nslookup

「エックスサーバー」vs「さくらインターネット」(2018年10月)

レンタルサーバーの中では10%以上のシェアを持っているエックスサーバーがいま現在の1番人気です。 個人的にはエックスサーバーに追随するレンタルサーバーの最右翼はヘテムルなのですが、グーグルで検索してみると エックスサーバーとさくらサーバーを比較している人が多いようだったので、今回、「エックスサーバー」vs「さくらレンタルサーバー」ということで、この2つのレンタルサーバーを比較してみようと思います。

さくらのレンタルサーバーは、10年以上前に契約をしていて7年ぐらいはずっと使っていました。管理画面があまり使いやすくなかった思い出があるのですが2018年に入って、その管理画面も新しくなっていますし、3月にはHTTP化に対応するなどサーバーの機能が上がっています。

今回の比較で、2つのレンタルサーバーがどれくらいの性能になっているのかがわかります。

比較

まず、今回の比較では、お互いのサーバープランに置いて1番人気のプランと思えるものをピックアップし、比較検証してみたいと思います。

(1)ベストプランの比較

エックスーサーバー「X10プラン」とさくら「スタンダード」

エックスサーバー
「X10プラン」
さくら
「スタンダード」
月額料金 1200円 515円
初期料金 3000円 1029円
ストレージ SSD SSD
マルチドメイン 無制限 100個
データーベース数 50個 20個
サーバーソフト nginx nginx/Apache
HTTP2
RAID構成 RAID10 RAID10
無料SSL
CPU 24コア 10コア
メモリ 256GB 48GB

2つのプランの説明

エックスサーバーの「X10」プランはエックスサーバーでは1番安いプランになっていますが、ほぼ多くの人がこのプランを選択しているはずです。 「X20プラン」や「X30プラン」もありますが実質、ストレージの容量が増えるだけなのでX10で十分です。私自身も「X10プラン」で契約しています。

そして、さくらの「スタンダード」は5つある中で2番目に安いプランとなっています。1番安いプランは月額129円、最も高いプランは4628円となっていて 料金の幅が広いです。スタンダードの月額500円というのはロリポップの人気プランと一緒の金額となり、いわゆる格安サーバーと言える価格になっています。

(2)料金プランの比較

料金については「1200円」と「515円」ということで月額にして約700円の違いになります。 初期料金は「3000円」と「1029円」なので2000円、年間にしてエックスサーバーは1万7400円となり、さくらは7000円ちょっとということになります。 1年間で考えると1万円の違いになりますので、そこそこ金額としては変わってきます。

(3)サーバー性能の比較

(4)マルチドメインの比較

(5)管理画面の比較

(6)キャンペーン特典の比較

まとめ

ドメインとは

レンタルサーバーとは

目次

コラム

カテゴリー


【サイト内検索】