ドメイン取得への道

ドメイン取得への道

自分用のメールアドレスを無料でもう1つ作る方法【フリーメールの紹介】

メールアドレスを1つ増やす方法

「メールアドレスをもう1個作りたい」と思ったら、GmailやOutlookメールなどのフリーメールサービスに登録しましょう。

フリーメールは誰でも簡単にメールアドレスを作ることが出来ます。 無料なので費用も発生しません。

「名前」「生年月日」「メールアドレス名」など。わずかな項目への記入だけで作れるので10分もあればメールアドレスを作れるでしょう。

今のフリーメールは、無料とは思えないほどメール機能がしっかりしています。

そのため、GmailやOutlookメールは、1人での用途だけでなく企業が自社用メーラーとしても導入しています。

このページでは「Gmail」「Outlookメール」 「Yahooメール」の3つのフリーメールについて比較しています。 実際のメールアドレス作成方法については、各フリーメールのリンク先で詳しく解説しています。

また、当ページはiphoneユーザーの訪問が多いため「icloudメール」についても解説しています。

アドレス 容量 広告表示
Gmail 「***@gmail.com」 15GB あり
(非表示可)
Outlookメール 「***@outlook.jp」
3種類から選べる
15GB あり
Yahooメール 「***@yahoo.co.jp」 2GB
(最大10GB)
あり
icloudメール 「***@icloud.com」 5GB なし

フリーメールの特徴、まとめ表

まず、簡単にフリーメールの特徴を説明します。

フリーメールはWebメールと呼ばれる特徴を持っています。 これは、どのパソコンやスマホからでもメールの管理画面に入ることが出来る機能を意味します。

例えばGmailだったら、Googleのホームぺージにあるメニューや、Gmailの専用Webサイト、スマホアプリなど 管理画面に入るための様々な入口があり「ユーザーID」と「パスワード」を入れることで管理画面に入れるようになっています。

自宅のパソコンでメールをしてから外出をする。そして、外出先ではスマホアプリを開いてメールをする。ということが出来ます。 どのデバイスで開いても情報は同期しているので、同じ状態でメールが出来ます。

インストール型のメーラーと違い、メールが出来るのがソフトが入っている1台だけではありません。 このようにWebメール機能を持っている点が、フリーメールの最もたるメリットと言えるでしょう。

資料作成ソフトやオンラインストレージなど付帯ソフトがたくさん

さらに、GmailやOutlookメールでは、ワードやエクセルのような資料作成ソフト、スケジュール管理ソフト、データを保存できるオンラインストレージなど。 いろいろなサービスを無料で使うことが出来ます。

本来であれば月額費用が掛かってもおかしくないサービスが、フリーメールを作成する際に作る「専用アカウント」を持つだけで 、誰でも無料で利用できるようになります。

このように2021年の今では、フリーメールは無料とは思えない程、とてもお得なサービスになっています。

おすすめフリーメール3選+1

フリーメールのサービスはたくさんありますが、主だった3つのサービスをここでは紹介します。

シェア別で紹介するとGoogleの「Gmail」を使っている人が最も多くなっていて、それに続いて「Outlook」「Yahooメール」が人気のフリーメールになります。

「icloudメール」はiphoneやmacなどのユーザーに向けたサービスになります。

1.Gmail(Google)

gmail 画面

無料で作れるフリーメールのサービスで、1番多くの人に利用されているのがGoogleが提供するGmail(Gメール)になります。

Gmailの特徴は、99%の迷惑メールを弾いてくれること。パソコン備え付けのメーラーでスパムメールに苦労していた方は、 迷惑メールがほとんど届かないことに驚くと思います。

そして、過去メールの検索もすぐれています。キーワードで調べられるだけでなく、メールが届いた日時の幅を決めて調べられるなど、 様々な工夫がされています。

他にもアカウントを開設することで、WordやExcelにあたる「Googleドキュメント」「Googleスライド」、 オンラインストレージの「Googleドライブ」など、10種類近いソフトが無料で出来るようになります。

また、管理画面には少しだけ広告表示が出てきますが、Gmailでは設定を変えることで非表示にすることができます。

2.Outlookメール

outlook 画面

OutlookメールもGmailと同様に「Word」「Excel」(通常版のソフトより制限あり)といった資料作成ソフトや、 「One Drive」と呼ばれるオンラインストレージなど、10種類近いサービスと連携しています。

Outlookと聞くと、パソコンに備え付けしてあるメールソフトのOutlookを考える人も多いと思いますが、 ここで紹介するのは無料のフリーメールが作れる「Outlookメール」という別のサービスになります。

ほぼ、Gmailとサービス内容が被っています。わかりやすいところでは、広告表示がGmailより少しだけ多いところ、 管理画面のデザインがGmailよりスタイリッシュな点が違いといえます。

3.Yahooメール

ヤフーメール 画面

「Yahooメール」も無料フリーメールとして人気のサービスの1つになっています。最大10GBまでメールが使えます。

GmailやOutlookメールと比べて、Yahooメールはより簡易的なフリーメールサービスになります。

今回紹介しているサービスでは、最も広告が多いサービスになっています。 また、半年間操作がない場合は、メールデータが削除されます。

どちらかと言うとメイン活用するフリーアドレスではなく、サブで活用するサービスと言えます。

4.icloudメール

icloudメールは無料で作れるフリーメールになりますが、基本的にiphoneやMacなどを持っている人向けのサービスになっています。

Windowsユーザーも作ることが出来ますが、Microsoftストアで「iCloudアプリ」をダウンロードする必要があります。

icloudメールは、実質的に使えるデバイスがiphoneやMacなどAppleのデバイスに限定されます。 Windows機では簡単にアクセスできないため、すぐにどこでもメールが出来るWebメール機能は、半分ほどしか持ち合わせていないことになります。

一方で今回紹介しているフリーメールでは唯一、最初から広告が入っていません。

サービス比較

それぞれのサービスについて「容量」、「1通あたりで送れるメールサイズ」、「連携サービス」「広告表示」など。 サービス内容を比較してみました。

データ容量

Gmail、Outlookともに15GBの容量がもらえます。

充分な量と言えますが、この容量にはメールだけでなく動画などのデータ量も含まれます。 動画データを置く場合、すぐに容量が減ってしまうため、その場合はアップグレードで容量を増やすことが出来ます。

データ容量
Gmail 15GB
Outlookメール 15GB
icloudメール 5GB
Yahooメール 2GB
(最大10GB)

1通あたりメールサイズ

GmailとYahooメールは最大25Mbまで。Outlookとicloudメールは最大20MBまでファイルの添付が出来ます。

1通あたりメールサイズ
Gmail 1通あたり25MB迄
Yahooメール 1通あたり25MB迄
Outlookメール 1通あたり20MB迄
icloudメール 1通あたり20MB迄

連携ソフト&Webサービス

GmailとOutlookメールではビジネス系ソフトやWebサービスが、10種類近く無料で活用できるようになっています。

オンラインストレージ、スケジュール調整、オンラインミーディング、 書類作成系ソフト(word、Excel、Googleドキュメント、Googleスプレッドシート)などがあります。

(Word、Excelについては無料版のため一部の機能は制限されています)

分野 サービス名
Gmail オンラインストレージ Googleドライブ
スケジュール Googleカレンダー
資料作成 Googleドキュメント、Googleスプレッドシート、Googleスライド
ミーティング Google Meet
Outlookメール オンラインストレージ OneDrive(ワンドライブ)
スケジュール カレンダー
資料作成 Word、Excel、Powerpoint、OneNote
ミーティング Teams
icloud オンラインストレージ icloudドライブ
資料作成 Pages、Numbers、Keynote
その他 メモ
Yahooメール Yahooカレンダー

実際にGoogleアカウント(Gmailアカウント)や、MicrosoftID(Outlookメール)に入って、メニューのアイコンをクリックすれば 次のような画面が表示されます。

該当するサービスをクリックするだけで、ソフトを使うことが出来ます。

     

広告表示

広告表示についてはGmail、Outlook、Yahooメールともに表示されます。icloudメールは広告がありません。 Gmailについては、設定から広告を非表示にすることが出来ます。

広告表示はGmail<Outlookメール<Yahooメールの順で多くなっていきます。

広告表示
icloudメール 広告なし
Gmail 少ない(設定で非表示にできる)
Outlookメール 普通
Yahooメール 多い
広告表示のイメージ

Outlookメール、ヤフーメールをスマホで開いた時の広告表示は次のようになっています。

     

その他

フリーメールは複数作れる

今回紹介したフリーメールは1つだけでなく、複数のアカウントを作ることも可能になっています。 そのため、家族用のアカウントを作ることも出来ます。

マルチログインがあり、アカウントの切替えはとても簡単になっています。 パソコンでもスマホでも1クリックで切替えが出来ます。

法人用のメールアドレスを作ろうとしているなら

また、これから会社用のメールアドレスを作ろうとしている方に向けて、 「法人用メールアドレスを作る知識」の情報をまとめているページも作っています。

フリーメールではない専用メールアドレスを作る方法、メールアドレス名の付け方など。 会社でメールアドレスを作る際に、知っておくと良い知識について説明しています。

(解説:会社や法人用にメールアドレスを作る方法