レンタルサーバーを容量や料金で比較してみよう!


当サイトで1番人気のレンタルサーバーです。※1

レンタルサーバーの容量や料金は?平均はどれくらい?選ぶ基準を教えます。

「レンタルサーバーって言っても全くさっぱり選び方がわからない

「そこまで企業企業したホームページを作るつもりはないんだけど、ある程度の目安が知りたい・・・」

そこで、ざっくりとホームページを作るときの平均的な基準を説明したいと思います。

その1.容量はずばり10ギガもあれば十分です!

実は・・・95%のホームページは容量を気にする必要はありません!おそらく、みなさん1ギガも使えないです。

普通の個人サイトや一般的なお店や会社のホームページであれば容量はまったく気にしなくていいと思っています。

例えば格安レンタルサーバーのロリポップは最安値のプランでは容量が10ギガになっています。

この10ギガを使うにはどれだけ大変かと言うと・・・この「ドメインへの道!」が200個~300個あって初めて10ギガを使いきれる計算になります。

このサイトはページ数が200ページ~300ページぐらいありますし画像もちょこちょこ使ってますが、それでも30メガしか使っていません。 だからこのホームページが300個ぐらいあると10GB(ギガバイト)をようやく使いきれることになります。。

↓このサイトでもわずか30メガしか使っていない画像。 容量

ということで。

9割方のホームページは容量はまず使い切れませんし、使い切るどころか1ギガにも達しないと思います。 そしていまでは、どんなレンタルサーバーでも10ギガ以上の容量が使えるようになっています。だからあれこれ容量を気にする必要はありません。

どこのレンタルサーバーを選んでも容量の面はクリアしていると思います。

動画を乗せるようなホームページの場合は別。

ただし、動画をたくさん載せたいとなると話が変ります。 画像に関しては1000枚、2000枚ぐらい使ってもへっちゃらですが、動画は一気に容量を使う量が増えることになります。

これに関してはYoutubeにアップしたものをページに貼り付けるのであれば全く容量を使いませんが、 Youtubeではなく自分達のサイトで用意して載せたいケースもあると思います。

このあたりは使う動画やアクセス数、またプログラムによって変わってくるので一概には説明できないのですが、 もし、そのような使い方をする予定があるのであれば大きい容量のレンタルサーバーで契約したほうがいいかと思います。

無難に100GBぐらいの容量があるレンタルサーバーを選んだほうがいいと思います。

会社名 100GB以上あるお手頃サーバー
webARENA 300GB
GMOクラウド 200GB
NTTbizメール 150GB
エックスサーバー 200GB

ある程度は実際に運用してみないとわからないと思いますが、最悪、契約したサーバーで容量が足りなければ上位プランへの変更すれば問題が解決する場合もあります。 格安サーバーでの契約はやめて、上位プランがあるようなサーバー会社を選びましょう。

この場合、基本で300GBもあり上位プランも存在する WebARENA SuiteXがおすすめです。

その2.レンタルサーバーの料金はどれくらいが標準なの!?

次に説明したいのがレンタルサーバーの平均料金。どれくらいの月額コストをかければいいのでしょうか。

レンタルサーバーの価格はそれこそ格安サーバーであれば100円からありますし、企業が本格的に使うなら数万円~と、とにかく幅が広いのです。

個人的に体感している料金のイメージですが、個人が趣味の範囲で作るサーバーであれば500円以下の格安サーバーを。 仕事用としてや個人でもちょっとサイト運営をかじりたい、商用としたい。ということであれば1000円~1500円ぐらいのミドルスペックのサーバーを。 より本格的にサイト運用を考えているのであれば5000円以上のハイスペックサーバー。

という価格設定が標準・・・ではないのかなと考えています。

お店や会社のホームページなら1000円~1500円ぐらいがおすすめ。

ホームページを作る理由で1番多いのはお店や会社のホームページをとりあえず作ってみたい。というのが多いような気がします。 日本の場合、中小企業や自営業がとにかく多いからです。実に株式会社の数は150万、自営業(個人事業主)は500万人もいるんですね。

当然、みなさんお仕事の流れで「お店を告知したい!」だとか「サービスを知って欲しい」「物をネットで売りたい!」なんて 希望をもってホームページを開設しようと思う人がたくさんいるわけです。

このゾーンのみなさんが、どれくらいサーバーにコストをかけていいのか?と考ると、 先に説明したように「月に1000円~1500円レンタルサーバーが最適」だと考えています。

なぜならこの価格帯のレンタルサーバーになると間違いなく電話サポートがついているのでわからない点が出た時に安心ですし、 稼働率も99.9%~100%と落ちることがない安心した稼動が見込めるからです。

これらのサーバーはイメージ的にはスペックや料金ともに真ん中ぐらいに位置しているミドルスペックのサーバーです。 激安サーバーではないしハイスペックの専用サーバーでもない。それでいて稼働率は99%以上でとても安定しているサーバー。 お店やネットショップ・企業のサイトとして、とてもコスパがいいレンタルサーバーだと思います。

この価格帯の紹介したいレンタルサーバーがこちらです。

会社名 料金(価格が1番低いプラン)
大塚商会 1400円
webARENA 1361円
WADAX 1188円
NTTbizメール 1429円
エックスサーバー 1000円

まずは数ページでもいいから個人のサイトを作ってみたい。

興味本位でとりあえずホームページを作ってみたいと考えている人、なにかのサークル活動や集まりなどで 1年間ぐらいサイト運営をしたい。そんな期間限定の場合のホームページや、ちょっとしたサイトを作りたいだけであれば、 お手頃な格安サーバーを利用するのがいいと思います。

個人的には格安レンタルサーバーは月額100円~500円以下の価格帯だと思っています。

格安サーバーもたくさんのレンタルサーバーがありますが、おすすめしているのはロリポップやクイッカになります。 この2つは一番安いプランであれば月額100円で契約することができます(年間契約などで割引されます)。

なにかのトラブルやサイトが重いなどの問題があっても、 個人サイトや趣味サークルのホームページであれば誰も気にすることはないと思いますので、 このような格安サーバーの運用でも十分かと思います。

会社名 料金(価格が1番低いプラン)
ロリポップ 100円
スターサーバー 250円

その3.まとめ

料金や容量はレンタルサーバーを比較する要素として、かなり重要になるかと思いますが、 実際に運用をはじめると「ログインしやすいしにくい」とか「コントロールパネル画面がわかりやすい・使いにくい」などなど 実用面での機能が気になってくるものです。

あとは運用していてサイトが重くなるかどうかなどですね。

共用サーバーなのである程度は運の要素もでてくるのですが、1000円以上のレンタルサーバーなら運が悪くて同じサーバーの契約者に人気サイトが入っていたとしても しっかり表示してくれます。

また、お店や会社のホームページの場合、メールアドレスが使えなくなるととても困ると思います。 サーバーが落ちてしまうとメールも一緒に使えなくなってしまうことが多いですから、やはり1000円台からの・・・というお話になるんですね。

まとめ
  • 動画やプログラムを使わないサイトなら容量は10ギガあれば充分。
  • 商用や仕事に使いたいなら稼働率が高いサーバーが無難

※1:2015年10月~2016年2月までの当サイトにおけるレンタルサーバー集計から。

サイト名特徴
WebARENA SuiteX
WEBアリーナ
WebARENA SuiteXの詳細★★★★☆
WebARENAはNTTコミュニケーションズ運営でNTTグループとしての法令遵守と高い倫理観。 そして18年以上、10万件にもわたる運営のノウハウが蓄積されています! 容量は大容量の300GBにマルチドメイン対応。無料の電話サポートや24時間365日の有人監視体制でサポート&セキュリティも安心。 料金は月額1361円と1000円台での利用が可能となっています。 さらにレンタルサーバーではこちらやCPIなど数社だけが採用している『サービス稼働率100%』を保証してくれるサーバーになります。
ヘテムル
ヘテムル
ヘテムルの詳細★★★★★
知名度はそこまで知られていないもののエックスサーバーと同等もしくはそれ以上のサーバースペックを持つ隠れたおすすめサーバーがヘテムルです。 ストレージはオールSSD(HDDの30倍以上の速度)で、マルチドメイン無制限にワードプレスかんたんインストール機能、 電話サポートに独自SSLに自動バックアップ。とほぼ求める全ての機能を持ち合わせています。 これだけの機能でありながら料金は月額1100円から長期契約で800円まで値下がりします。 個人的に気に入っているのがヘテムルの管理画面で、最も管理画面が使いやすいレンタルサーバーだと言えます。
エックスサーバー
エックスサーバー
エックスサーバーの詳細★★★★★
クチコミで人気のエックスサーバー。クチコミだけでなく実際にシェアNo1となっているレンタルサーバーです。 人気の理由は機能の高さと料金の安さを兼ね備え、コストパーフォーマンスにすぐれている点です。 オールSSDにマルチドメイン無制限、自動バックアップだけでなく、 「HTTP/2」や「FastCGI」などの技術によりwebサイトの表示や動作を高速化してくれて稼働率も99.99%と安定度の高いレンタルサーバーです。 料金は基本1200円で長期割引により900円まで値下がりします
mixhost
cpi
mixhostの詳細★★★★☆
2016年設立ながらもエックスサーバーやヘテムルと同等のサービスと料金で一部人気を博しているのがmixhostです。 マルチドメイン無制限に無料独自SSLやワードプレス簡単インストールなどはもちろんのこと、 最も特徴的なのが突発的なアクセスの増加でも止まることなく柔軟に対応してくれる機能をもちあわせていることです。 データセンターも東京都内にあり非常にすぐれたサーバースペックとなっています。 料金は基本料金が1380円。長期割引で880円まで値下がりします。
CPIレンタルサーバー
cpi
CPIレンタルサーバーの詳細★★★★
KDDIグループが運営し、コーポレートサイトやキャンペーンサイトなど法人利用が90%を超える ビジネス向けのレンタルサーバーがCPIです。 マルチドメインやデーターベース無制限もさることながら、 「SmartRelease」ツールによりテスト環境の構築や高頻度の自動バックアップシステムなど より安全に運営するための環境が整っています。 料金は基本料金が4400円で長期割引によって最大3800円まで値下がりします。 また、サーバー移転の代行サービスなども行っています。
WADAX
WADAX
WADAX★★★★
大手インターネット会社のGMOが運営するサポートとセキュリティに定評のあるレンタルサーバーです。 年中無休の電話サポート、セコムのセキュリティ診断サービス、サーバー移転代行サービスなどがあります。 マルチドメインは最も安いプランでは未対応となります。 料金は基本1299円となり長期割引で1188円まで値下がりします。
GMOクラウド
GMOクラウド
GMOクラウドの詳細★★★☆
ミニ・レギュラー・プロと3種類のサービスがありミニでは1年の長期割引で最低価格がなんと943円にと価格を抑えたサーバーになっています平日10:00~18:00の電話サポートもついていて十分なサポート体制となっています。 管理画面はかなり癖がありマルチドメインの追加などは電話サポートとの連携が必要だと思います。 複数人数で管理するための設定などもできて運営者が複数いた場合でも権限委譲などができます。
ロリポップ
ロリポップ
ロリポップの詳細★★★★
最も安いプランでは100円から利用できる格安レンタルサーバーの代名詞的な存在がロリポップ。 100円のプランではマルチドメインやワードプレスは利用できないため600円のスタンダードプランがおすすめです。 スタンダードプランではマルチドメイン100個、データーベース30個となり実質30個のワードプレスサイトを作成することができます。 スタンダードプランの料金は基本料金600円で長期割引により500円まで値下がりします。
スターサーバー
starserver
スターサーバー★★★★
格安レンタルサーバーでロリポップと肩を並べるのがスターサーバーです。 最も安いプランは月額126円となりマルチドメインが20個使えますがデーターベースがこのコースでは利用できないため、 おすすめはマルチドメイン無制限、データーベース20個となるスタンダードプランになります。 スタンダードプランの料金は基本料金600円。長期割引で500円まで値下がりします。 2週間のあいだ無料お試しをすることが可能です。
グーペ
goope
かんたんホームページ作成グーペ★★★★
「かんたんにホームページを作りたい」とホームページ作成の難しい知識がなくともクリック感覚でお店や個人のサイトを作れるのがグーペです。 レンタルサーバーの機能も備えていて豊富なデザインテンプレートだけでなんく予約機能やフォトアルバム、地図までかんたんに作れてしまいます。 最も安いコースは月額1000円の通常コースになりますが、DXコースも月額1500円が長期割引で1000円まで値下がりするためDXコースがおすすめです。