GMOクラウド

法人向けレンタルサーバー「GMOクラウド」を徹底レビュー

【キャンペーン情報】月額料金2か月キャッシュバックキャンペーン
料金 初期費用:5000円/月額料金1981円(1年契約1410円)
容量 400GB
マルチドメイン 91個

「ヘテムル」や「XREA」などを運営するGMOが運営するレンタルサーバーのサービスの1つである「GMOクラウド」。特に法人向けレンタルサーバーとして、便利なオプションサービスをいくつも兼ね備えたレンタルサーバーになっています。

プランは3つとなっていて、1番人気のレギュラーでは月額料金が1981円で1年間の年間契約をすることで1410円まで割引されます。最も安いミニプランでは1315円が年間割引で934円まで値下がりします。多くの1000円台のミドルスペックのレンタルサーバーとほど同じぐらいの価格帯になっています。

サイボウズなどのグループウェアや、ホームページ簡単作成サービスのBiNDクラウドなど、有料ではありますがオプションサービスが選択できるところが魅力の1つです。

GMOクラウド公式

1.GMOクラウドの特徴まとめ

その1.料金

料金 初期料金:0円
月額換算:1429円
1ヶ月あたり料金(最安値) 初年度:月額1429円/2年目:月額1429円+ドメイン料金

その2.機能一覧(サーバー環境)

GMOクラウドのサーバースペックになります。メモリやCPUなど非公開の部分が多いですがわかる限りで調べてみました。

(1)WEBサーバーは「Apache2.4」を使用

WEBサーバーにLinuxにアパッチ2.4を載せています。 HTTP/2にも対応となっていますが独自SSL(SNI SSL/ネームベース)の利用が必要になるということで、実質的には非対応となっています。

(2)PHP7の利用が可能

PHPについては7が利用可能になっています。

(3)サーバースペックの多くは非公開

CPUやメモリ、またHHDなのかSSDなのかといった記載は見当たりませんでした。 搭載サーバーソフトがアパッチでHTTP/2にも実質未対応ということになりますので、サーバーのスペックはあまり良くないのかもしれません。

(4)ディスク容量は多い

各プランごとのディスク容量については200GB、400GB、700GBということで他のレンタルサーバーの容量よりも多く利用できることになっています。ディスク容量を気にされる場合はGMOクラウドが選択肢としておすすめです。

その3.サービス一覧

マルチドメイン 60個、90個、120個
ディスク容量 200GB、400GB、700GB
データベース 100個、150個、200個
(1)マルチドメインとデータベースで複数サイト展開が可能

GMOクラウドのマルチドメイン数は他のレンタルサーバーよりも多くなっています。 レギュラープランではマルチドメインが90個となっていますので、90サイト展開することが可能になっています。

(2)ディスク容量が大容量

ディスク容量もレギュラープランで400GBと他のサーバーより多い容量になっています。 マルチドメインとディスク容量に関しては1000円台のなかのレンタルサーバーの中でも1番2番に良いサービスになっています。

(3)ホームページかんたん作成「BiNDクラウド」

また、GMOの系列サーバー会社の1つになりますので、グーペで利用されているかんたんホームページサービスが一部 利用できるようになっています。ホームページ作成サービスは使いたいけれど、メール機能やメーリングリストなどの機能も使いたい。 という人にはおすすめです。

(4)ユーザー権限設定が可能

サイト運用者が数人いる場合、各自にユーザー権限を設定できるようになっているのもGMOクラウドの特徴です。 1000円台のサーバーではあまり見かけない機能になっています。

(5)リモートサポート(1時間2000円)あり

電話サポートだけでなく、ツールにより一緒に画面を見てサポートしてくれるリモートサポートサービスもあります。 リモートサービスの場合、相手が設定してくれることもできるので設定などが不安な人にはおすすめです。

GMOクラウド公式

2.GMOクラウドのメリットとデメリットレビュー

【メリット】1番安価なコースでも電話サポートがあること

GMOクラウドの1番安いミニプランでも電話サポートがつきます。最近では1000円台のサーバーでも電話サポートが増えてきましたが 魅力的なサービスの1つです。 またリモートサービスも有料2000円ですがついているので、設定に不安がある人はこのサービスを使うと良いかもしれません。

【デメリット】インターフェースに優れていない管理画面

管理画面については、GMOクラウドの管理画面はひじょうにわかりづらくなっています。 マルチドメインの設定はまずコールセンターに電話しないと設定できません。

使いづらい管理画面としてはmix hostなどが採用している”Cパネル”がありますが、それ以上にわかりづらい管理画面になっています。 管理画面の使いやすさを求めるのであればヘテムルが1番おすすめになります。

GMOクラウドはこんな人に”おすすめ”のレンタルサーバー!

1.レンタルサーバーでかんたんホームページ作成サービスを使いたい人
2.1000円台サーバーで容量やマルチドメインが多いところを探している人
3.リモートサポートサービスを使いたい人

GMOクラウド公式

こんなレンタルサーバーもおすすめです。

■管理画面が使いやすいレンタルサーバー

ヘテムル

■そのほかの大容量レンタルサーバー

CPIさくらレンタルサーバー

レンタルサーバー

特集

ドメイン