめサーバーがヘテムルです。 ストレージはオールSSD(HDDの30倍以上の速度)で、マルチドメイン無制限にワードプレスかんたんインストール機能、 電話サポートに独自SSLに自動バックアップ。とほぼ求める全ての機能を持ち合わせています。 これだけの機能でありながら料金は月額1100円から長期契約で800円まで値下がりします。 個人的に気に入っているのがヘテムルの管理画面で、最も管理画面が使いやすいレンタルサーバーだと言えます。
エックスサーバー
エックスサーバー
エックスサーバーの詳細★★★★★
クチコミで人気のエックスサーバー。クチコミだけでなく実際にシェアNo1となっているレンタルサーバーです。 人気の理由は機能の高さと料金の安さを兼ね備え、コストパーフォーマンスにすぐれている点です。 オールSSDにマルチドメイン無制限、自動バックアップだけでなく、 「HTTP/2」や「FastCGI」などの技術によりwebサイトの表示や動作を高速化してくれて稼働率も99.99%と安定度の高いレンタルサーバーです。 料金は基本1200円で長期割引により900円まで値下がりします
mixhost
cpi
mixhostの詳細★★★★☆
2016年設立ながらもエックスサーバーやヘテムルと同等のサービスと料金で一部人気を博しているのがmixhostです。 マルチドメイン無制限に無料独自SSLやワードプレス簡単インストールなどはもちろんのこと、 最も特徴的なのが突発的なアクセスの増加でも止まることなく柔軟に対応してくれる機能をもちあわせていることです。 データセンターも東京都内にあり非常にすぐれたサーバースペックとなっています。 料金は基本料金が1380円。長期割引で880円まで値下がりします。
CPIレンタルサーバー
cpi
CPIレンタルサーバーの詳細★★★★
KDDIグループが運営し、コーポレートサイトやキャンペーンサイトなど法人利用が90%を超える ビジネス向けのレンタルサーバーがCPIです。 マルチドメインやデーターベース無制限もさることながら、 「SmartRelease」ツールによりテスト環境の構築や高頻度の自動バックアップシステムなど より安全に運営するための環境が整っています。 料金は基本料金が4400円で長期割引によって最大3800円まで値下がりします。 また、サーバー移転の代行サービスなども行っています。
WADAX
WADAX
WADAX★★★★
大手インターネット会社のGMOが運営するサポートとセキュリティに定評のあるレンタルサーバーです。 年中無休の電話サポート、セコムのセキュリティ診断サービス、サーバー移転代行サービスなどがあります。 マルチドメインは最も安いプランでは未対応となります。 料金は基本1299円となり長期割引で1188円まで値下がりします。
GMOクラウド
GMOクラウド
GMOクラウドの詳細★★★☆
ミニ・レギュラー・プロと3種類のサービスがありミニでは1年の長期割引で最低価格がなんと943円にと価格を抑えたサーバーになっています平日10:00~18:00の電話サポートもついていて十分なサポート体制となっています。 管理画面はかなり癖がありマルチドメインの追加などは電話サポートとの連携が必要だと思います。 複数人数で管理するための設定などもできて運営者が複数いた場合でも権限委譲などができます。
ロリポップ
ロリポップ
ロリポップの詳細★★★★
最も安いプランでは100円から利用できる格安レンタルサーバーの代名詞的な存在がロリポップ。 100円のプランではマルチドメインやワードプレスは利用できないため600円のスタンダードプランがおすすめです。 スタンダードプランではマルチドメイン100個、データーベース30個となり実質30個のワードプレスサイトを作成することができます。 スタンダードプランの料金は基本料金600円で長期割引により500円まで値下がりします。
スターサーバー
starserver
スターサーバー★★★★
格安レンタルサーバーでロリポップと肩を並べるのがスターサーバーです。 最も安いプランは月額126円となりマルチドメインが20個使えますがデーターベースがこのコースでは利用できないため、 おすすめはマルチドメイン無制限、データーベース20個となるスタンダードプランになります。 スタンダードプランの料金は基本料金600円。長期割引で500円まで値下がりします。 2週間のあいだ無料お試しをすることが可能です。
グーペ
goope
かんたんホームページ作成グーペ★★★★
「かんたんにホームページを作りたい」とホームページ作成の難しい知識がなくともクリック感覚でお店や個人のサイトを作れるのがグーペです。 レンタルサーバーの機能も備えていて豊富なデザインテンプレートだけでなんく予約機能やフォトアルバム、地図までかんたんに作れてしまいます。 最も安いコースは月額1000円の通常コースになりますが、DXコースも月額1500円が長期割引で1000円まで値下がりするためDXコースがおすすめです。