無料でWIXを使ってみました。

WIXを徹底レビュー:2018/07/09更新

WIXは誰でもかんたんに無料でホームページが作れるということで、人気になっているサービスです。 HTMLやCSSの理解が0でも、誰でもホームページを本当に作れることができます。 おしゃれなテンプレートが沢山用意されているので、テンプレートを選ぶだけである程度のものが出来上がってしまうのも魅力です。

無料でかんたんに作れるWIXの凄さ

誰でも、かんたんに作れるということで実際に作ってみたのがこちら(「美容室WIX」)。 スマホ表示は確認していませんが、PCで見ると少なくともそれなりの出来に見えます。

美容院のホームページ作成thewix

使ってみての感想ですが、本当にかんたんに作れてしまったというのが率直な意見です。 デザインもセミプロレベルに近いものができますし、HTMLでホームページ作成に挫折していた方にとっては、とても素晴らしいサービスです。

WIXの利用を検討している人には見栄えの良いポートフォリオサイトや、 店舗のホームページなどを作りたい。と思っている人が多いのではないかと思います。

そこで今回は実際に自分が作ってみて感じたWIXの特徴や感想を、 ワードプレスや無料ブログなど他のサービスとの比較を交えながら説明していきたいと思います。

1.WIXの料金について

その1.料金

無料コース ドメインコース コンボコース 無制限コース Eコマース
0円 416円 841円 1267円 1641円
広告あり 広告あり
ドメイン× ドメイン〇 ドメイン〇 ドメイン〇 ドメイン〇
500MB 500MB 3GB 10GB 20GB

WIXには無料コースがあります。多くの方が無料コースを使っていると思いますが、有料コースもあります。 無料コースと有料コースの1番の違いは広告がでるかどうかです。 無料コースを使った場合はPC・スマホともに画面に広告が表示されることになります。

広告を削除したい場合は、月額841円のコンボコース以上への有料登録が必要です。 またドメイン接続コースといって独自ドメインを使うだけの有料コース(月額416円)もありますが、 このコースだと広告は消えません。

メールアカウントの利用やWHOIS情報への登録も有料となります。

WIXで有料利用したい場合に注意しておきたい点がオプションの料金になります。 whois情報を登録したい場合ですが年額で約10ドル。メールアドレスを登録する場合は月額利用の場合600円かかります。 ドメインはコースによって1年間や2年間の無料のサービスがつきます。が、翌年度以降は1500円前後とられることになります。

「WIXでしっかり運営したい場合、実際どれくらいの料金がかかるのか?」という点が気になるところだと思いますので、 一般的な利用方法のイメージとして小規模法人のコーポレートサイトや、美容院や飲食店などのお店のホームページを例にとって考えてみます。

この場合、広告は外したいと思いますのでコンボコースを選択する人が多いと思います。 そこからお店のメールアカウントを取得したいのでメールの利用と、WHOIS情報も代理登録もお願いしたとします。 1年間の料金はコンボコース1万800円、メール7200円、whois代理登録1000円で合計1万7500円となります。1ヶ月でわると月額1450円ですね。

メールアカウント WHOIS情報登録 独自ドメイン
月額600円
年額417円 年額約10ドル(約1100円) 1年契約1700円/2年契約1500円/3年契約1366円(.com)

広告なし&ドメイン&メールの利用で月額が1500円のイメージ。

ということで、お店や会社のホームページを独自ドメインあり&メールアカウント1つでサイト運営をした場合、1番安いコンボプランでざっくり月額1500円ぐらいかかると考えていたほうが良さそうです。 1年間のドメイン無料後は、ここに年間1500円がプラスされることになります。

公式サイトでは、この辺りのオプション料金のことがはっきり書いていないので有料登録するまで、わかりづらいところがあります。

ドメインは他社のものを設定可能ですが・・・。

独自ドメインはWIXで取得しなくとも、例えばお名前.comで取得しているドメインを設定することができます。 またメールアカウントについても設定が可能になっています。(外部で購入したメールの接続)。 この場合、MXレコードなんかも設定しないといけないので設定の難易度は高めになっています。

無理をすれば設定をして安くすませられますがメール設定の難易度や管理の問題もあり、個人的にはそのままWIXでドメインとメールを登録したほうがいいんじゃないかと思っています。

2.WIXその他の機能について

デザインに富んだテンプレート

WIXの売りはかんたんにホームページが作成できる。ということでデザイン性に富んだHTML5のテンプレートがたくさん用意されています。 検索をしてもたくさんのテンプレートが出てきて数百種類のテンプレートが用意されているそうです。

テンプレートのデザインも、かなりハイクオリティなものが多いです。美容院や飲食店などお店で運営するホームーページや、 会社のコーポレートサイトとしても十分すぎるほどの凝ったデザインのテンプレートがあります。

WIX内で既に用意されている画像も多くあり、フォトリアなどの素材サイトの画像と組み合わせれば、より魅力的なホームページを作ることができます。

wixのテンプレート

操作性や重さについて

重い、重いということで気になっていたWIXのツールの操作性ですが、確かに重いときもあります。 例えば画像を配置したいと思ってクリックして移動させようとするのですが、1秒ぐらいの待ち時間がかかったりします。 この点はもどかしいです。

しかし、それ以上にツールが良く出来ています。画像の大きさを変えるのはマウス操作だけで出来ますし、 アニメーション効果としてスライドを入れたり、 フレーム処理をして枠を作ったりなんてこともボタン1つでしてくれます。 アニメーションやフレームの種類が多いのも魅力で、選んでボタンでクリックしておしまいです。

文字の入力にしても大きさ、書体、そしてドロップシャドウなどのデザインパターンもいくつも用意されていてとてもカンタンです。ボタン1つです。

この作業をHTML、CSS、フォトショップなんかを駆使して作るとなると本当に大変というか、 1か月ぐらいかかりそうなサイトを、ボタン1つの処理で出来てしまったのには驚きました。 しかも知識はそこまでいらないので、誰でも作ることができます。

マルチドメインや複数メールアカウントの作成には向いていない

マルチドメイン メールアドレス バックアップ
ありません 無制限(1アカウント月600円) 手動で複製可能

WIXはエックスサーバーなどが提供しているようなマルチドメイン機能はもっていません。そのためドメインを1つ取ったら運営できるサイトは1つになります。 またメールアカウントも幾つも作ることはできますがアカウントごとに月額600円かかるので、複数の社員やメンバーでアカウントを作って仕事をする。というのにも向いていません。

個人のポートフォリオサイトだったり、お店でもメールアカウントは1つで充分、またはメールは別管理する。といった使い方がいいかと思います。

バックアップは手動でサイト複製で対応

サイトデータのバックアップに関してはWIX内の機能から「手動」でサイト複製を作ることで対応する形になっています。 データをどこかに保存するというよりは、同じものをもう1個作って、もし元のサイトがダメになったらコピーしたものを使ってね。ということです。

FTP接続などもできることは出来るようですがサポートフォーラム上でもあまり詳しいことが書いていないため、非推奨と思われます。

3.WIXを使ってみての感想

その1.利点は「とにかく簡単でクオリティが高い」こと。

WIXのメリットは、なんと言っても本当に簡単に見た目のクオリティが高いホームページを作れるということに尽きると思います。 実際にWIXを利用しましたが2時間ほどでフルスクリーンのおしゃれなサイトが作れてしまい驚きました。

まったくの初心者の方でも覚えることは「どのボタンにどのような効果があるか」といったことぐらいで良いので、 1週間~2週間あれば相当のものが作れると思います。 そういった意味で個人のポートフォリオサイトや中小企業や店舗などのお店のホームページには向いていると思いました。

飲食店などで公式のホームページを作っていないところも多いと思いますが、とりあえず作っておきたいという場合は WIXの無料版は適しているような気がします。

その2.難点は「サイト以外の管理」のわかりづらさ

今回、自分で作ってみて1番感じたデメリットは、メールアドレスの管理だったりするところです。 これは有料版で使って、ドメインやメールアドレスもWIXで使いたいというときの話です。

正直、WIXでメールアドレスの複数アカウント管理は向いていない&コストがかかる(と勝手に思っているので)、 商用で複数メールを使うケースでは若干の不安があります。

会社のコーポレートを作った場合で社員も複数いてメールアカウントをいくつか作りたい。 となった場合「メールの運用はどうするのかな?WIXで運用するの?」と感じる点はあります。 あくまでも、デザイン用のホームページを作るのにWIXを使い、連絡用のメールアドレスなどは別途用意したほうがいいです。

まとめ

結論として、WIXのサイト作成ツールとしての性能は破壊的なもので、本当に経験0の初心者の方でもセミプロレベルに近いデザインのサイトが作れます。それも簡単に。 「テンプレート」を選んで、無料素材サイトなどでしっかり写真や素材を選べば、1~2週間で十分なホームページができあがります。

私が考えるWIXの利用に適しているのは次のような方です。

  1. 会社のコーポレートサイトを作りたい人
  2. 美容院や飲食店などの店舗サイト
  3. キャンペーン時に広告用のページを作りたい人

WIXはおしゃれなページ、写真や画像を使って見た目にわかりやすいページの作成にとても優れています。 ですから美容院や飲食店などの店舗用のサイト、また企業のコーポレートサイトの作成ツールとして最適です。 ホームページ作成が初めての方や、いきなり任されてしまった人でも十分なものを作ることができると思います。

料金体系のわかりづらさや、サポートが不十分な点はありますが、デザイン性に優れたホームページを作りたい。という方にとってはWIXは最適じゃないかと思います。


他のかんたんホームページ作成サービス

WIXと似たようにかんたんにホームページが作成できるサービスとして「グーペ」や「ジンドゥー」があります。

グーペなど近似サービスとの違いは使ってみて判断

どちらもホームページ作成サービスなので、基本的には大体同じような使い勝手になっています。 ジンドゥーに関しては、お互い外資系の会社という点でも似ていますし、どちらも無料版がありますので、とにかく30分でも使ってみて比較してもらうのが1番いいと思います。

グーペについてですが、こちらは日本のGMOペパポという会社が運営していて格安レンタルサーバー「ロリポップ」も展開しているところになります。 グーペが違うところは飲食店や美容室、保育園など・・・といったように店舗用サービスとして特化しているところです。

グーペの評判・レビュー

SEOでアクセスを集めたいのだったらワードプレス

WIXとワードプレスについては、かなりサービスの性質が使い分けられているのであまり迷う必要はありません。 WIXについてはとにかくデザイン重視。キャンペーンサイトや会社のホームページをカンタンに作れて、 デザイン性に優れたものを作ったあとは半分放置しておく。といった感じになると思います。

反面、WIXはページ数をどんどん増やしたり、SEOでアクセス数を集める。といった作業には向いていません。

一方でワードプレスの場合は、サイトを作ってから記事を書いたり更新、更新とたえず手を入れて作り上げて SEOからの流入でアクセス数を確保するイメージになります。 デザイン性についてもWIXとは異なり、どちらかというと見た目よりテキストなどの内容重視の運営になるはずです。

もし、綺麗なホームページを持ちたい。ということであればWIXのサービスが最適だと思いますが、 そうではなくて「ホームページでアクセス数を増やしたい」ですとか「いろいろなページを作りたい」といった場合には ワードプレスのほうが向いているでしょう。

おすすめレンタルサーバー

サイト名特徴
WebARENA SuiteX
WEBアリーナ
WebARENA SuiteXの詳細★★★★☆
WebARENAはNTTコミュニケーションズ運営でNTTグループとしての法令遵守と高い倫理観。 そして18年以上、10万件にもわたる運営のノウハウが蓄積されています! 容量は大容量の300GBにマルチドメイン対応。無料の電話サポートや24時間365日の有人監視体制でサポート&セキュリティも安心。 料金は月額1361円と1000円台での利用が可能となっています。 さらにレンタルサーバーではこちらやCPIなど数社だけが採用している『サービス稼働率100%』を保証してくれるサーバーになります。
ヘテムル
ヘテムル
ヘテムルの詳細★★★★★
知名度はそこまで知られていないもののエックスサーバーと同等もしくはそれ以上のサーバースペックを持つ隠れたおすすめサーバーがヘテムルです。 ストレージはオールSSD(HDDの30倍以上の速度)で、マルチドメイン無制限にワードプレスかんたんインストール機能、 電話サポートに独自SSLに自動バックアップ。とほぼ求める全ての機能を持ち合わせています。 これだけの機能でありながら料金は月額1100円から長期契約で800円まで値下がりします。 個人的に気に入っているのがヘテムルの管理画面で、最も管理画面が使いやすいレンタルサーバーだと言えます。
エックスサーバー
エックスサーバー
エックスサーバーの詳細★★★★★
クチコミで人気のエックスサーバー。クチコミだけでなく実際にシェアNo1となっているレンタルサーバーです。 人気の理由は機能の高さと料金の安さを兼ね備え、コストパーフォーマンスにすぐれている点です。 オールSSDにマルチドメイン無制限、自動バックアップだけでなく、 「HTTP/2」や「FastCGI」などの技術によりwebサイトの表示や動作を高速化してくれて稼働率も99.99%と安定度の高いレンタルサーバーです。 料金は基本1200円で長期割引により900円まで値下がりします
mixhost
cpi
mixhostの詳細★★★★☆
2016年設立ながらもエックスサーバーやヘテムルと同等のサービスと料金で一部人気を博しているのがmixhostです。 マルチドメイン無制限に無料独自SSLやワードプレス簡単インストールなどはもちろんのこと、 最も特徴的なのが突発的なアクセスの増加でも止まることなく柔軟に対応してくれる機能をもちあわせていることです。 データセンターも東京都内にあり非常にすぐれたサーバースペックとなっています。 料金は基本料金が1380円。長期割引で880円まで値下がりします。
CPIレンタルサーバー
cpi
CPIレンタルサーバーの詳細★★★★
KDDIグループが運営し、コーポレートサイトやキャンペーンサイトなど法人利用が90%を超える ビジネス向けのレンタルサーバーがCPIです。 マルチドメインやデーターベース無制限もさることながら、 「SmartRelease」ツールによりテスト環境の構築や高頻度の自動バックアップシステムなど より安全に運営するための環境が整っています。 料金は基本料金が4400円で長期割引によって最大3800円まで値下がりします。 また、サーバー移転の代行サービスなども行っています。
WADAX
WADAX
WADAX★★★★
大手インターネット会社のGMOが運営するサポートとセキュリティに定評のあるレンタルサーバーです。 年中無休の電話サポート、セコムのセキュリティ診断サービス、サーバー移転代行サービスなどがあります。 マルチドメインは最も安いプランでは未対応となります。 料金は基本1299円となり長期割引で1188円まで値下がりします。
GMOクラウド
GMOクラウド
GMOクラウドの詳細★★★☆
ミニ・レギュラー・プロと3種類のサービスがありミニでは1年の長期割引で最低価格がなんと943円にと価格を抑えたサーバーになっています平日10:00~18:00の電話サポートもついていて十分なサポート体制となっています。 管理画面はかなり癖がありマルチドメインの追加などは電話サポートとの連携が必要だと思います。 複数人数で管理するための設定などもできて運営者が複数いた場合でも権限委譲などができます。
ロリポップ
ロリポップ
ロリポップの詳細★★★★
最も安いプランでは100円から利用できる格安レンタルサーバーの代名詞的な存在がロリポップ。 100円のプランではマルチドメインやワードプレスは利用できないため600円のスタンダードプランがおすすめです。 スタンダードプランではマルチドメイン100個、データーベース30個となり実質30個のワードプレスサイトを作成することができます。 スタンダードプランの料金は基本料金600円で長期割引により500円まで値下がりします。
スターサーバー
starserver
スターサーバー★★★★
格安レンタルサーバーでロリポップと肩を並べるのがスターサーバーです。 最も安いプランは月額126円となりマルチドメインが20個使えますがデーターベースがこのコースでは利用できないため、 おすすめはマルチドメイン無制限、データーベース20個となるスタンダードプランになります。 スタンダードプランの料金は基本料金600円。長期割引で500円まで値下がりします。 2週間のあいだ無料お試しをすることが可能です。
グーペ
goope
かんたんホームページ作成グーペ★★★★
「かんたんにホームページを作りたい」とホームページ作成の難しい知識がなくともクリック感覚でお店や個人のサイトを作れるのがグーペです。 レンタルサーバーの機能も備えていて豊富なデザインテンプレートだけでなんく予約機能やフォトアルバム、地図までかんたんに作れてしまいます。 最も安いコースは月額1000円の通常コースになりますが、DXコースも月額1500円が長期割引で1000円まで値下がりするためDXコースがおすすめです。

レンタルサーバー

特集

ドメイン