レンタルサーバーの種類

レンタルサーバーの種類を解説

ホームぺージを作る時に借りるレンタルサーバーは、サービスの内容によって次のような種類に分けることが出来ます。

それぞれの特徴について説明してみたいと思います。

また、簡単に表にしてみました。数値はおおよそのイメージになります。

種類 収容人数 月額料金 管理保守
共用サーバー 30人~100人 1,200円~1,500円
VP 30人~50人 800円~1,200円 自分でする
専用サーバー 1人 1万~5万 自分でする
マネージドサーバー 1人 2万~9万
Wordpress
専用サーバー
30人~100人 1,200円~1,500円

1.共用サーバー

■1台のレンタルサーバーを複数の利用者でシェアするタイプ

共用サーバーは1台のレンタルサーバーを50人や100人でシェアするタイプのレンタルサーバーになります。この共用サーバーが、レンタルサーバーで最も普及しているサービスになります。 1台のサーバーで何人の収容人数になっているのかは、サーバー会社やプランによって変わってきます。

共用サーバーで人気の価格帯は月額1,200円~1,500円ほどになっています。自分のホームぺージやワードプレスを作る場合は共有サーバーで充分でしょう。また法人向けであればビジネス向けプランを用意している会社もあります。エックスサーバーでは月額4,000円~で各種設定も無料で代行してくれます。

■共用サーバーでも1日1万アクセスは大丈夫

同じサーバー内の利用者の中にアクセスが集中しているサイトがある場合、リソースが持っていかれやすい特徴があります。 会社によっては1日のアクセス許容数を公表してくれているところがあります(エックスサーバー、カラフルボックスなど)。このような会社では1日で1,0000~15,000アクセスぐらい迄は問題ないとしています。

2.VP

■1台のレンタルサーバーを複数でシェアするも自由度が高いサービス

VPSは共用サーバーと同じように1台のレンタルサーバーを複数人で共用するタイプのものになります。 共用サーバーと違う部分は自分で設定が必要になる点です。 そのかわり、共用サーバーよりも自由度が高くいろいろと設定で変更ができますし、アクセス数も共有サーバーよりも多くのアクセス数を扱うことが可能になっています。

共有サーバーと専用サーバーの間にあるようなサービスがVPSとも言えます。 共有サーバーを追い出されて次の選択肢を考えた時に、専用サーバーに行くには少し敷居や料金が高いので、VPSを選択する。そんな人が多いように思います。

3.専用サーバー

■専用サーバーは1台をまるまる1人で利用可能

専用サーバーは共用サーバーとは違い、1台のサーバーをそのまま丸ごと使うことができます。 そのため1日に5万PV~10万PVあるような人気サイトでもスムーズな運営が可能になっています。

■ただし「サーバー管理者」が必要に

専用サーバーは「アパッチ」などWebサーバーソフトのインストールから各種設定まで、借りた側で1から行う必要があります。そのため専任のサーバー管理者が必要になります。

共用サーバーの場合は全てレンタルサーバー側で管理・保守されています。

■料金は月額1万円~数万円まで様々

専用サーバーの月額料金は、メインの価格帯が1万円~になると思います。 高いものでは数万円かかるプランもあります。

4.マネージドサーバー

■サーバー管理者がいなくても1台のサーバーを丸ごと借りられる

「専用サーバーを借りたいが設定が出来る担当者がいない」という場合でも、専用サーバーと同様に1台まるごと借りられるのがマネージドサーバーになります。

マネージドサーバーでは共用サーバーのようにサーバー会社が設定や保守を行ってくれます。

■料金は専用サーバーより高くなっている

レンタルサーバーを1つ丸ごと借りられて、さらに管理保守もレンタルサーバーで行ってくれるため、月額料金は専用サーバーよりも高くなっています。

初期費用として5万円~。月額料金として2万円~9万円ぐらいの料金体系になっています。

5.ワードプレス専用サーバー

■共用サーバーでありながらワードプレス向けのサービス

一部のレンタルサーバーではワードプレス専用のレンタルサーバーも展開されています。実質、共用サーバーの位置づけでいいと思います。

ワードプレス専用サーバーの場合、何が違うのかと言うと、よりワードプレスが速く表示されるように各種ソフトが導入されていたりします。また、ワードプレス簡単インストールが出来るのも特徴になります。

実際には通常の共有サーバーでも簡単インストールのサービスはありますし、それなりにワードプレス用にサービスが展開されているので、あまり違いがないというのが感想になります。

まとめ

■最も人気なのは共用サーバーのサービス

このようにレンタルサーバーには様々な種類がありますが、最も人気があるのは「共用サーバー」になっています。 価格も1,200円~1,500円がメインの価格帯になっていて、1人でも導入しやすい料金体系になっています。

ワードプレスを作りたい、独自ドメインによるメールアドレスを作りたいというなら、共用サーバーで問題ないと思います。

最も人気があるエックスサーバーでは、2019年から法人向けのビジネスプラン(月額4,000円~)も登場しています。こちらはワードプレス移行や各種設定を無料で行ってくれるサービスも付帯しています。

■専用サーバーは管理者がいる場合

アクセス数が常時1日1万を超えてくる場合や、急なアクセス増加で1日3万~5万になる場合があるのであれば、共用サーバーから専用サーバーを考える時期になります。

ただし、この場合、共用サーバーと違って設定や保守を自分でしなくてはいけないため、一部の知識がある人やサーバー管理者を置いている会社に限られたサービスになります。

■アクセス増加で管理を任せたいならマネージドサーバー

1日のアクセスが数万あって、管理も任せたいという場合はマネージドサーバーになると思います。この辺りになると共用サーバーの月額料金が高いプランでも制限にかかってしまうと思います。

ドメインとは

レンタルサーバーとは

目次

特集

カテゴリー


【サイト内検索】