ドメイン取得への道

ドメイン取得への道

法人向け「CPIマネージド」の特徴や料金を徹底レビュー(2021/11/2)

【特徴】アクセス増大時でも「複数台」で落とさない、安定稼働向けマネージド
料金 初期料金:101,200円
月額料金:38,500円
CPU&メモリ Xeon8コア、メモリ16GB
稼働率 SLA100%保証

CPIマネージド専用サーバーの特徴は「安定感」と「拡張性」。 アクセスが予想を超えて増大した際でも対応できるように、複数台での管理もお任せが出来ます。

稼働率はSLA100%保証で設定され、稼働率を意識した管理体制になっている点も安心できる要素だと言えるでしょう。

メールやWebデータの管理を把握しておきたい担当者のために、 ドメインごとの「メール」「ウェブ」「データベース」データ容量をお知らせしてくれる「ディスク使用量通知」と呼ばれる サービスも提供されています。

その他にも「メール誤送信防止」のアクティブメールとの連携など、 会社のメールサーバーとして稼働させたいサービスがあるのも特徴になっています。

もっとも低価格なプランの月額料金が38,500円からとなり、競合他社と比べるとコストはかかりますが、 その分、安定した稼働をさせたい法人に向いているサービスになっています。

cpiマネージド公式

CPIマネージドのここが特徴

アクセス増大時でも対応できる冗長化にメリットあり

CPIマネージドでは「1時間で2万アクセスを集めるチケット販売サイト」や「瞬間アクセスが3,000もある素材サイト」でも 安定して管理されているなど、様々な実績があります。

マネージドサーバーの

詳細
CPU&メモリ 8コア&16GB、16コア&16GB、24コア&32GB
ストレージ ソリッドストレージ(3プラン)
データ容量 480GB、480GB~2870GB、480GB~2870GB
WEBサーバーソフト Apache
RAID構成 RAID1
回線帯域 1Gbps共有(ベストエフォート)

メール

大容量なのでメールアカウントの容量制限は自由。多人数でのメール管理も安定

CPIマネージドで提供しているプランは合わせて3つ。「CHM-21Z」が月額38,500円、「CHM-22Z」が月額49,500円「CHM-23Z」が月額68,200円になります。

メールアカウント数は無制限であり、1アカウントごとの容量制限もありません。「CHM-22Z」と「「CHM-23Z」については容量を最大で2.87TBまで増やせるので、 1メールアカウントあたり20GBのメール容量を持たせても100個以上のアカウントが作成できます。

アクティブメールとの連携でご送信も防げる

メールの誤送信防止ができる「Active! gate」を提供しているため、メール管理で起こりうる様々なミスを 防ぐことができます。

詳細
メールアカウント 無制限
メールボックス容量 無制限

cpiマネージドの料金

CHM-21Z CHM-22Z CHM-23Z
初期料金 101,200円 132,000円 155,000円
月額料金 38,500円 49,500円 68,200円

CPIマネージドの21Zプランは初期料金が101,200円、月額費用が1ヶ月払いの場合38,500円となっています。 年間の一括払いにすることで月額料金が29,700円にまで割引されます。

他社のマネージドプランと比べると、CPUやメモリが良い分、料金がかかります。

初年度にかかるコスト比較

1年の一括払いにした場合、月額料金が29,700円となり月払いの時よりも8,800円割引されます。

そのため1年間一括払いにした場合、年間コストとして約10万コストが抑えられます。

支払い 初年度コスト 内訳
1ヶ月払い 合計563,200円 初期費用101,200円 + 38,500円×12ヶ月
1年払い 合計457,600円 初期費用101,200円 + 29,700円×12ヶ月

メリットとデメリット

【メリット】複数台の管理で助長性のある管理ができる

CPIマネージドでは用途によって複数台で契約することもできます。そのため特定の期間だけアクセスが増大するようなケースでも 一時的に体制を良くすることができます。

【デメリット】コスト面での負担

CPIマネージドはマネージドプランでも料金が高いプランだと言えます。 コスト面では負担になるため、安定性を求めるのか、コストを求めるのか、担当者の悩むところではないでしょうか。

cpiマネージドが向いている会社、向いていない会社

向いている会社
  1. とにかく安定的にWebサイトを運営したい
  2. コストを抑えるよりダウンタイム対策を重視したい
  3. 専用サーバー1台では不安な場合
cpiマネージドが向いていない会社
  1. コスト面も重視したい
  2. 高速化対応しているレンタルサーバーを探している会社

cpiマネージド公式

競合サービス

Xserverビジネス マネージドプラン

レンタルサーバー

特集

人気プラン比較