サブドメインとは

サブドメインとは?

サブドメインの説明

「http:abc.domain.com」がサブドメイン

サブドメインは自分が取得した「独自ドメイン」の前に任意の文字列をつけてディレクトリを作ることが出来るサービスです。

サブドメイン自体は独自ドメインを持っていれば、レンタルサーバーの機能で作ることが出来ます。

例えば「http://www.yahoo.com」というホームページがあるとします。
この場合、みなさんは「yahoo.com」というドメインを取得していることになります。

ここからサブドメインを作ってみましょう。以下はサブドメインの例になります。

  • 「http://japan.yahoo.com」
  • 「http://abc.yahoo.com」
  • 「http://gooooooooogle.yahoo.com」

これがサブドメインです。

サブドメインのディレクトリ構造は独特

このようにURLで見ると、独自ドメインの前に自分で指定したディレクトリが入ってくるのがサブドメインです。

このホームページのURLは「http://www.domain-easy-study.com」なので、管理人がサブドメインを設定さえすれば 「http://web.domain-easy-study.com/」のようなサブドメインを作ることができます。

  • 「http://web.domain-easy-study.com/」
  • 「http://homepage.domain-easy-study.com/」

なぜサブドメインを作るのか?

サイト内容をわけたい時や、別サイトを作るときに使う

サブドメインを使う理由として考えられるのは「違うホームページを作りたい」ということが考えられます。 例えば、このサイトはドメイン取得をメインとした内容になっていますが、そこに「ブログ」をテーマにした内容を追加したい時などがそれにあたります。

この時サブドメインを使って「http://blog.domain-easy-study.com/」といった形で別ドメインとしてわけることになります。

一般的には「サブディレクトリ」でわけることがほとんど

別のホームページを作る場合や、内容を分けたい場合ですが、一般的にサブドメインの形をとるよりも「サブディレクトリ」や「マルチドメイン」の機能で わけることがほとんどです。

そこで、サブディレクトリについて説明してみたいと思います。

「サブディレクトリ」との違い「http:domain/abc.com」

サブディレクトリとは

ホームページの内容を分けたい場合、例えばカテゴリーをいくつか作りたい場合などは、普通はフォルダの中にフォルダを作る方法とります。 これをサブディレクトリとも呼びます。

今回の場合では「domain」フォルダのなかに「abc」「japan」フォルダを作っています。

  • 「http://domain/japan.com」
  • 「http://.domain/abc.com」
「サブドメイン」と「サブディレクトリ」ではディレクトリ構造がちがう

サブドメインがドメイン名の前にディレクトリ名が来るのに対して、サブディレクトリではドメイン名の後にディレクトリ名が来ることになります。 ディレクトリ構造がまったく異なります。

  • 「http://abc.domain.com」←サブドメイン
  • 「http://.domain/abc.com」←サブディレクトリ

イメージとしては「サブドメイン」がサイトごと違うテーマのものを作りたいときに使うもの。 単純にカテゴリーわけだけをしたい場合は「サブディレクトリ」を作るイメージになります。

サブドメインの「メリット」「デメリット」

メリット

サブドメインのメリットを考えたとき、1つのドメインを持っていればそこから幾つもサブドメインを作ることが出来るので、お金をかけずに複数のホームページが作れることになります。 10年ぐらい前だと、実際にドメインを1個だけ取得してサブドメインを作って何個もホームページをわけて運営している人も見かけました。

サブドメインの1番のメリットはこのように「複数サイトの運営にコストがかからない」ことです。

例えばメインサイトのURL用に「http://www.aoki.com」というドメインを取得して、趣味用のサイトとしてサブドメインを設定して運営をする。

  • 「http://soccer.aoki.com」(サッカー用の趣味サイト)
  • 「http://movie.aoki.com」(映画用の趣味サイト)

という形で運営することができます。

デメリット

ただし、最近ではこのサブドメインの形でサイト運営しているホームページをほぼ見かけなくなってきました。 カテゴリー分けするのであればサブディレクトリを作ればいいですし、別のサイトを運営したいのであればマルチドメイン機能であたらしいホームページを作る人が多いです。 (参考)マルチドメインとは?

Googleなどでの検索エンジンで検索をかけても、このようなサブドメインのURLをしているところを最近ではあまり見かけなくなっています。

サブドメインの利用者が減ってきているのか、SEO的にあまりよくないため検索エンジンで見かけないのか、理由はわかりませんが基本的に サブドメインを見かける機会はここ10年ほどでかなり減ってきている感覚を持ちます。

まとめ

サブドメイン自体の機能は、ほぼすべてのレンタルサーバーの管理画面で設定することが出来ます。 例えば「エックスサーバー」でもサブドメイン機能はありますし「ヘテムル」でも設定できます。

ただサブドメインの活用はここ10年ほどで少なくなってきてきることは事実なので、サブドメインは利用可能ですか?また、いくつまで作成可能ですか?の質問にもあるように、 今後サービスが廃止されることもありえそうです。

ドメインとは

レンタルサーバーとは

目次

コラム

カテゴリー


【サイト内検索】