ドメイン取得への道

ドメイン取得への道

誰でも簡単にホームページを作れる!シェア急増のwebsiteビルダーとは?

ホームページが簡単に作れるサービスをご存じでしょうか?WEBサイトビルダーと呼ばれるサービスがあって、 WIXやグーペなど様々なWEBサイトビルダーが存在しています。

当ページでは誰でも簡単にホームページを作ることができるWebサイトビルダーについて、サービスの内容や特徴などを詳しく解説しています。

ホームページ簡単作成サービス「Webサイトビルダー」とは?

Webサイトビルダーは、誰でも簡単にマウス操作だけでサイト構築ができるようになっています。

ソフトではないのでインストールすることもなく、サービスに加入したらIDとパスワードだけを管理して、 WEBブラウザから管理画面に入って操作するだけでホームページが作れます。

スライダーや予約表、マップ画面など、本来であれば開発が必要になってくるページでも、簡単に設置ができます。

そのため、WEB制作企業が作ったサイトの7割ぐらい似たようなホームページが、始めて作る人でも作れてしまうのが特徴になります。

テーマの選択とマウス操作でホームページが作れる

WEBサイトビルダーでは、たくさんのテンプレートが用意されているため、用途にあったデザインテーマを選べば その時点である程度のサイト構築ができています。

あとは、選んだテーマの内部的な部分を作りこんでいくだけ。カテゴリーのナビゲーションや、色、内部のデザインを 文字を入れたり、デザインをマウスで選んだりしながら作っていきます。

構築に関してはHTMLの知識は必要ありません。基本的には用意されているものを選択していくことだけで作りこんでいけます。

スライダーや予約など、様々な機能もかんたんに設置できる

さらにWEBサイトビルダーでは、デザインを構築していくだけでなく予約表やスライダーなど開発要素が必要な部分も 簡単に実装できるようになっています。

これもデザインテーマを選ぶのと同じように、提供されている物を導入するだけなので、実装に対して難しい知識は求められません。

スライダーの素材を作ったり、予約表の管理は自分ですることになりますが、ある程度学習コストをかければ誰でも設置できるほどまで 簡単になっています。

ワードプレスとの違いは?

同じようなサービスにワードプレスと呼ばれるサービスがあります。

「ワードプレス」と「WEBサイトビルダー」。どちらも簡単にホームページが作れるサービスであることには変りありませんが、得意とする部分が違います。

WEBサイトビルダーは「デザイン・機能設置」、ワードプレスは「記事量産」が得意

WEBサイトビルダーはデザイン面を作ったり、各種機能を設置するのに適しています。

一方でワードプレスは記事を量産してSEOでアクセス数を増やすのに適しています。

そのため、メディアサイトやアクセス数を増やしたい用途のサイト制作に、ワードプレスは向いています。

  • webサイトビルダー:デザイン構築、予約表などの機能設置が簡単
  • ワードプレス:記事量産、SEOが得意
WEBサイトビルダーはコーポレートサイト・お店のサイトに。ワードプレスはメディアサイトに向いている。

会社のコーポレートサイトを作る用途や、美容院・飲食店・クリニックなどの店舗型サイトを作る場合は、 デザインや予約表などお店の管理に特化したサイトになります。

この場合、ワードプレスより WEBサイトビルダーの方が適しています。

反対に記事を量産したい、アクセス数を増やしたい場合はワードプレスが向いています。

各社解説

海外企業のサービス

日本企業のサービス

特集