ワードプレス初心者

ワードプレスがはじめての初心者の方に「ワードプレスをインストールしたら行うポイント」を解説します。

私もまだワードプレスを使い始めてから2年ぐらいですが、これまで10サイトぐらいはワードプレスを作ってきました。 毎回1から立ち上げることになるのですが、その度に必ずやっておく設定などについて紹介したいと思います。

おそらく最低限の設定だと思いますが、それでもこの設定をすればワードプレスの運用はできます。

①テーマの選定

まずワードプレスを作るたびに時間がかかるのがワードプレスのテンプレートにあたる「テーマ」の選定です。 テーマによって全然デザインが変わってきますし、カスタマイズ機能もそれぞれ違ってきます。 人気のテーマになると多くのことをかんたんにカスタマイズできる機能が備わっています。

まず、ワードプレスを作る最初の段階として、このテーマをどれにするか?ということを決める必要があります。

②基本設定とパーマリンク設定

テーマの選定が終わってワードプレスにインストールしたら、私の場合、次に行うのが「基本設定」と「パーマリンク設定」になります。 「基本設定」ではタイトルやURL表示、メールアドレスなどを登録します。そしてパーマリンク設定では記事を作ったときに、どんなULRでページが生成されるのかを決める設定になります。

「基本設定」についてはタイトルやメールアドレスを入力するだけなので、かんたんに設定ができます。 また何回でも変更できるので、将来タイトルを変更したい、また連絡先メールアドレスを変更したいと思ったらすぐに変更することができます。

問題になるのはパーマリンク設定のほうです。このパーマリンク設定も基本設定と同じく何回でもかんたんに変更することができます。 例えば記事をかいたときに「google.com/001.html」とページを生成することもできますし、「google.com/20171201/001.html」と記事を書いた日をURLに使うこともできます。 またカテゴリーを作っているのであれば、そのカテゴリーをはさむ。例えば「google.com/categori/001.html」といった感じになります。

パーマリンクの設定によって、記事をかくURLが変わってしまいますので、将来的にこのパーマリンク設定をいじって変更するとなると、ぜんぶのページのURLが変わることになります。 URLを変えた場合、それまでについていた被リンクやSNSからのリンクの効果がなくなってしまいます。 「001.html」にリンクしていたのにURLが「categori/001.html」に変わってしまったので、相手先のリンクが「Notfound(サイトが見つかりません)」の状態になってしまうわけです。

そのため、パーマリンクの設定は最初に決めたら動かさないほうが無難になります。 ここは、どういったリンク構造にするのかしっかり時間をかけて考えてください。

③プラグイン設定

その他の設定は後回しにしています。


レンタルサーバーとは