ワードプレスでホームページを作る

はじめてのホームページ作成にはワードプレスが最適。その理由をポイント別にメリット・デメリットまとめて紹介します。

最近、はじめてホームページを持とうと思ったときにワードプレスで作る人が増えてきている印象をうけます。

HTMLやCSSを覚えてメモ帳などのライティングツールを使って手入力で作るには労力も時間もかかりすぎます。 無料のブログも人気ですが、もう少しオリジナル性が欲しくなってきたり、広告を自由にのせたいなど思ってくると不便な点もでてきます。

無料ブログで記事を書くだけなのは嫌だけれども、ホームページを作るのは難しすぎる。そういった人が選択肢としておおく選んでいるのがワードプレスになっているんだとおもいます。

今回、実際に私もワードプレスを使ってサイト運営をしてみて気が付いた、ワードプレスがホームページ作成に最適な理由をメリット・デメリット交えて解説してみたいと思います。

まず、なにが必要になるか?

ワードプレスでホームページを持つには「レンタルサーバー」と「ドメイン」が必要になります。そのためこの2つは最低限、登録していないといけません。

個人的に1番ベストなのはレンタルサーバーが「エックスサーバー」で、ドメイン取得が「ムームードメイン」になります。エックスサーバーは機能もすぐれていて値段も月1000円ほどとお手頃、ムームードメインは管理画面が使いやすい点がその理由となります。

ドメイン会社については「お名前.com」が1番人気となりますが、登録時の設定や管理画面でつまづくことがあるので、もし初めてならムームードメインが使いやすいと思います。

 この2つを登録しておけば、ムームードメインでDNS設定をして、エックスサーバーで簡単インストールだけすれば、その時点でワードプレスが出来上がることになります。

少なからず”かんたん”に運営ができる。

初めてのホームページ作成にワードプレスがおすすめ理由は、まず運営が比較的かんたんだということです。

無料のブログやWIXなどのウェブサイトビルダーほど簡単ではありませんが、ワードプレスは同じような感覚で運営することができます。カスタマイズ機能やページ生成機能がすぐれていることもあり、HTMLやCSSを覚えていなくてもある程度作りこむことができます。

なにがかんたんで、なにが難しかったのかポイントを解説してみます。

インストールがかんたん

以前は難しかったワードプレスのインストールですが、最近ではレンタルサーバーのサービスによって「かんたんインストール機能」というものが出来ました。これにより専門的な知識は不要となり、クリック操作とほんの少しの入力だけでインストールができるようになっています。

記事を書くのがかんたん

記事を書く点については、これは無料ブログと同じ感覚で書くことができます。文字を太くしたり色をつけたりするのもクリック操作でできます。そして記事を書くと自動的にカテゴリーにも入ったり、TOPページにリンクがついたり、リンクする作業はすべて自動的にワードプレスがしてくれるので、運営者は記事書きに専念できます。

もちろん、それ以上サイトデザインやページ遷移にこだわりをもって運営したいということになると、HTMLやCSSの知識が必要になってきますが、今はカスタマイズ機能を持ち合わせているワードプレスも多いので、かんたんに出来る部分がどんどん増えてきています。

カスタマイズがかんたん

カスタマイズ機能について説明しましたが、いまワードプレスによっては多くのカスタマイズ機能が備えられています。例えば私が利用しているワードプレスの「ストーク」というテーマでは、「サイトロゴ設定」「サイトカラー設定」 「ナビ設定」「SNS設定」「背景画像設定」「メニュー設定」「トップページ設定」など、じつに多くの設定がクリック感覚でできるようになっています。

もう少し具体的に説明すると、例えばいろいろなブログを読むと記事の下にフェースブックやツイッターのアイコンをよく見かけると思いますが、これもストークでは「SNSを表示する」にチェックを入れるだけで自動的に反映されるようになっています。

また同様に、記事の下や自分が気になる場所に広告をのせたいと思った時も、ウィジェット機能で「記事下」や「サイドバー」といったところを開いてコピペすれば、それだけでトップページや全部の記事に広告が反映されます。 <>

このようにカスタマイズ機能がすぐれているのがワードプレスです。

これが手入力の場合、広告1つ変えるにもプログラムで作ってなければすべてのページのコードを1つ1つ変えることになります。また無料ブログであれば広告を載せられない場合も多いですし、のせられたとしても場所に制限があります。

デザインを変えることがかんたん

ワードプレスには「テーマ」という概念があって、ワードプレステーマを選ぶことでデザインをかんたんに変更することができます。ワードプレステーマ、つまりサイトデザインは何百種類もあり自分で好きなものを見つけるのもサイト運営の醍醐味になります。

例えば100ページ記事を書いて途中でワードプレステーマを変更したくなっても大丈夫です。この場合でもボタン1つだけですべてのページのデザインが一瞬で変更されます。

ワードプレステーマはサイトデザインだけでなく、カスタマイズ機能なども違ってきます。テーマ探しについて「ワードプレス テーマ おすすめ」などといったキーワードで調べれば、良いテーマが見つかると思います。

無料で使うことができる。

ワードプレスは無料で利用することができます。とても機能性のあるものなので料金が発生してもおかしくないですが、無料ということもあって世界的にワードプレスが人気になっています。

ただ、すべてが無料ということではありません。ワードプレスを使うにはどうしてても「レンタルサーバー」と「ドメイン」の料金がかかってきます。この2つがないとサイト運営ができませんので、この費用は必須になります。

先ほど紹介したエックスサーバーとムームードメインのセットであれば月に1000円ちょっとで運営することができます。もう少し違うレンタルサーバーを選べば月に500円ほどのコストに抑えることもできます。

また、先ほど紹介したワードプレステーマになりますが、これは無料のものと料金がかかるものとに分かれます。 私が利用しているストークと呼ばれるテーマは1万円で購入したものです。無料でもたくさんのテーマが配布されていますので、おすすめのワードプレステンプレートを参考にしてみてください。

ワードプレスの悪い点、難しい点。

ここまでワードプレスの良い面を解説してきましたが、ここからはデメリットについて説明をしたいと思います。

管理画面が使いづらい

無料のブログと同じようにワードプレスにも管理画面というものがあります。この管理画面についてですが、無料ブログのようにわかりやすく作られていません。もちあわせている機能も多彩なため、その分使うのが難しくなっています。

私はこの管理画面については1年、2年と使っているうちにようやく慣れましたが、もともとホームページ作成をしていた身としてもこうなので、初めてホームページ作成をする人にはむずかしいと思っています。

記事を書くだけならかんたんですし、カスタマイズ機能を使ったカスタマイズもかんたんですが、それ以外のことをしようとすると管理画面のどこにどの機能があるのか探すのも難しいため、どうしても調べて勉強する時間がそれなりに必要になってきます。

カスタマイズ機能をこえたカスタマイズを行うと突然むずかしくなる。

ワードプレスにはかんたんに操作できるカスタマイズ機能がついています。このカスタマイズ機能はテーマ(いわゆるテンプレート)によってかなり違ってきます。人気のあるテーマはこのカスタマイズ機能がとてもよくできていて、ボタン操作だけで色やデザインを変えたり、SNSボタンをつけたり、広告をはったりと様々なことができるようになっています。

以前から、カスタマイズ機能はありましたが毎年、毎年、できることが増えています。今後もいろいろなテーマで改良がすすむと思いますので、来年、再来年にはもっと使いやすくなっていると思います。

ただ、それでも当然できないこともあります。そういったカスタマイズ機能でできない部分を変えようとする場合は、どうしてもCSSファイルやHTMLファイルを修正する必要がでてきます。つまり手入力でコードを打ち込んでいくのですが、ワードプレスの場合はCSSやHTMLだけではなく、PHPも使っているので、その知識も必要になります。私の場合、HTMLとCSSは理解していますが、PHPの知識がなかったため、ここがとても大変でした。

 使ってみて2年ぐらいたちますが、ようやくワードプレスに慣れてきたこともあり最近ではワードプレスでサイト作成する機会がおおくなりました。使いやすい点と使いづらい点と両方ありますが、現時点ではワードプレスのメリットのほうが大きいと感じています。

いろいろなテーマがありますが、人気のテーマは常にバージョンアップしているのでどんどん使いやすくなっている点も大きいです。

もし、これからホームページ作成を考えているのであれば、ワードプレスはHTML、CSSの知識がほどんどいらないのでおすすめです。


レンタルサーバーとは