whois情報とは?

Whois情報とは?どんなものなの?

whois情報

独自ドメインを持つと「登録年月日」などの情報開示が義務付けられます。

ドメインを取るとそのドメインの「登録年月日」や「有効期限」などが公開されて、調べれば誰でも みなさんのドメイン情報を検索することができるようになります。 このサービスをwhoisと呼び、開示される情報のことをwhois情報といいます。

「登録年月日」や「有効期限」だけであれば特に気にする人はいないのかもしれませんが、 その他にも「登録者の名前および住所」、「担当者の名前、住所、電子メールアドレス、電話番号」など個人情報に関することまで開示されてしまいます。

公開される情報は以下のとうりです。

  • 登録ドメイン名
  • レジストラ名
  • 登録ドメイン名のプライマリおよびセカンダリネームサーバ
  • ドメイン名の登録年月日
  • ドメイン名の有効期限
  • ドメイン名登録者の名前および住所
  • 技術的な連絡の担当者の名前、住所、電子メールアドレス、電話番号
  • 登録に関する連絡の担当者の名前、住所、電子メールアドレス、電話番号

Whoisで提供される情報(※株式会社日本レジストリサービス)

となっています。

そしてWhois情報は、簡単に調べることができます。

誰でも調べられるwhois情報

このwhois情報は誰でもいつでも簡単に調べることが出来ます。 調べ方ですが、Whois情報が検索できるサイトで、該当の独自ドメインを入力するだけでOKです。

whois情報

独自ドメインを持つと、このようにWhois情報の開示があるためドメインを持ちたくない。という 人も多いと思います。ただしこれには対応策があります。

レンタルサーバーの「開示代理」制度を使えば自分の個人情報を隠すことが出来る

個人情報が公開されてしまうことになるため、 多くのレンタルサーバーでは「whois情報の代理制度」というサービスがあって、 大体どこのレンタルサーバー業者でも住所、氏名、電話番号、メールアドレスなどWhois情報の公開を代理してくれます

このサービスによってドメインのWhois情報は自分のものではなく、そのドメイン会社の住所や会社名で 登録されることになります。

開示代理制度を活用するには、みなさんが登録しているドメイン会社の管理画面から設定できます。 設定自体もボタン設定でかんたんに出来るようになっています。

いまでは、大体どこのドメイン会社でもこの公開代理制度があります。 そのため、みなさんの個人情報が公開される心配はありません。 そして設定時にWhois情報の代理設定を忘れたとしても、 その後いつでも変更が可能なので万が一忘れてしまっても安心です。

「.co.jp」には公開代理制度はありません。

このWhois情報の代理開示制度について1点知っていてほしいのが、 「co.jp」では適用されないことになります。

「.co.jp」ドメインは法人企業だけが取得できるドメインとなっており、 どのドメイン業者であっても「co.jp」の場合は代理してもらえません。

「お名前.com」は契約時にちゃんと公開代理の設定をするようにしてください。

この公開代理設定。だいたいのドメイン会社では利用途中でも設定の変更が可能と書きましたが、 お名前.comの場合は最初に設定を忘れてしまうと、その後の変更では年間1000円ぐらい取られてしまうので注意しましょう。

ドメイン取得時に設定をしっかりするよう気をつけて下さい。

最近多くなっているWhosi情報の「正確性確認」に注意

2017年~2018年頃から、このWhois情報の登録について「正確に登録してください」という 方向性になっています。

そのため間違ったデータを入力して登録した場合に 「正確性確認メール」がドメイン会社から届くことがあります。 届いたメールの内容をちゃんと確認して、もう一度ドメイン会社の管理画面から、Whois情報を登録しなおしましょう。

この正確性表示のメールが届いた場合、ドメイン会社により作ったサイトが表示されなくなります。 私の場合、作ったワードプレスが表示されず調べたところ、この正確性メールが届いていて Whois情報の入力間違いによって止められていたということがありました。

作ったばかりのワードプレスが表示されない場合、Whois情報についても メールが届いていないか調べてみましょう。

ドメイン会社8社比較(Whois情報の比較もしています)