メールアドレスの取得・作り方

会社や法人用にメールアドレスを取得したいと考えたら。

「仕事用に自分のメールアドレスが欲しい・・・」

「会社で使うメールアドレスが10人分欲しい・・・」

新しく会社を立ち上げたり、今後は仕事でホームページやメールを使っていくことになった。 なんて場合には会社や法人の専用メールアドレスが必要ですよね?

そんな時に新しくメールアドレスを取得するには、どうしたらいいのか?メールアドレスの作り方について説明したいと思います。

仕事用のメールアドレスを持つ方法3つ

まず、会社用や仕事用のメールアドレスを取得する方法ですが、主に3つの方法があります。

最も一般的と言えるのが「独自ドメイン」を取得してメールドレスを作成する方法です。 「独自ドメイン」+「レンタルサーバー」を契約して、自分の考えたドメイン名で専用メールアカウントを作ることになります。

2つ目が今最も人気のフリードメインになっている「Gmail」でメールアドレスを取得する方法です。

Gmailは基本的には「※※@gmail.com」というGoogleから発行されるアドレスを使用します。 Gメールでは独自ドメインの取得も可能なので、Gメールの機能を使いつつ「※※@company.com」のような自分専用のアドレスを持つことも可能です。

3つ目がここ数年で新しく登場してきた「激安メールサービス」を使う方法です。月額40円ほどで利用できます。

「独自ドメイン」と「レンタルサーバー」でメルアドを持つのが最も無難

結論から言うと、個人的にはドメインは「お名前com」、レンタルサーバーは「エックスサーバー」というような形で、メールアドレスを取得・管理するのが 1番無難だと思っています。会社のメールアドレスとして使うわけですから、レンタルサーバーを選ぶ際にはあまり激安のところは使わず安定性のあるところにしてください。

これら3つの方法について詳しく説明してみたいと思います。

方法1.「独自ドメイン」を取得してメールアドレスを作る

たとえば私はこの「ドメイン取得への道」を運営していますが 「domain-srver-study.com」というドメインを取得して、 レンタルサーバーを契約して 「info@domain-easy-study.com」という専用アドレスをもっています(^^

このメールアドレスは独自ドメインを持っている人のみ作成できるものです。 つまり誰にでも取得できるものではありませんのでフリーアドレスではありません。 ですから、これなら仕事用のメールアドレスとして名刺に記載しても大丈夫ですし、お客さんや取引相手との連絡もばっちり使えます。

多くのレンタルサーバーではメールアカウントを100や200作成できますので、 社員などが増えてもメールアカウントも人数分増やすことができます

作成したメールアカウントを「アウトルック」などのメーラーに設定すれば、その時点でメールが使えるようになります。 また「Gmail」でもレンタルサーバーで作ったアカウントを設定することが出来ます。 その他にもメーリングリストやWEBメールの機能がついていたりします。

メールアドレス作成におすすめの会社は?

そうすると、次に考えるのは「どこのドメイン会社とレンタルサーバーで登録すればいいだろうか?」ということになりますが 個人的にメール運用のみならずホームページ運用でも、おすすめのレンタルサーバーとドメイン会社は、 まずレンタルサーバーなら「エックスサーバー(月1000円ほど)」。 ドメイン会社であれば「お名前.com」が最もベタな組み合わせでおすすめだと思っています。

実際に2つとも私も使っている会社で、どちらもドメイン会社とレンタルサーバーの会社としてシェアNo1の会社になっているのが おすすめする理由になります。 登録する会社を比較されるとき、最終的にこの2社に落ち着く人がとても多いと思います。機能が豊富でコストパフォーマンスが良いからです。

ちなみにエックスサーバーでは法人向けに「エックスサーバービジネス」というサービスも展開しています。 こちらはメルアド管理担当者がいなくとも各種設定や移転などを代行してくれるサービスつきになっています。

エックスサーバービジネス (月3000円台)・・・設定の無料代行に安全バックアップ機能。 その他メールアカウント無制限&WEBメール機能もあります。

方法2.Gメールを使う

10年ぐらい以前であれば会社のメールアドレス管理は「Outlook」を使うところがほとんどでしたが、 最近ではGメールが人気になっています。 個人でもフリーメールとして簡単にメールアドレスが取得できるので人気になっていますし、 ビジネスの場面でも利用シェアを伸ばしています。

独自ドメインとも紐づけられるので、Gmailを使用しながら独自ドメインでメールのやり取りができます。 そのため対外的にはgmailを使っているとはわかりません。

会社用の場合は独自ドメインの取得をおすすめしますが、 フリーランスであれば、独自ドメインを取得しないでGmailで発行されるアドレスをそのまま使ってしまっても良いかもしれません。 それであればメールアドレスにかかる費用は0円ですみます。

Gmailはパソコンやスマホなど各デバイスにインストールする手間がありませんので、どのパソコンやスマホでもGmailにログインすれば自分のメールを見ることができる点が強みです。 (※参考)「Gメールを徹底活用!」

仕事用メールアドレスとしてGmailを選択するか、アウトルックなどのメーラーを選択するかは個人や経営者またはメール管理者の判断になります。

Gmailで独自ドメインを使うとしても「Gsuites」か「ドメイン会社」でドメイン取得が必要。

Gmailで独自ドメインを使うとしても、結局のとこの「ドメイン会社」+「レンタルサーバー」での契約が必要になってきます。

2018年からはGmail(Gスイーツ)でも独自ドメインを取得できるようになりました。 2018年冬時点では「.jp」や「.co.jp」は取得できないなど制限もありますが、Gmail単体でも独自ドメインが登録できるようになっています。

方法3.「お名前メール」など激安メール作成サービスを利用する。

3番目に紹介したいのが「お名前メール」や「ムームーメール」などドメイン会社が提供する激安メールサービスです。

例えばお名前メールであれば月額なんと40円から独自ドメインを利用することができます(ドメイン料金は別途かかります)。 レンタルサーバーを利用した場合は、月額500円~1000円ぐらいが目安なので、それに比べてかなり安くメールを運用することが出来ます。

容量10GBを使い切った場合は上位プランとして、お名前.comのレンタルサーバー「お名前レンタルサーバー」を選択することになります。

ビジネス利用として適しているのかはまだ不透明ですが、月々100円ほどでメールアドレスが持てることになります。

メールアカウントを作成する方法のまとめ

このようにメールアドレスを作成する方法にはいくつか手法がありますが、個人的におすすめしたいのは 「独自ドメイン」+「レンタルサーバー」でアカウント作成する方法です。

将来的に利用人数が増えレンタルサーバーを変更したい、専用のメールサーバーに移行したい。という場合でも(作業は大変だと思いますが)可能ですし、 管理や拡張性を考えたときに1番無難そう。というのがその理由になります。

会社用メールアドレスの作り方のポイント

(1)代表用と個人アドレスを分けて作りましょう。

従業員がいる会社であれば「代表用」と「個人用」のアドレスにわけてメールアドレスを作ってください。 個人事業だったり自営業ですと1人法人ということもあるかもしれませんが、将来的に従業員やアルバイトの方のメールアドレスも作成する場合もあると思います。 いずれにせよ代表メールと個人用アドレスとわけて作成したほうが、後々管理はしやすくなります。

また、個人アドレスのみで代表メールがないまま仕事を行うのと、代表メールを作成して仕事を行うのとでは対外的にも印象が変わってくると思いますので、 そのような理由からも作成をおすすめしておきます。

(2)代表メールの一般的な例は「info@company.com」

代表メールの作り方として一般的な一例としては「info」をつけて、それを代表メールにすることです。 私のサイトもやはりinfoをつけて「info@domain-easy-study.com」としています。

代表メールのつけ方に悩うようであれば「info」アドレスを使ってみてもいいと思います。

法人用のメールアドレスの例

契約するレンタルサーバーにもよりますが、メールアドレスは複数作ることが可能です。一例として下に作成アドレス例を紹介してみたいと思います。

  • info@company.com ←代表メールを1つ作る。
  • tanaka@company.com ←社員の田中さん用
  • satou@company.com ←アルバイトの佐藤さん用

メールアドレスはこのように「※※※@company.com」のように「※※※」の部分を自分で考え、 レンタルサーバーで設定して作成していくことになります。

(3)専用メールアカウントを作るための、料金はどれくらいかかるのか?

メールアドレスを取得して1年間利用するのにはドメイン費用とレンタルサーバー費用を計算する必要があります。

ドメイン費用やレンタルサーバー費用は契約する会社によって変わってきますので一概には説明できないのですが、当サイトで紹介している会社で説明してみたいと思います。

ドメイン料金「年間1,000円~3,000円」+レンタルサーバー「月額500円~1,000円」が目安

まずドメインの取得費用として「.com」なら年間1000円ほど、「.jp」なら年間3,000円ほどの料金がかかります。

そしてレンタルサーバーの料金として目安になるのが格安サーバーであれば月額500円、 ミドルスペックのレンタルサーバーであれば月額1000円ちょっと。というのが1つの目安になっています。

このようにメールアドレスを保有するコストを計算した場合 「ロリポップ」などの格安サーバーなら年間6,000円~7,000円、「エックスサーバー」などのミドルスペックサーバーなら 年間15,000円前後が目安となると覚えておいてください

フリーランスであればGmailのフリーアドレスでも問題ないことは前述していますが、年間6,000円程度の出費であればそこまでのコストではありませんので、 ドメインとサーバーを契約する価値はあるかと思います。

「.co.jp」でメールアドレスを1年間利用した場合はドメイン料金年間7,000円ほど。

法人だけがもてる「.co.jp」でドメインを契約した場合、と「.com」で取得した場合、どれくらいコストが変わってくるでしょうか? 実は年間コストとしては数千円の差で、ほとんど変わりません。

法人だけが取得できる「.co.jp」の場合のドメイン費用は「お名前.com」で1年目が3,780円、2年目以降が5,200円です。

「.com」は年間で1,000円ほどなので、大体1年間で3,000円~4,000円の違いとなります。

このように数千円の違いでしかありませんので、「.co.jp」取得までの手続きはおっくうですが頑張って取得してみてもいいかもしれません。
「.co.jp」の取得方法について

メール機能や料金はレンタルサーバーによって大きく変わる。

料金を考えた時、ドメイン費用はそこまで変わりません。 反対にレンタルサーバーは会社によってメール機能や料金が大きく違います。

格安サーバーなら月額100円からのプランもあります。メール専用サーバーなら月額数万円になることもあります。 そして機能もメールアカウントが無制限につくれるところもあれば、アカウントが20個ぐらいまでしか作れないところもあります。 このようにレンタルサーバーによって料金も機能もさまざまなので、ちゃんと比較して選ぶことが大切です。

「Outlook」?「Gmail」?どうやってメール管理をしていくかも大切

ここまではアドレスの取得方法や料金について説明してきましたが、仕事で日々メールアドレスを使っていくのに大切な点はどう管理していくかになります。 基本的には「Outlook」がビジネス利用では人気ですが、 外出先でも常にメールを把握したいという場合は「Gmail」の機能が便利です。

デスクトップでは「Outlook」を取り入れて、「Gmail」にはメルアドを登録してというように、 併用してメールを使っているというケースも多いと思います。 またグループウェアを導入して情報のやり取りをしている会社もあるわけです。

メールアドレスを取得したら、どのように管理していくのかも考えていきましょう。

質問Q&A

質問1:仕事として使うメーラーやサービスはどこがいいか?

フリーランスや個人事業では、Gmailが人気。

これからフリーランスや個人事業として仕事を始めていく場合、独自ドメインを取得してメールアドレスを作成するべきか、Gmailなどのサービスを使うべきか 迷われる方も多いのではないでしょうか。

結論から言うと、フリーランスなどの仕事用に使うメールアドレスであれば、Gmailがとても人気になっていますので、フリーアドレスでも問題なく仕事用として使っていけると思います。

また就職活動や転職活動で使うメールアドレスもGmailのフリーアドレスで十分でしょう。

個人事業などで独自ドメインによるメールアドレスが必要になるのは、 不特定多数のお客さんと仕事をする場合だと思います。

単純な仕事を引き受けるフリーランスであれば、自分でサービスを提供するわけではありませんのでGmailのフリーアドレスでも問題ないですが、 個人事業として何かを提供するということであれば、多くのお客さんとメールのやり取りが発生することになりますので、 その場合については独自ドメインでのメールアドレス作成をおすすめします。

会社用や法人用で人気なのはOutlook?Gmail?

フリーランスであればGmailで十分ですが、会社として考えたときGmailという選択はどうなのでしょうか? 実は、会社利用についてもGmailが人気になっていて、2018年にはOutlookの利用者を超えてきたというデータもあります。

Gmailを使うのか?Outlookを使うのか?非常に迷うところですが、どちらを選ぶかによって社員の連絡体系もかわってきますので、よく考えて決めましょう。

質問2:仕事用のドメインは「.com」がいいですか?「.co.jp」がいいですか?

もし、株式会社で専用メールアドレスを取得を考えているのであれば、少し手間はかかりますがおすすめは「.co.jp」でのドメイン取得です。 「.co.jp」でドメインを取得すればメールアドレスも「info@campany.co.jp」のように信頼性がありそうなメールアドレスで作成することができます。

一般の個人や自営業では「.co.jp」は取得できません。法人格だけが持てるアドレスです。 だから信頼性がますわけです。

だからと言って「.com」が信用性がないわけではありません。 法人でも「.com」でビジネスをしているところはたくさんあります。

「.co.jp」をおすすめはしておきますが、「.com」や「.jp」とは違い申し込みをしてすぐに取得することが出来ません。 法務局までいって会社の登記簿などをドメイン会社に提出する必要があります。

質問3:メールアドレスを人数分増やすことは可能なのか?

大体のレンタルサーバーではメールアカウントは50個や100個というように、かなりの数のアドレスが設定できるところが多いです。 無制限になっているところもあります。 ですから、問題なくメールアドレスのアカウントを追加することができます。

 1つ目:「info@campany.co.jp」←代表メールに
 2つ目:「aoki@campany.co.jp」←社員用
 3つ目:「sakamoto@campany.co.jp」←社員用

こんな風に1つ目は代表メールにして
2つ目は社員の青木さんに。3つ目はこれも社員の坂本さんに。

なんていう形でメールアドレスを作ったり出来るわけです。

メールアドレスを作成できるアカウント数はサーバー会社各社によって違ってきますので、サーバー契約の際にはその会社の公式ページで しっかりチェックしておいてください。。

質問4:メール専用のサービスはどうなの?

以前はなかったと思うのですが、実はここ数年のあいだに「メールアドレスだけ欲しい」という方の希望にこたえて 専用のサービスが登場しました。「お名前メール」を皮切りに「さくらインターネット」などいくつかのサーバー会社が同様のサービスを展開しています。

レンタルサーバーの契約が必要なく、月額100円程度なのでコスト的にもとてもお得になっています。

ホームページサービスを利用しないでメールだけの専用サービスになっているため、この低価格で利用することができるようになっています。

質問5:メール容量が足りなくなったらどうすればいいのか?

質問4で紹介した激安メールサービスですが、1つ問題があるとすればそれはメール容量の問題になります。 例えば月40円のお名前メールでは容量が1GBとなっています。これはテキストメールだけであれば使い切るのに十分な容量になりますが、 画像やエクセルデータなど添付ファイルのやり取りが発生するような場合だったり、複数人でメールアカウントを作成する場合は人数分の容量が必要になります。

容量の1GBや、その上院プランの10GBを使用しきった場合、例えばお名前メールの場合は、自社のレンタルサーバーサービスである お名前レンタルサーバーへの切替えとなります。つまり最終的にはレンタルサーバーに加入することになります。

メールアドレスを持つ基本は「レンタルサーバー」と「独自ドメイン」の2つ。

このように会社用や仕事用のメールアドレスを作るとなるとドメイン会社で独自ドメインの取得、それにプラスしてレンタルサーバーでの契約が必要になります。

繰り返しになりますが、個人的におすすめしているのは 「お名前.com」でドメインを取得して「エックスサーバー」のくみあわせになります。 どちらも人気の会社になっていてシェアNo1になります。

また、実際にレンタルサーバーの管理画面でメールアドレスの作る方法についても手順を解説していますので参照してください。

メールアドレス作成におすすめのレンタルサーバー

サイト名特徴
WebARENA SuiteX
WEBアリーナ
WebARENA SuiteXの詳細★★★★☆
WebARENAはNTTコミュニケーションズ運営でNTTグループとしての法令遵守と高い倫理観。 そして18年以上、10万件にもわたる運営のノウハウが蓄積されています! 容量は大容量の300GBにマルチドメイン対応。無料の電話サポートや24時間365日の有人監視体制でサポート&セキュリティも安心。 料金は月額1361円と1000円台での利用が可能となっています。 さらにレンタルサーバーではこちらやCPIなど数社だけが採用している『サービス稼働率100%』を保証してくれるサーバーになります。
ヘテムル
ヘテムル
ヘテムルの詳細★★★★★
知名度はそこまで知られていないもののエックスサーバーと同等もしくはそれ以上のサーバースペックを持つ隠れたおすすめサーバーがヘテムルです。 ストレージはオールSSD(HDDの30倍以上の速度)で、マルチドメイン無制限にワードプレスかんたんインストール機能、 電話サポートに独自SSLに自動バックアップ。とほぼ求める全ての機能を持ち合わせています。 これだけの機能でありながら料金は月額1100円から長期契約で800円まで値下がりします。 個人的に気に入っているのがヘテムルの管理画面で、最も管理画面が使いやすいレンタルサーバーだと言えます。
エックスサーバー
エックスサーバー
エックスサーバーの詳細★★★★★
クチコミで人気のエックスサーバー。クチコミだけでなく実際にシェアNo1となっているレンタルサーバーです。 人気の理由は機能の高さと料金の安さを兼ね備え、コストパーフォーマンスにすぐれている点です。 オールSSDにマルチドメイン無制限、自動バックアップだけでなく、 「HTTP/2」や「FastCGI」などの技術によりwebサイトの表示や動作を高速化してくれて稼働率も99.99%と安定度の高いレンタルサーバーです。 料金は基本1200円で長期割引により900円まで値下がりします
mixhost
cpi
mixhostの詳細★★★★☆
2016年設立ながらもエックスサーバーやヘテムルと同等のサービスと料金で一部人気を博しているのがmixhostです。 マルチドメイン無制限に無料独自SSLやワードプレス簡単インストールなどはもちろんのこと、 最も特徴的なのが突発的なアクセスの増加でも止まることなく柔軟に対応してくれる機能をもちあわせていることです。 データセンターも東京都内にあり非常にすぐれたサーバースペックとなっています。 料金は基本料金が1380円。長期割引で880円まで値下がりします。
CPIレンタルサーバー
cpi
CPIレンタルサーバーの詳細★★★★
KDDIグループが運営し、コーポレートサイトやキャンペーンサイトなど法人利用が90%を超える ビジネス向けのレンタルサーバーがCPIです。 マルチドメインやデーターベース無制限もさることながら、 「SmartRelease」ツールによりテスト環境の構築や高頻度の自動バックアップシステムなど より安全に運営するための環境が整っています。 料金は基本料金が4400円で長期割引によって最大3800円まで値下がりします。 また、サーバー移転の代行サービスなども行っています。
WADAX
WADAX
WADAX★★★★
大手インターネット会社のGMOが運営するサポートとセキュリティに定評のあるレンタルサーバーです。 年中無休の電話サポート、セコムのセキュリティ診断サービス、サーバー移転代行サービスなどがあります。 マルチドメインは最も安いプランでは未対応となります。 料金は基本1299円となり長期割引で1188円まで値下がりします。
GMOクラウド
GMOクラウド
GMOクラウドの詳細★★★☆
ミニ・レギュラー・プロと3種類のサービスがありミニでは1年の長期割引で最低価格がなんと943円にと価格を抑えたサーバーになっています平日10:00~18:00の電話サポートもついていて十分なサポート体制となっています。 管理画面はかなり癖がありマルチドメインの追加などは電話サポートとの連携が必要だと思います。 複数人数で管理するための設定などもできて運営者が複数いた場合でも権限委譲などができます。
ロリポップ
ロリポップ
ロリポップの詳細★★★★
最も安いプランでは100円から利用できる格安レンタルサーバーの代名詞的な存在がロリポップ。 100円のプランではマルチドメインやワードプレスは利用できないため600円のスタンダードプランがおすすめです。 スタンダードプランではマルチドメイン100個、データーベース30個となり実質30個のワードプレスサイトを作成することができます。 スタンダードプランの料金は基本料金600円で長期割引により500円まで値下がりします。
スターサーバー
starserver
スターサーバー★★★★
格安レンタルサーバーでロリポップと肩を並べるのがスターサーバーです。 最も安いプランは月額126円となりマルチドメインが20個使えますがデーターベースがこのコースでは利用できないため、 おすすめはマルチドメイン無制限、データーベース20個となるスタンダードプランになります。 スタンダードプランの料金は基本料金600円。長期割引で500円まで値下がりします。 2週間のあいだ無料お試しをすることが可能です。
グーペ
goope
かんたんホームページ作成グーペ★★★★
「かんたんにホームページを作りたい」とホームページ作成の難しい知識がなくともクリック感覚でお店や個人のサイトを作れるのがグーペです。 レンタルサーバーの機能も備えていて豊富なデザインテンプレートだけでなんく予約機能やフォトアルバム、地図までかんたんに作れてしまいます。 最も安いコースは月額1000円の通常コースになりますが、DXコースも月額1500円が長期割引で1000円まで値下がりするためDXコースがおすすめです。

ドメインとは

レンタルサーバーとは

目次

コラム

カテゴリー


【サイト内検索】