ワードプレスの引越し

ワードプレスの引越し手順まとめ!「お名前レンタルサーバー」から「エックスサーバー」に移行した体験談をお伝えします。

これまであまりワードプレスを使ったホームページは触ったことがなかったのですが2015年頃から「1回使ってみないと・・・」ということで、 ワードプレスで構築されたホームページ作成に取り掛かったいました。 当初、特に主だった理由もなく、「まだ1回も契約したことがないから」という理由でお名前レンタルサーバーを利用サーバーとして選択。 1年近く、そのまま運用していました。

引越しダンドリ.com

その1年後、急激にサイトが重くなってしまい、あれこれ試してみたのですが解決できなかったため「サーバーでは?」ということで エックスサーバーへの引越しを決意しました。今回はその時の体験談をもとにしたコラムになっています。

今回、引越しにかかった時間

今回、ワードプレスの引越しを決めてから実際に作業に入って、移転が完了するまで大体2日ほどかかりました。 まず初めてのワードプレス移転ということで全く要領がわからず、いろいろと調べていたのでとにかくその時間がひじょうにかかった気がします。

的を外して調べてしまい、1時間ぐらいかけて調べたことが、全く意味がなかった・・・ということも。 当然、初めてなのでどの知識があっているのか、あっていないのかはわかりませんので仕方がないのですが、 おそらく、また移転することになれば、その際はかなり時間を短縮できるのではないかと思います。

というのも、最初とても難しいのではないかと思っていたワードプレスの移行ですが、 ワードプレスの基本機能である「エクスポート」「インポート」機能をつかえば大半の部分をとても簡単に作業できることがわかり、 当初考えていたよりもそこまで難しくなかったからです。プラグインも一切使いませんでした。

最初は「phpMyAdmin」「MYSQL」などのデータベースソフトのエクスポートをしろだの、どのプラグインが良いのか種類が多すぎたりと かなり敷居が高い気がしていたのですが、結局のところ実際に作業した内容はそれよりもシンプルでした。

私の場合、ある程度、FTPの理解があったのでプラグインなどの利用はしなくても大丈夫だったのかもしれません。 また他のレンタルサーバーの場合には作業要領も違ってくるかもしれません。 いろいろ、ありますが、「お名前レンタルサーバー」→「エックスサーバー」へのワードプレス移転作業ということで説明してみたいと思います。

旧サーバー(お名前レンタルサーバー)からデータの抜出しと保存

今回、旧サーバーからのデータ抜出しの知識として、1番知って助かったのは「ワードプレスの基本機能にエクスポート機能」がある。 ということでした、このことを知ったのは移転について調べ始めてから半日ほどたった時だったのですが、本当にかんたんに作業ができます。

1.wordpressについているエクスポート機能で一括バックアップ

エクスポート機能での操作ですが、これが本当に簡単です。 管理画面から「ツール」→「エクスポート」で画面を出して「すべてのコンテンツ」を選択してクリックして保存するだけです。 そうすることで自動的に.xmlファイルが保存できますのでデスクトップなり自分の好きな場所にこれを保存してください。

そして、この「.xmlファイル」ですが中身はこれまでに書いた記事データになります。 テキストや赤字太文字などの装飾などそういった記事データがここに入っているわけです。

個人的に言えば、この記事データこそが1番大切なデータであって、これさえあれば新しいURLになってもインポート機能で 記事を全部復活させることができます。 デザインを変更するために.phpや.cssファイルをいじりまくっている人はデータベースのバックアップも必須ですが、 そうでなければ、まずはこの記事データが大切なのではないかなと思います。

2.FTPサーバー内部から記事データなどをダウンロードで保存

次に行った作業はFTPサーバーに入って画像や、テーマ、プラグインなどのデータの抜出しでした。引っ張ってくるデータは次のとうりです。

「/wp-content/uploads/」(画像データ)
「/wp-content/themes/」(テーマ※デザイン関係)
「/wp-content/plugins/」(プラグイン関係)

エックスサーバーの場合はFTPにログインして「ドメイン名」→「public_html」→「wp-content」の順番で該当ファイルまで辿りつけます。 他のサーバーの場合はわかりませんが、似たようなルートになっているサーバーも多いと思います。

大切なのはまず「/wp-content/uploads/」。ここにこれまでの画像ファイルのデータが入っています。 そして「/wp-content/themes/」。これにはテーマファイルが入っています。テーマファイルの中には「.css」や「.php」ファイルのデータも 入っていますのでデザイン周りをいじっている人はこのデータもかなり大切だと思います。 そして「/wp-content/plugins/」はプラグインデータです。

これをFTPでダウンロードして、自分のパソコンのデスクトップあたりに落とします。作業はこれで完了です。

ただし、この作業には注意点があります。まずFTPにログインしなくてはいけません。通常、かんたんインストールなどでワードプレスを構築した場合、 FTPの設定などは必要ないですから、FTPのログインID・パスワードを調べなくてはいけません。 またログインして必要なファイルを探し、それをダウンロードするという工程が必須になります。

私の場合は、いろいろな作業をしていてFTPの扱いには慣れているので問題ありませんでしたが、間違ってFTPファイルを移動させたり削除してしまうと、 データがそれでなくなってしまうことになりますので、FTPに慣れていない方は該当するプラグインを探す必要があります。

反対い言えば、FTPの操作が分かる人にとっては、ログインしてバックアップを取るだけですので、そこまで難しい作業ではない・・・と 思います。

3.ワードプレスの管理画面でパーマリンクなどをコピペ保存

3番目の手順は、現在のワードプレス管理画面でパーマリンクの設定を手動で保存する工程になります。

ここでどんな作業をするのかというと上記のとうり「パーマリンク」の設定を保存します。設定の保存自体はひじょうに簡単です。 ここを見落としてしまうと、サーバー移行した後のページのURLが変わってしまう可能性が大ですので、いままでのSEO効果などが 0になってしまうことになります。

なのでパーマリンク設定の確認は必ず忘れないでください

パーマリンク設定の確認方法ですが、 ワードプレスの管理画面を出して「設定」→「パーマリンク設定」で画面をだすだけでOKです。 設定がどうなっているのかを確認して、それをメモ帳などに記録するだけです。

設定は選択式になっているので、どの設定にチェックが入っているか見るだけですし、 カスタム構造に設定されている場合だけは、自分でパーマリンク構造を書いていますので、その1行部分をコピペしておくだけでOKです。

既存サーバーでの作業まとめ

このように手順としては大きく3つにわけられるのですが、①「エクスポート」と③「パーマリンク確認」は非常にかんたんです。これは10分でできると思います。

問題になるのは②「FTPで該当ファイルのバックアップ」の工程で、FTP操作に慣れている人でも「既存サーバーのFTPログインIDを調べる」作業と「FTPにログインしてバックアップ」する作業が 必要になりますので、1時間ぐらいかかるかもしれません。私はお名前.comのFTPログインIDを見つけるのにやや苦戦しました。

新サーバーへデータの移行

次に新しいサーバーへのデータ移行になります。ここではエックスサーバーを使っていますのでエックスサーバーでの説明になります。 既にかんたんインストールにてワードプレスの開設は終わっているものとして説明を始めたいと思います。

はじめに。独自ドメインのネームサーバーを変更

まず、エックスサーバーでワードプレス開設まで終わったら使っているドメインの設定を変える必要があります。 ネームサーバーを「お名前レンタルサーバー」→「エックスサーバー」に切り替えてあげる作業が必要になります。

私の場合はドメインを「お名前.com」で取得していましたので、お名前.comのドメイン管理画面からエックスサーバーへネームサーバーの変更を行いました。

ネームサーバーの変更についてはこちらのページを参考にして下さい。 ※(ネームサーバーの設定方法について

設定変更すると「48時間以内に~」とかなり時間がかかるようなことが書いてありますが、個人的にはネームサーバーの設定変更後、 どこのドメイン会社も大体1時間ぐらいすれば切り替わっています。

これまでのサイトURLで画面を表示させてみて、ワードプレスの管理画面が初期状態になっていれば、ネームサーバーの切替が成功したことになります。

1.wordpressの機能でインポート

無事にワードプレスの初期画面が確認できたら、ようやく、新しいワードプレスをこれまでの状態に戻すためのインポート作業が始まります。

まずはワードプレスについている「インポート機能」で記事データを入れ込んでいきましょう。 旧サーバーからエクスポートして取得した「.xml」ファイルをインポートすればOKです。

管理画面の「ツール」→「インポート」をクリックして、該当ファイルを選択してください。これで記事がぜんぶ復活することになります。

2.手動でパーマリンクなどを設定

次に旧サーバーで設定していたパーマリンクを設定してください。これで記事のURLが以前のカテゴリー構造のものに戻ります。 ここまでの2つの工程はかんたんなので、30分ほどで出来ると思います。

3.「/wp-content/~」をアップロード

3点目の作業は「/wp-content/uploads/」(画像データ)、「/wp-content/themes/」(テーマ※デザイン関係)、「/wp-content/plugins/」(プラグイン関係)のアップロードです。 ここではエックスサーバーのFTPログインデータを調べる作業と、FTPを使ってお名前レンタルサーバーから落とした上記データをアップロードする作業が必要になります。

エックスサーバーの利点

今回、移転先のレンタルサーバーとしてエックスサーバーを選びました。ワードプレスを使っている人の間で人気だったというのが理由ですが、実際に使ってみて感じた利点がいくつかります。 まず、バックアップ機能がしっかりしているのでデータが壊れてしまっても、データを戻せることです。 有料で2万円ぐらいかかりますが、問題が起こったときだけの料金となりますので普段お金がかかることはありませんし、 他のレンタルサーバーではこのようなデータバックアップサービスは高かったり、サービス自体なかったりしますのでこの点は多きくメリットを感じました。

また、動作が重くてサーバー移転を行いましたが、理由は不明なもののエックスサーバー移転後に”重さ”の問題は解決しました。サーバーの性能の問題なのか違うのかもわかっておりませんが、 とにかく動作が速くなりましたし、上記バックアップ機能のメリットもありこのままエックスサーバーで運営を続けていこうと考えています。

エックスサーバーの詳しい案内はこちらです。

今回つまづいたところ

はじめてのワードプレスの引越しということもあり、2日の時間がかかってしまいました。時間がかかった理由としては、いろんな方法がありすぎてどのやり方が正解なのか まったくわからなかったことがあります。最初は「MYSQL」のようなデーターベースにログインして必要なデータをバックアップする。ということで まずデータベースへのログインを試みていましたが、これが個人的にものすごく難しくてログインすら出来ませんでした。

そもそもデータベースへのログイン自体も必要なかったので、これはとても回り道をしてしまった感じがしています。

今回、説明したやり方以外にもいろいろと方法はあるのだと思いますが、個人的にはFTPの操作がわかる人はこのページのやり方がシンプルなのではないかと考えています。 個人的にもう一度ワードプレスの移転をするのであれば、このやり方で進めると思います。おそらく数時間で出来るのではないでしょうか。

引越しをした雑感。

エックスサーバーでワードプレスを使ってみて感じた率直な感想としては「使いやすい」ということです。 2日という時間がかかりましたが引越し自体は成功だったのではないでしょうか。 個人や小規模法人でホームページをwordpressで作成するのであれば、レンタルサーバーの選択肢はエックスサーバーでいいんじゃないかなと思います。