ドメイン取得

一体、ドメインってどんなもの?

ドメイン(独自ドメイン)とは皆さんが見ているホームページのURLのこと。 例えばヤフーだったらURLは「http://www.yahoo.co.jp/」になりますが、この「http://www.」の後ろの部分にある 「yahoo.co.jp」の部分こそヤフーだけが持っている専用のURL(=独自ドメイン)になります。 ヤフーが持っているので他の人は当然このURLを使えません。 つまり独自ドメインとは、自分だけの専用のURLのこと。

あなたが「東京に関するサイトを作ろう!」と思って「tokyo.com」を取得すれば、 それはあなただけにしか使えません。他の人が「http://www.tokyo.comでURLを表示したいなぁ」と いくら思っても、あなたが先にドメインを契約しているので、それ以外のURLを探すしかありません。

ドメインの取得で効果的なホームページ運営を。

独自ドメインを持つと自分だけのURLが持てる以外にも、たくさんのメリットがあります

ホームページ作成 ドメインは取得することでたくさんのメリットがあります。

まず1番のメリットは、ドメインの権利を自分で持つことで「ホームページアドレス(=URL)が変わるリスクがないこと」です。 何回サーバー移転などしても、ドメインを持っていればURLはそのままで大丈夫です。

その他にも、専用のメールアドレスを作れることも大きな利点です。 個人でも会社でも人数分のメルアドを作ることが出来ます。このように、メールアドレスが欲しい場合もドメインの取得がおすすめです。

ドメイン取得のメリット
  • ドメインを自分で決めて自分だけの専用URLが持てる
  • 専用メールアドレスも持てるようになる
  • レンタルサーバーなどの移転でも、URLを変更しなくていい
  • ドメイン(ホームページ)を売ることもできる
ドメイン取得のデメリット
  • 「.com」なら年間1,000円、「.jp」なら年間3,000円ぐらいの費用がかかる
  • 1年ごとの支払いなど管理が必要になる

独自ドメインはどうやって取得できるの?

独自ドメインを取得するには、各社ドメイン業者で申込みをするだけでOKです。 「お名前.com」や「ムームードメイン」などの会社が人気になっています。

この申込みの際に自分が取得したいドメイン名を入力して、既に取得されているかどうか調べることが出来ます。 取得されていなければ、そのまま申込みを完了して、ドメインを持つことが出来ます。

ホームページを作りたいならドメインにプラスして「レンタルサーバー」が必要になります。

独自ドメインだけを取得して契約することも可能ですが、それだけでは世界に1つの「URL」の権利だけ持っている状態です。

基本的には「レンタルサーバー(ホームページのデータを置いておく場所)」も必要になってきます。

ドメインとレンタルサーバー

この2つのサービスに契約をして、はじめてホームページやワードプレスが持てるようになります。

レンタルサーバーの比較がポイントになってきます。

そして独自ドメインを取得して使おうと思ってホームページを作るときに、 ポイントになってくるのはドメインの会社ではなくて、どちらかというとレンタルサーバーの選び方です。 なぜならドメイン業者の機能の違い(料金やサービス内容)はそこまで差異がないのですが、 レンタルサーバーの料金や機能は各社によってかなり違ってくるからです。

格安で利用できる会社、サポートがしっかりしている会社、 セキュリティがしっかりしている会社。様々なサービスの違いがあります。価格も100円から利用できるものもあれば、 月に1万円を超すものもあります。

詳しく比較のポイントを知りたい方は「レンタルサーバーの比較」ページへ、 ドメインのさらに詳しいことについては「ドメインとは?」を参考にしてみてください。

独自ドメインを取得したら気を付けて欲しいこと

過去15年ちかくホームページ運営に携わり、長年ドメインを運営してきていますがドメインを取得するうえで気を付けておくと良い点を2つ 紹介したいと思います。

1.更新期間の期限きれに注意

ドメインは基本的に1年単位で契約することになり1年たったら契約更新をしなくてはいけません。もし料金の支払いを忘れてしまうと ドメインの権利は失効されてしまい他の人に取得されてしまうケースもあります。 こうなるとせっかく頑張って作ったホームページのアクセス数やSEO効果などもすべて1から作り直さなくてはいけません。

大切なドメインなので忘れないだろうと思っていても1年に1回だけのことなので、「メールを確認していなかった」「クレジットカードが切れてた」などの理由により 気が付いたらホームページの表示がされなくなってしまった。ということになります。できればそういったことを避けるためにもドメインの登録は自動更新をしておくことをおすすめします。 →(ドメインの有効期限切れに注意

2.WHOIS情報の代理登録はしっかりと

ドメインをより安全に運営していくためにも、ドメイン登録者のデータなどをレジストラ(JPRS)と呼ばれる公的機関が管理・公開しています。 このデータをWHOIS情報と呼ぶのですが、これは一般に公開されていてWHOIS情報の検索サービスで普通に調べることができます。

このWhois情報ですが、データのなかには名前なども入っていて個人情報が多く含まれるため、できればWhois情報なんて公開されたくない。と感じるサイト運営者の方が ほとんどだと思います。そのためもあってか、おそらくすべてのドメイン業者で「公開代理サービス」をしていてくれています。 これによってWhois情報は私たちのものから取得元のドメイン会社のものに切り替わります。 ドメインを取得するタイミングで代理公開をお願いしたり、その後も管理画面から依頼ができますので、これも忘れずに設定しておいたほうが良いと思います。 →(whois情報とは?

どんな時にドメインを取得する?

これからドメインを取得しようとしている人は既にどんなホームページを作ろうとしているのか決まっているのかもしれませんが、 どんなケースでドメインを取得する機会が出てくるのか紹介してみたいと思います。

1.自分・自社のワードプレス(ブログ)を立ちあげる

統計を取っているわけではないのであくまでも私の中での感覚になりますが、新しくドメインを取得するパターンの多くがワードプレスサイトの立ち上げではないかと思います。 ワードプレスはいわゆるブログと言ってしまって良いと思うのですが、かんたんにデザインを変更できたり、自由にカスタマイズが可能になっているところが人気になっている理由です。

世界的にみるとワードプレスのシェアは30%でJoomla(ジュームラ)、Drupal(ドゥーパル)といった似たようなシステムも頑張っているのですが、 こと日本においては海外よりもはるかに圧倒的にワードプレスが人気になっています。 →(ワードプレスを運営する。

2.無料ブログでドメインを取る

もう1つドメインを取得するケースで多いのが無料ブログで必要になってドメインを取得するパターンになると思います。 多くの無料ブログでは独自ドメインでも運営できるようになっています。 例えばFC2ブログで無料ブログを作る。そしてドメインは無料ブログから借りるのではなくて、お名前.comで独自ドメインを取って運営する。そんな形になります。 →(ブログとは?ブログやワードプレス長所や短所

3.アフィリエイトをする

これは結局のところワードプレスや無料ブログの立ち上げと重なるのですが、副収入を目的としてドメインを取得して自分のホームページを持つという人も多いと思います。 アフィリエイトをする人の大半は年間5000円も稼げないまま終わってしまうという統計が出ていますが、コツやポイントを押さえることでドメイン代やサーバー代以上に収入を得ることは 可能だと思います。 →(アフィリエイトの始め方ポイント

ワードプレスやホームページを作り方を勉強しよう!

このサイトではドメインやレンタルサーハーを紹介するだけでなく、ホームページやワードプレスの作成方法についても 解説しています。

【10分でわかる】ワードプレスの作り方

実は、いまレンタルサーバーを契約する人のおおくはいわゆる一般的なホームページではなく「ワードプレス」というものを作っています。 ワードプレスとは無料ブログのようなもので、「自分自身の専用ブログ」を持つことができます。

ホームページのように覚えるのが大変なHTMLなどを知らなくてもかんたんに設置&ブログ運営ができて、デザインなども「テーマ」と呼ばれるテンプレートがたくさん存在し、 ボタン操作でかんたんにできるため、とても人気になっています。

ワードプレスの作り方はこちらから

【1日でわかる】ホームページの作り方

「グーペ」などの簡単ホームページ作成や、ワードプレスの登場によって、いままでのようなHTMLを使ったホームページを作る人は 以前より減ってきていますが、それでもHTMLを知っていると何かと便利です。ワードプレスも結局のところデザインをこまかく修正するには 基本となるファイルのHTMLを直す必要がでてきます。

そこでワードプレスの作り方の解説以外にも、「ホームページの作り方」の解説ページも作成してみました。

ホームページの作り方はこちらから

全17社を紹介!レンタルサーバーの解説

最も人気の価格帯!月1000円台の「レンタルサーバー」はこちら

エックスサーバー

エックスサーバー

エックスサーバーは個人の間にクチコミ人気となり評判が良いレンタルサーバーです。 実際にいまでは業界内のシェアが10%ほどまでになっていて、人気No1のレンタルサーバーとなっています。 キャンペーン期間中に申し込みをすれば、「エックスドメイン」でドメイン取得費用が無料になります。

エックスサーバーの詳細はこちら。

WebAERNA SuiteX

WEBアリーナ

クレジットカード払いにすれば長期割引により月額1361円から利用できます。NTTコミュニケーションの国内データセンタ収容。 セキュリティ対策が豊富で、サーバー稼働率100%を設定しているのも魅力です。
個人向けにはマルチドメインやワードプレス簡単インストールが利用できるのがうれしいですし、 法人向けとしても332万人利用しているグループウェア「デスクネッツ」ことがポイントです。 上場企業から官公庁まで幅広く導入されている信頼度の高いサーバーが利用できます。以前は3000円ぐらいしたレンタルサーバーです。

WebAERNA SuiteXの詳細はこちら。

ヘテムル

ヘテムル

以前まではそこまで注目していないレンタルサーバーでしたが、ここ最近はエックスサーバーと同様に一押ししたいレンタルサーバーになっています。 大容量128GBメモリ/Xeon20コア以上のCPU搭載し、ストレージにはSSDを採用しほぼ1000円台のレンタルサーバーの中では最も高い性能を誇っています。 マルチドメインは無制限、データーベースは70個まで作れますのでワードプレスも70個作れます。GMO系列のレンタルサーバーの中では1番おすすめできるレンタルサーバーです。

ヘテムルの詳細はこちら。

mix host

mix host

2016年に新しく登場したレンタルサーバーがmixhostです。1300円ほどの月額料金ですが、他のレンタルサーバーにはないサービスで稼働率100%を誇ります。 搭載OSとしてLitespeedを採用するなど、技術革新にいそしみのないレンタルサーバーです。 管理画面はCパネルとなっているのである程度、レンタルサーバーに慣れた方がコストパフォーマンスの良いサーバーを探しているときにおすすめしたいレンタルサーバーになります。

mix hostの詳細はこちら。

大塚商会アルファメールダイレクト

アルファメール

当サイトでしばらく人気No1だった大塚商会のアルファメールダイレクト。こちらも月額1000円台で利用することが出来ます。 ドメインやレンタルサーバーの契約切れの際には、電話で連絡を入れてくれますのでまず契約更新を忘れるということがありません。 利用中は取得費用だけでなく更新費用も含めてドメイン料金が永久無料になります。 長期割引でサーバー料金が最大15%オフに。 14日間無料お試し体験あり。

大塚商会アルファメールダイレクトの詳細はこちら。

WADAX

wadax

超高速ストレージSSDを採用しているのがWADAXです。この価格帯でSSD採用しているのはまだ数社しかありません。 セコムのセキュリティを導入していてDos攻撃や不正侵入にも対応してくれます。 新機能のiphoneアプリでスマホからも更新が可能になっています。

稼働率99.9%!「WADAX」の詳細はこちら。

GMOクラウド

GMOクラウド

ミニ・レギュラー・プロと3種類のサービスがありミニでは1年の長期割引で最低価格がなんと943円に。 容量200GBと十分な容量になっています。 オプション1500円でテンプレートからホームページが作れるサービスも始まっています。

GMOクラウドの詳細はこちら。

グーペ

グーペ

「ホームページは欲しいけど自分では作れない・・・」。 そんな風に感じている自営業やお店を持っている方におすすめなのがグーペです。
webサイトビルダーなので既にデザインがテンプレートで決まっているためHTML、CSSの知識まったくなしで作成OK。 クリックとテキスト入力というワードに近い感覚でホームページが作れます。

グーペの詳細はこちら。

CPI

CPI

一歩進んだ本格的なweb作成におすすめのレンタルサーバーです。 料金は月額3800円からと当サイトで紹介しているサーバーの中では高くなりますが、 WEB制作会社が使うようなテストサーバー環境がかんたんに作ることができるサービスがあります。
個人向けというよりかビジネスや会社用に向いています。 神奈川県などの公的機関からサントリーなどの大手企業にも採用されているサーバーが3000円台から利用できます。

CPIの詳細はこちら。

月500円のプランが人気「格安レンタルサーバー」の紹介

ロリポップ

ロリポップ

レンタルサーバーと言えばロリポップを思い出すぐらい、人気のレンタルサーバーです。 格安サーバーとしていち早く定着しているロリポップ。 ”ナウでヤングなレンタルサーバー”のキャッチコピーはあまりにも有名です。

ロリポップの詳細はこちら。

スターサーバー

スターサーバー

月額250円から利用できる格安レンタルサーバーです。 マルチドメイン対応で容量も50GBまで利用可能。メールアカウントの利用もできますし、 ワードプレス簡単インストールも出来ます。

スターサーバーの詳細はこちら。

レンタルサーバーと合わせて契約したい「ドメイン業者7社」

お名前.com

ドメイン業者として1番契約数が多くシェアを持っているのが「お名前.com」です。シェアNo1で最大手となります。 取り扱っているドメインの種類も多く、まとめて取得すると割引もしてくれます。 常に何かしらのキャンペーンをしている点や、ドメインオークションなどもありサービスが多様なのが魅力です。

シェアNo1!「お名前.com」を詳しく

ムームードメイン

「お名前.com」と同じくGMO系列のドメイン会社です。 格安レンタルサーバーのロリポップと提携しているため、「ロリポップ」+「ムームードメイン」のセットで契約をすると ネームサーバーの設定が簡単にできます。

ロリポップの系列「ムームードメイン」を詳しく

スタードメイン

スターサーバーを運営するネットオウル社のドメイン版になります。 ドメイン料金の20%がポイントとしてもらえ、ポイントはサーバー代などにあてることが出来るので サーバーとドメインをセットで契約すれば、実質的に1番最安値で利用できるドメイン業者になります。

管理画面がとっても使いやすい「スタードメイン」を詳しく

エックスドメイン

シェアNo1の人気レンタルサーバー「エックスサーバー」のドメイン版がエックスドメインです。 ここ最近ではエックスサーバーを契約するとエックスドメインでドメインが無料でもらえるキャンペーンを展開しています。 (※現在は中止)

無料レンタルサーバーの機能が増える「エックスドメイン」を詳しく

FC2ドメイン

無料ブログサービスなどで有名なFC2が展開するドメイン会社です。 以前は「.com」料金が年間910円でしたが、現在は1080円となっています。それでも最安値となっています。

.comが1番安い!「FC2ドメイン」を詳しく

ゴンベイドメイン

海外ドメインも含めて1000種類以上のドメインを取得できるのがゴンベイドメインになります。 ドメイン業者のなかでは最も多くのドメインの種類を扱っている会社となっているので、 単語が1フレーズのキーワードなど、なかなか取得できないドメイン名を登録したい方におすすめ。

ドメインの種類1000種類以上「ゴンベイドメイン」を詳しく

バリュードメイン

10年ぐらい前にはその安さで一部の利用者で熱狂的に知名度が高かったのがバリュードメインです。 最近になって他社も安くなってきたため影が薄れていますが、当時は大変お世話になった会社です。 現在はGMOグループの一員になっています。

元祖ドメイン会社「バリュードメイン」を詳しく

名づけてねっと

NTTPCコミュニケーションズが運営するドメイン会社です。 NTTPCはレンタルサーバー「WebAERNA SuiteX」も運営しておりましてサーバーと同時に申込みをするとドメイン1年間無料・サーバー3ヵ月無料になります。

NTTPCコミュニケーションズ運営の「名づけてねっと」を詳しく

ドメインとは

レンタルサーバーとは

目次

特集

カテゴリー


【サイト内検索】