ドメイン取得への道

ドメイン取得への道

登録ショップが5万店を超える「カラーミーショップ」を解説

【キャンペーン】
料金 フリープランあり
初期費用:0円、月額料金:0円
テーマ 80種類
販売コスト 6.6%(フリープラン)+30円
4.0%(有料プラン)

カラーミーショップはGMOインターネットが管理するネットショップ開設サービスになり、これまでに40,000店を超えるショップが登録しています。 無料プランと2つの有料プランがあり、最初は0円で始めることが出来るのが特徴になっています。

無料プランがあるネットショップ開設サービスには「BASE」「Stores」などの競合サービスがありますが、カラーミーショップの場合は 販売額が増えてきたら無料プラン(販売コスト6.6%)から有料プラン(販売コスト4.0%)に切り替えることが出来るため、将来的にもコストを抑えられる点が特徴になります。

テーマは80種類、デザインの変更や修正も簡単に出来ます。

カラーミーショップの特徴である「無料プランあり」「有料プランへの切り替え可能」という特徴から考えると、 これから初めてネットショップを開設する方、テーマの種類が多いサービスを探している方、サポートを日本語で受けたい方に 向いているサービスだと言えます。

カラーミーショップ公式

カラーミーショップのここがすごい!

フリープラン(月額0円)なので無料で始めることができる

カラーミーショップの登録店数は5万店にもなり、これはMakeshopやstoresを抑えて有料プランでのショップ数としては、最も多い店舗数になっています。 (無料プランも含めた場合はBaseの150万が最多)。

2020年に入りフリープランも登場し、無料でネットショップを作れるようになりました。

操作はかんたんで400種類のアプリを設置できる

ネットショップの開設は簡単で、誰でも1日もあればネットショップを作ることが出来ます。

さらに連携アプリは400種類にも及び、様々なことがアプリの設置だけで出来るようになっています。

カラーミーショップのここが気になる

フリープランだとページ登録できる素材の数が少ない

カラーミーショップのウィークポイントは2つあります。

まず、フリープランの場合、各ページに登録できる素材の数が5つまでとなります。1つのページにつき5つの素材でしかアピール出来ません。

BASEやSTORESなど、競合他社については20素材まで、もしくは無制限となっているため、素材をたくさん作り商材の紹介が可能になっています。

有料プランに切り替えることで、ページあたりの素材数の制限は多くなります。

カラーミーショップの料金について

カラーミーショップには月額料金が0円のフリープランと、月額料金が3,300円(レギュラー)と7945円(ラージ)の3つのプランがあります。

フリー レギュラー ラージ
初期費用 0円
月額費用 0円 3,300円 7,945円
販売コスト 6.6%+30円 4.0% 4.0%
販売コスト

販売コストについてはフリープランと有料プランで2種類のコストにわかれます。

フリープラン:6.6%+30円
有料プラン:4.0%

メリットとデメリット

【メリット】無料から始められ、将来的にコスト負担が減らせる

カラーミーショップのメリットは無料プランと有料プランの2種類に分かれていること。

初期費用を抑えるために0円でネットショップを開設できますし、規模が大きくなって販売コスト(6.6%+30円)の負担が増えてきたら 有料プランに切り替えて、販売コスト(4.0%~)を減らすことで将来的なコスト増にも対応できます。

このように最初に0円で始められて、将来的なコスト増加に対応できるのはカラーミーショップとStoresの2社になります。

【デメリット】無料プランの内容が気になる

無料プランの場合、1つの商材につき登録できる素材が5枚までとなっています。有料プランの場合は50枚まで登録できます。 また、利用可能なフリーページも10ページと少なくなっています。

カラーミーショップが向いている人

1.低価格の有料プランでEC構築サービスを探している人
2.フリープランから始めたい人

カラーミーショップ公式

競合サービス

BASE

フリープランのみ展開していて、登録ショップ数が150万を超えている人気のEC構築サービス。0円から始めたい場合は「BASE」「カラーミーショップ」 「Stores」の3サービスから選びましょう。

BASE

Stored

フリープランを展開するEC構築サービスでは最も販売コストが低いプランになっている。そのため販売額が多くなった場合、 コストが抑えられる。

Stores

各社解説

特集