サーバーの種類

サーバーの種類ごとの違いや特徴。

私たちが普段使っているレンタルサーバーのプランはその多くが「共用サーバー」と言われるタイプになっていますが、 それ以外にも「専用サーバー」「VPS」「マナージメントサーバー」など幾つかのタイプが存在してます。 ここではタイプごとにその特徴を説明して、どのような時にどのタイプのサーバーを使うのがベストなのか説明してみたいと思います。

共用サーバー

1台のレンタルサーバーを複数の利用者でシェア

共用サーバーは1台のレンタルサーバーを50人や100人といったように多くの利用者でシェアするタイプのレンタルサーバーになります。 1台のサーバーで何人の収容人数になっているのかは、サーバー会社やプランによって変わってきます。

そのため同じサーバー内の利用者の中にアクセスが集中しているサイトがある場合、リソースが持っていかれやすい特徴があります。

PVが多い場合はサーバー移転に。

そのため各社サーバー会社では、人気のあるサイト管理人にはより機能の高いサーバーへの移転をお願いしています。 私のイメージですが格安サーバーで1日3000PV以上、ミドルスペックのサーバーで1日1万PV以上あると、共用サーバーからの移転を 促されるイメージがあります。

専用サーバーとマナージドサーバー

1台をまるまる1人で利用可能

専用サーバーは共用サーバーとは違い、1台のサーバーをそのまま丸ごと使うことができます。 そのため1日に5万PV~10万PVあるような人気サイトでもスムーズな運営が可能になっています。

専用サーバーでは「サーバー管理者」が必要に

専用サーバーは、基本的にはwebサーバーソフトの導入などソフトウェアのインストールなど設定を1から自分で行う必要があります。 そのため専任のサーバー管理者が必要になります。

サーバー管理者不要のプランも増えてきている

専用サーバーの中でも設定などの管理が不必要で、共用サーバーと同じように利用できるサーバーをマナージドサーバーと呼んでいました。 最近ではこのあたりの区別はなくなってきて、専用サーバーでも「サーバー管理者不要」のものが増えてきています。

料金は1万円以下から数万円までさまざま

専用サーバーの料金は安いもので言えば5000円程度から利用できるところもありますが、メインの価格帯は大体1万円ほどになると思います。 高いものでは数万円かかるプランもありますし、サーバー機能を増やすオプションの取り扱いも多いです。