ワードプレスとは?

よく聞くwordpressってなに?その便利な”使い方”から”作成方法”まで1からwordpressについて説明しています。

10年ぐらい前から人気になり、未だにホームページ運営のツールとしてその人気が衰えていないワードプレス。 私も2年ほど前になって、ようやくワードプレスを使い始めました。

今回は「ワードプレスってなに?」という初めてワードプレスに触れる人に向けて、とても基本的なことからカスタマイズなど実践的な面まで説明してみたいと思います。

wordpressとは?

まず、ワードプレスですが、かんたんに説明すると「アメブロ」や「FC2ブログ」といった無料ブログと似たようなものがワードプレスだと思って頂いてかまいません。 管理画面や記事の投稿などブログのような使い勝手で、それでいてカスタマイズできる部分が遥かに多いため、 「ブログよりもしっかり作りこみたい」時の選択肢として1番目に来るのがワードプレスなんじゃないかと考えています。

ワードプレスを利用しているホームページを見ると、個人の方が日記や情報発信として使っていたり、デザインをしっかりリニューアルして企業の公式ホームページとして 利用されているケースが多いような気がします。ワードプレスなら一度構築すればページの管理がかんたんで、あとは記事を投稿すれば内容がどんどん充実していきますので、そういった 管理がラクな面が受け入れられているんだと思います。

また各種デザインテンプレート(※テーマとも呼びます)がたくさん揃っているので、しっかり作りこまれたオシャレなテンプレートを選べるのも便利なところです。 テーマによってはデザインの細かい設定もかんたんにできるようになっています。

作る上で必要になること

ワードプレスを作るには「レンタルサーバー」と「ドメイン」が必要になります。ここが登録だけでかんたんに作れる無料ブログとは違う点です。

レンタルサーバーとドメインが必要になりますので、どうしてもお金はかかります。安いレンタルサーバーで利用すれば大体月に300円~500円ぐらい。 ミドルスペックのサーバーであれば月に1000円~1500円ぐらいが目安になります。このあたりは個人で作るケース、会社で作るケースでいろいろ分かれると思います。 「詳しいからワードプレスのインストールぐらい自分でできるよ」という人は別ですが、そうでなければかんたんインストール機能がついているサーバー会社を選ぶのが無難だと思います。

かんたんインストール機能ありのレンタルサーバー

またインストール作業も必要になります。 昔はこのようなシステムでホームページを作る場合は、インストールを自分で1からしなくてはならなくてかなり煩雑な設定が必要だったのですが、 いまでは「かんたんインストール」といったサービスがあり、とてもわかりやすくなっています。大体30分~1時間あればインストールして作ることができると思います。

wordpressの”メリット”や”デメリット”

メリット

このワードプレスの特徴としてまず紹介したいのがHTMLやCSSの知識がなくとも作成&運営できるということです。 細かな部分のデザイン修正などにはCSSやPHPなんかの入力が必要になってくるのですが、ワードプレスの場合、備わっているカスタマイズツールを使うだけで、 文字の大きさやカラム数、背景の色など、その他いろんなポイントをかんたんに変更できますので、知識がなくとも大丈夫です。

さらに何10ページ、何百ページとページ数を増やしても一瞬でページが増えてページ遷移などの内部リンクも作ってくれてと、 ページ生成時のめんどくさい作業が一切ないこともメリットです。 自動的に記事をカテゴリーわけしてくれますし、リンクも作ってくれます。

また、先ほど紹介しましたがデザインテンプレート(テーマ)が多数存在していますので、100種類~200種類それいじょうのテーマから自分の好きなものを選ぶことができます。

  • メリット
    ブログのように記事の管理がかんたん。テンプレートがたくさんある。

デメリット

デメリットとしては最低限以上の使い方をしたい時はやはりCSS、HTMLの知識。さらにはPHPの知識も必要になることです。

テーマが多数あることは既にお伝えしましたが、選んでみるとどうしてもワードプレス感が出てしまうデザインが多いです。 そのため、ある程度作りこんでいくと「ここのデザインを変えたい!もっと普通のホームページみたくしたい」という気持ちが出てくる場合があると思うのですが そうなるとCSSやPHPのファイルを直接手打ちでいじらなくてはいけません。

このPHPファイル。ちょっと間違えるとデータが飛んでしまったりしますし、「じゃあファイルを保存してから修正しよう」と思ってもファイルの保存が一般のホームページより特殊で難しいです。 このようにデザインの変更などを考えた時にそれなりに難しい。という点がワードプレスのデメリットになります。 ワードプレスにはPHPが絡んできますので、一般的なホームページのデザイン修正より作業は2倍~3倍は難しいんじゃないかと思います。

  • デメリット
    テンプレートの多くがどうしてもワードプレス感の出たデザインになってしまう。さらに一歩進んで修正したい場合、急激に難しくなる。

実際につかってみた感想

2年前に初めてワードプレスでホームページを作ってみましたが、インストールして立ち上げる点に関しては各種レンタルサーバーで「かんたんインストール」といったサービスがあるので本当にかんたんでした。 今では10分ぐらいあれば作れるかもしれません。

それから無料ブログの要領で記事を100記事~200記事と書いてきていますが、文章を入力する管理画面については・・・ちょっとカクカクして使いづらいかなと思っています。 このあたりはホームページ作成ツールの「シリウス」があまりにも使いやすいのでワードプレスの入力画面には不満があります。

あとこれは便利だと思ったのは、私が使っているのはレスポンシブデザインといって、PCとスマホの画面を同時に作ってくれるやつになっているので、スマホ対応している点は非常にありがたかったです。 また何百ページと増えてもカテゴリーごとに記事をしっかり内部リンクしてくれるので、そういった管理の煩雑さもありません。本当に記事を書くことだけに専念しようと思えば専念できるツールがワードプレスだと感じました。

wordpressに向いている人・向いていない人

向いている人

100~200ページと増えても記事の管理がかんたんなのがワードプレスの特徴のため、 毎日何かの記事を書ける人だったり、会社の商品やサービスの情報がたくさんあってページ数が多くなりそうな場合はワードプレスが向いていると思います。

向いていない人

あまり記事の更新をしないことが予想される場合は、ワードプレスよりも他の選択肢を考えたほうがいいかもしれません。 なぜなら、基本的にブログのようなものなので記事には「書いた日付」がつけられます。そのため記事を1年もかいてないと「このサイトはぜんぜん更新されてないんだな」と思われてしまいますし、 1ヶ月に1回でも月別アーカイブを見れば「月に1回しか書いてないんだな」とすぐにわかってしまうからです。

もちろん、設定やデザインを変えることで日付は外せますし、そのように見せないことも可能です。 ただ、そうなるとやはり知識がそれなりに必要になってくるので、初めてワードプレスを作る人がそこまで考えて作るのは難しいと思います。

そういった場合は、例えばwixやjindoのようなウェブサイトビルダーを使ったり、シリウスのような作成ソフトを使ったり。ということになります。

無料ブログとの違い。

少し前にワードプレスは無料ブログと似ていると書いていますが、実際、多くの点で似ています。

まず、管理画面から記事をかいて1記事ずつ作っていくというやり方。これはどちらも同じようなやり方でページを作っていきます。 なので無料ブログを使ったことがある人は、ワードプレスも比較的すんなり入っていけるかもしれません。

単純に「日記をのんびり書きたい」といった使い方であれば、それは無料ブログでいいと思います。 ワードプレスを選択する人は「ちょっと作りこんでアクセスが欲しい」ですとか「アフィリエイト収入が欲しい」ですとか「仕事用なのでしっかり作りたい」といった理由でワードプレスを選択しているのでは ないかと思います。

wordpressの「作り方」と「使い方」

ここまでで大体ワードプレスの特徴を説明してきました。 ここからはさらにワードプレスの「作り方」の手順と、効果的な「使い方」について説明していきたいと思います。

wordpressの「作り方」の手順

まず作るうえでの最短の手順についてです。かんたんに説明します。

1.レンタルサーバーとドメインを契約する。

まず、ワードプレスを作る場合はレンタルサーバーとドメインが必要になることは前述しました。 この際、注意する点はレンタルサーバーの「データベース数」。ワードプレスは例えばMySQLといったベータベースを使うのですが、激安レンタルサーバーのさらに格安プランの場合、 ワードプレスが作れないプランがあります(例えばロリポップのエコノミープラン)。

また、複数のワードプレスを作りたい場合はデータベース利用数もポイントになります。データベースが何個使えるのか?もしっかりチェックしておきましょう。

2.レンタルサーバーでかんたんインストール

レンタルサーバーとドメインを取得したら、次はインストールの作業になります。ワードプレスを利用するには「インストール作業」が必要でこれをして始めて画面が表示されます。

このインストールですが詳しくない方は「かんたんインストール機能」つきのレンタルサーバーを使って設定してください。私もこの機能を使ってインストールしました。 かなり簡単に設定できるようになっているので、大体30分~1時間。なれれば10分ぐらいで作業が終わるようになります。

このインストールまでやると、ワードプレスサイトが生成されURLを入力することで管理画面やサイト自体を見ることができるようになります。

3.管理画面で「記事の投稿」や「各種設定」

ようやく管理画面に入れるようになったら、タイトルやカテゴリーや記事の投稿といった作業に入ります。 これらの基本的な設定は、無料ブログのような感覚でできます。 (※正確にいうとワードプレスの管理画面はちょっととっつきづらいので無料ブログよりかは難しいです)。

この時点でおそらくシンプルなワードプレスが完成しているはずです。

「作り方」wordpressはテーマ選びがポイント

ワードプレスを作ったばかりの段階では、まだ初期のテンプレートが適用されているだけですので、とてもシンプルなデザインのままだと思います。 なので自分で好きなテンプレート(テーマ)を探してきて、それをインストールしなくてはいけません。管理画面上で言うと「外観」→「テーマ」で設定画面にいけます。

テーマはもともとワードプレスにいくつか付いてきているのですが、海外版のものなのでこれは使わないほうがいいと思います。 ここからの「自分にあったテーマ選び」がとても時間がかかるのですが、個人的におすすめしたい無料テーマをいくつか紹介しておきます。

  1. Simplicity
  2. Xeory
  3. テンプレートキング

ちなみに私が2年前に作ったワードプレスサイトは「Simplicity」を利用させて頂いています。カスタマイズ機能がとても優れていて、クリック感覚でいろいろ細かいところを変更できます。 1番最初に作るのであればここがいいんじゃないかと思います。

有料のものでもいいのであれば、使ったことはありませんが迷ったところが「TCD」のテンプレートです。 かなり作りこまれたデザインになっているので気に入る人もおおいはずです。大体1万円前後の価格となります。

  1. TCD

「作り方」テーマのカスタマイズ機能を利用してみる

これは私が実際に使っている「Simplicity」における話ですが、Simplicityにはカスタマイズ機能がいろいろ備わっていて、クリック感覚で 設定ができます。どんな設定ができるのか目次を紹介してると

「基本情報」「色」「ヘッダー」「背景画像」「スキン」「レイアウト(全体)」「レイアウト(投稿ページ)」「画像」「SNS」 「アクセス解析」「広告」「コメント」「メニュー」・・・といったように各種設定が1クリックで好きなものを選択できるようになっています。

基本的には「Simplicity」のデザインから脱することは難しいのですが、これだけ多彩な部分の設定がかんたんにできるので 広告をつけたりアクセス解析を導入したりというのも初心者の人でもできると思います。

「使い方」カテゴリーにわけて投稿してみる

ある程度、大枠の基本設定やカスタマイズをしてみたら、次は実際の記事の投稿になります。 最近では記事の内容次第では大きくGoogleに評価されて上位表示されるらしいので、デザインそっちのけで 記事の内容を重視したほうがよっぽどアクセスが集まるかもしれません。

そして、この記事の投稿ですが自分でカテゴリーを作ってカテゴリー別に分けることが可能です。 例えば日記風のワードプレスであれば「料理」「散歩」「生活」なんて感じにわけるような感じです。

このカテゴリーですが、記事を投稿したあとに変更することもできます。 その場合、URLが変わってしまうのでSEO的な効果が1からになってしまうのですが、 カテゴリーを変えるのはこれもボタンクリック1つでページ繊維まで変わりますので、なんでも自動で非常にかんたんです。 (※無料ブログの要領と一緒です)。

まとめ

ここまで駆け足で説明してきましたが、大体基本的なことはおさえていると思いますので、このページを読むことでワードプレスが どんなものなのか?どんな風に作業するのか?のさわりの部分はわかって頂けたのではないかと思います。

ちなみに私が運営しているワードプレスはエックスサーバーを借りています。非常にワードプレスに向いている レンタルサーバーなので、よかったら調べてみてください。

エックスサーバーはこちらになります。