ドメイン取得への道

ドメイン取得への道

レンタルサーバーの種類と違い。共用サーバー・専用サーバー・マネージドなど

レンタルサーバーはサービスの内容によって「共用サーバー」「専用サーバー」「マネージドサーバー」など幾つかの種類に分けることが出来ます。

どのようなサービスがあるのか。それぞれの特徴・違いについて解説していきます。

サービスの種類&まとめ表

サービスごとの特徴を説明します。さらに料金と1台を何人あたりで借りるのかなど、人数について合わせて表にまとめてみました。

種類 借りる人数 月額料金 管理
共用サーバー 30人~50人 1,500円 簡単
VP 30人~50人 1,200円 自分で管理
専用サーバー 1人(1社) 1万~5万 自分で管理
マネージドサーバー 1人(1社) 2万~10万 簡単
Wordpress
専用サーバー
30人~50人 1,500円 簡単

1.共用サーバー

1台のレンタルサーバーを複数の利用者でシェアするタイプ

共用サーバーは1台のレンタルサーバーを30人~50人でシェアするタイプのレンタルサーバーになります(人数はイメージ)。 ホームぺージやワードプレスを作る場合は、基本的に多くの人がこの共用サーバーを借ります。

レンタルサーバーで最も普及しているサービスと言えるでしょう。

この共用レンタルサーバーのサービスには法人向けの「ビジネスプラン」も入ってきます。

料金は月1,500円以下が標準的な価格。ビジネスプランなら4,000円

共用サーバーで人気の価格帯は月額1,200円~1,500円ほどになります。 どのプランも6ヵ月や12ヵ月の長期契約することで、月額料金が割引されます。

エックスサーバーやCPIなどの共用サービスのビジネスプランでは、料金が月5,000円程からになります。 長期割引で4,000円ほどに下がります。

難しい保守管理は事業者側がしてくれる

共用レンタルサーバーの保守管理は、事業者側に任せることが出来ます。 そのため、管理や設定は他の種類のレンタルサーバーと比べると、大変簡単になっています。

ワードプレスを作るためのインストール設定や、メールアドレスの作成など。 何かを作る際に自分側で行う設定は出てきますが、サーバー自体の管理については一切行いません。

共用サーバーでも1日1万アクセスは大丈夫

標準的(月1,500円ぐらい)の共用サーバーでも、1日1万アクセスぐらい迄は問題ないプランも多くなってきています。 エックスサーバーなど、会社によって1日辺りのアクセス許容数を公表している会社もあります。

2.WordPress専用サーバー

Wordpressに特化した共用サーバー

次に紹介したいのが、Wordpress専用サーバーになります。ほぼ共用サーバーと内容が一緒になりますが、 よりWordpressに特化したサービスになっているのが特徴と言えます。

また、多くのWordpress専用サーバーでは、VPのように1人あたりにCPUとメモリを割当してサービスを展開しています。

Wordpress専用サーバーは、いくつかの会社が運営しています。 何故かわかりませんが、どちらかと言うと共用サーバーの一般プランの方が人気があります。

2.VRP

1人1人にCPUとメモリが固定割当される

VRPは共用サーバーと同じように1台のレンタルサーバーを複数人で共用するタイプのものになります。

共用サーバーと違い、CPUやメモリを1人1人に分量を決めて割当てる形でサービスを提供しています。

大きな会場を1人ごとにパーテーションで区切っているのがVP。

大きな会場をみんなでシェアしているのが共用サーバーと言えるでしょう。

共用サーバーより自由度が高いサービスだが、保守管理は自分で行う

そして、VRPの場合はWebサーバーソフトの環境構築など、専門的な管理を自分でする必要があります。

共用サーバーよりも自由度が高くいろいろと設定ができる反面、知識がないと管理が出来ないでしょう。

マルチプレイ用に人気

VRPのサービスは、オンライン対戦などの用途で人気になっています。

3.専用サーバー

レンタルサーバー1台を利用できる

専用サーバーは共用サーバーとは違い、1台のサーバーをそのまま丸ごと使うことができます。 そのため1日のアクセス数が数万あるようなホームぺージでもスムーズな運営が可能になっています。

VRP同様に保守管理は自社で行うため「サーバー管理者」が必要になる

専用サーバーでは、ApacheなどWebサーバーソフトのインストールから、ファイヤーウォールや回線のチューニングなど、 相当に専門的な管理を借りた側で1から行う必要があります。そのため専任のサーバー管理者が必要になります。

料金は月1万円~5万円まで様々

専用サーバーの月額料金は、サービス内容によって大きく変わります。

標準の価格帯は1万円~5万円ほどになると思いますが、プラン内容によっては10万円近くする料金になるプランもあります。

4.マネージドサーバー

専用サーバーだけど保守管理が任せられる

「専用サーバーを借りたいが設定が出来る担当者がいない」という場合でも、 専用サーバーと同様のサービスで1台まるごと借りられるのが「マネージドサーバー」になります。

さらにマネージドサーバーでは共用サーバーのように、レンタルサーバー事業者が設定や保守を行ってくれます。

月額料金は専用サーバーより高い

レンタルサーバーを1つ丸ごと借りられて、さらに管理保守もレンタルサーバーで行ってくれるため、 月額料金は専用サーバーよりも高くなります。

月額料金として2万円からがマネージドサーバーの料金体系になっています。 大体、専用サーバーの1.5倍~2倍コストがかかるのがマネージドサーバーの料金になります。

5.(その他)メールサーバー

メールの管理だけ行いたい法人向けサービス

メールサーバーは「メール管理」に特化したサービスになります。

共用サーバーにおけるサービスの1種類になり、1つのサーバーを複数の会社で共有します。 ホームぺージデータは置かずメールデータのみを扱うため、急なアクセス数の増加によって負荷がかかることもありません。 よって通常の共有サーバーよりも、安定した稼働管理が行えます。

会社のメール作成や管理を行いたい、法人向けのサービスと言えます。

まとめ

最も人気なのは共用サーバーのサービス

このようにレンタルサーバーには様々なサービスがありますが、最も一般的なのは「共用サーバー」になります。

1日1万アクセスを超えてくると、このページで紹介している月1,500円ほどのプランでは対応できなくなってきます。 その場合は、共有サーバーでより料金の高いプランへ移動する形になるでしょう。

専用サーバー、マネージドサーバーを借りる場合は、アクセス数が多いホームぺージを持つ企業になるでしょう。