レンタルサーバーとは

【5分でわかる】レンタルサーバーとは?

ホームページやワードプレスを作るには「レンタルサーバー」と「独自ドメイン」が必要になります。

(1)レンタルサーバーを一言で説明すると「データを置いておくパソコン」のこと。

多くの人が「エックスサーバー」や「ヘテムル」など各社のレンタルサーバーを借りていますが、何故わざわざお金を払ってこのような レンタルサーバーを借りているのかと言うと、それはワードプレスやホームページを作るためです。 2019年の今で言えば8割方の人がワードプレスを作ると思いますので、 ワードプレスを作るためにレンタルサーバーを借りる必要がある。と言ってしまっても良いでしょう。

では何故、ワードプレスを作るためにレンタルサーバーを借りる必要があるのか?ということになりますが、 みなさんが作ろうとしているワードプレスのデータを保存しておくためです。

レンタルサーバーの見た目は「高性能な平たいパソコン」

このレンタルサーバーですが、見た目は平たいパソコンと言って差し支えないと思います。各レンタルサーバー会社のデータセンターなどでは この平たいパソコンを10台、20台とラックに並べて、日々みなさんのデータを管理しています。

レンタルサーバーは常に電源が入っている

そして、このレンタルサーバーは毎日46時中電源が入っています。なぜなら皆さんのホームページを見に来る訪問者の人は、このサーバーに入っている データを見に来てるからです。

もし、レンタルサーバーの電源が落ちていると? 皆さんが自分のスマホやパソコンで自分のワードプレスサイトを見ても、エラーが出て画面は表示されません。 誰かがいつ見に来てもいいように、データが置いてあるレンタルサーバーは46時中電源が入ってないといけないわけです。

なぜレンタルサーバーを利用する必要があるのか?

実は自宅のパソコンでも、設定をすることでレンタルサーバーにすることができます。 いろいろ難しい設定をしてつねに電源を入れたままにしてホームページのデータを開放するようにすれば、自宅PCもサーバーとして機能します。

このやり方でもワードプレスやホームページは表示されます。

「じゃあ、わざわざお金を払ってレンタルしないで自宅でサーバーを設定すればいいのでは?」

もちろん自宅のパソコンをサーバー化してもいいのですが、問題がいくつかあります。

  1. 設定するのが簡単ではない!
    パソコンにサーバーの設定をするには専門的な知識が必要になります。

  2. 普通の人にサーバーの運用管理はできない
    仮に頑張って自宅PCをサーバー化させたとしても急なアクセス増加でサーバーがダウンしてしまったりすれば、自分で対処しなくてはいけません。 1つ1つの問題を解決するためにはそれなりの時間と知識が必要になります。

と・・・このようなデメリットもあり、専門家でもない限り自分でサーバーを持つのはまず無理です。 だから普通はレンタルサーバーを借りることになるわけです。

レンタルサーバー会社のサーバーを利用すれば、設定や保守などめんどくさいことから開放されますし、 「ワードプレスかんたんインストール」のような機能もつかえて、10分でワードプレスを作ることも可能になっています。

月々に500円~1000円ちょっとはお金がかかりますが「自分でワードプレスを持ちたい、作りたい」と考えている人はレンタルサーバーを 借りたほうがお得になるということです。

ここまでがレンタルサーバーの基本的な説明になります。

(2)レンタルサーバーの選び方について

レンタルサーバーがどういうものなのか理解できたところで、次に考えることは「どこのどのレンタルサーバーを借りればいいのか?」 という点になります。

レンタルサーバーはとても会社の数が多くて、当サイトで紹介しているレンタルサーバーだけでも15社もあります。 結論から言うとエックスサーバーというレンタルサーバーの会社が人気No1でシェアも1位となっていますので、ここで申込みをするのがおすすめで無難です。 私も長くエックスサーバーを使っています。料金は月額1000円ほどとなっています。

エックスサーバーの詳しい説明はこちら

また、実際にレンタルサーバーを比較するとなると「料金」だったり「サーバースペック」だったり「サービス内容」だったり、 かなり多くの要素を比較することになるのですが、わかりやすいように1ページに比較する内容をまとめているページがあるので、そちらのページを紹介したいと思います。

レンタルサーバーにおける大体の料金の目安や、各サーバー機能の比較、さらにサービス内容の比較までかんたんに説明しています。

さらに詳しいレンタルサーバーの比較項目10つ

レンタルサーバーの比較がはじめての方は、上記のまとめページを見てもらうのが1番いいと思いますが、さらに詳しく調べたい場合は 下の一覧表の項目をそれぞれ読んでもらえると、項目ごとの「説明」と「各社の比較」がわかるようになっています。

レンタルサーバーの項目【各社の比較一覧表】
1.ストレージ 2.WP簡単インストール 3.コールセンター対応 4.データベース数 5.容量
6.CPU&メモリ 7.webサーバー 8.自動バックアップ 9.無料SSL 10.転送量

(3)レンタルサーバーを借りると何が出来るのか?

最後にレンタルサーバーを借りると出来ることを2つ紹介してみたいと思います。

1.ホームページやワードプレスが公開できるようになる。

ここまで説明してきたように、レンタルサーバーを借りることでホームページやレンタルサーバーが公開できるようになります。

ワードプレスのデータなどは自分で作る必要がありますが、今では「ワードプレスかんたんインストール」といって設置や作成がかんたんになっていますので、 無料ブログのようなものを1日で作ることも可能になっています。

2.自分のメールアドレスが作れるようになる

もう1つは自分専用のメールアドレスが作れるようになるメリットがあります。最近ではフリーアドレスのGメールなどが人気ですが、 それに加えて自分専用のメールアドレスが欲しい場合はレンタルサーバーで専用メールアドレスを作るといいと思います。

このように「ホームページ」と「メールアドレス」が持てるようになるのが、レンタルサーバーで出来ることになります。

ただし、「ホームページ」も「メールアドレス」もレンタルサーバーだけでは作成できません。もう1つ「独自ドメイン」を取得する必要があります。

4.独自ドメインいついても勉強しよう

この独自ドメインですが、一言で説明すると自分専用の「URL」を取得する。ということになります。

例えばこの「ドメイン取得への道」であれば「domain-server-study.com」というドメインを「お名前.com」というドメイン会社で取得しています。 だからレンタルサーバーにデータを置いて、ドメインと紐づけることでホームページが公開できているわけです。

このドメインについては以下のページで詳しく説明しています。


サイト名特徴
WebARENA SuiteX
WEBアリーナ
WebARENA SuiteXの詳細★★★★☆
WebARENAはNTTコミュニケーションズ運営でNTTグループとしての法令遵守と高い倫理観。 そして18年以上、10万件にもわたる運営のノウハウが蓄積されています! 容量は大容量の300GBにマルチドメイン対応。無料の電話サポートや24時間365日の有人監視体制でサポート&セキュリティも安心。 料金は月額1361円と1000円台での利用が可能となっています。 さらにレンタルサーバーではこちらやCPIなど数社だけが採用している『サービス稼働率100%』を保証してくれるサーバーになります。
ヘテムル
ヘテムル
ヘテムルの詳細★★★★★
知名度はそこまで知られていないもののエックスサーバーと同等もしくはそれ以上のサーバースペックを持つ隠れたおすすめサーバーがヘテムルです。 ストレージはオールSSD(HDDの30倍以上の速度)で、マルチドメイン無制限にワードプレスかんたんインストール機能、 電話サポートに独自SSLに自動バックアップ。とほぼ求める全ての機能を持ち合わせています。 これだけの機能でありながら料金は月額1100円から長期契約で800円まで値下がりします。 個人的に気に入っているのがヘテムルの管理画面で、最も管理画面が使いやすいレンタルサーバーだと言えます。
エックスサーバー
エックスサーバー
エックスサーバーの詳細★★★★★
クチコミで人気のエックスサーバー。クチコミだけでなく実際にシェアNo1となっているレンタルサーバーです。 人気の理由は機能の高さと料金の安さを兼ね備え、コストパーフォーマンスにすぐれている点です。 オールSSDにマルチドメイン無制限、自動バックアップだけでなく、 「HTTP/2」や「FastCGI」などの技術によりwebサイトの表示や動作を高速化してくれて稼働率も99.99%と安定度の高いレンタルサーバーです。 料金は基本1200円で長期割引により900円まで値下がりします
mixhost
cpi
mixhostの詳細★★★★☆
2016年設立ながらもエックスサーバーやヘテムルと同等のサービスと料金で一部人気を博しているのがmixhostです。 マルチドメイン無制限に無料独自SSLやワードプレス簡単インストールなどはもちろんのこと、 最も特徴的なのが突発的なアクセスの増加でも止まることなく柔軟に対応してくれる機能をもちあわせていることです。 データセンターも東京都内にあり非常にすぐれたサーバースペックとなっています。 料金は基本料金が1380円。長期割引で880円まで値下がりします。
CPIレンタルサーバー
cpi
CPIレンタルサーバーの詳細★★★★
KDDIグループが運営し、コーポレートサイトやキャンペーンサイトなど法人利用が90%を超える ビジネス向けのレンタルサーバーがCPIです。 マルチドメインやデーターベース無制限もさることながら、 「SmartRelease」ツールによりテスト環境の構築や高頻度の自動バックアップシステムなど より安全に運営するための環境が整っています。 料金は基本料金が4400円で長期割引によって最大3800円まで値下がりします。 また、サーバー移転の代行サービスなども行っています。
WADAX
WADAX
WADAX★★★★
大手インターネット会社のGMOが運営するサポートとセキュリティに定評のあるレンタルサーバーです。 年中無休の電話サポート、セコムのセキュリティ診断サービス、サーバー移転代行サービスなどがあります。 マルチドメインは最も安いプランでは未対応となります。 料金は基本1299円となり長期割引で1188円まで値下がりします。
GMOクラウド
GMOクラウド
GMOクラウドの詳細★★★☆
ミニ・レギュラー・プロと3種類のサービスがありミニでは1年の長期割引で最低価格がなんと943円にと価格を抑えたサーバーになっています平日10:00~18:00の電話サポートもついていて十分なサポート体制となっています。 管理画面はかなり癖がありマルチドメインの追加などは電話サポートとの連携が必要だと思います。 複数人数で管理するための設定などもできて運営者が複数いた場合でも権限委譲などができます。
ロリポップ
ロリポップ
ロリポップの詳細★★★★
最も安いプランでは100円から利用できる格安レンタルサーバーの代名詞的な存在がロリポップ。 100円のプランではマルチドメインやワードプレスは利用できないため600円のスタンダードプランがおすすめです。 スタンダードプランではマルチドメイン100個、データーベース30個となり実質30個のワードプレスサイトを作成することができます。 スタンダードプランの料金は基本料金600円で長期割引により500円まで値下がりします。
スターサーバー
starserver
スターサーバー★★★★
格安レンタルサーバーでロリポップと肩を並べるのがスターサーバーです。 最も安いプランは月額126円となりマルチドメインが20個使えますがデーターベースがこのコースでは利用できないため、 おすすめはマルチドメイン無制限、データーベース20個となるスタンダードプランになります。 スタンダードプランの料金は基本料金600円。長期割引で500円まで値下がりします。 2週間のあいだ無料お試しをすることが可能です。
グーペ
goope
かんたんホームページ作成グーペ★★★★
「かんたんにホームページを作りたい」とホームページ作成の難しい知識がなくともクリック感覚でお店や個人のサイトを作れるのがグーペです。 レンタルサーバーの機能も備えていて豊富なデザインテンプレートだけでなんく予約機能やフォトアルバム、地図までかんたんに作れてしまいます。 最も安いコースは月額1000円の通常コースになりますが、DXコースも月額1500円が長期割引で1000円まで値下がりするためDXコースがおすすめです。

ドメインとは

レンタルサーバーとは

目次

特集

カテゴリー


【サイト内検索】