ドメイン取得への道

ドメイン取得への道

Gmailにあるアーカイブって何?

記事編集:2022年6月12日

Gmailを操作している時に、ふと気になってしまうアーカイブ機能。スマホでGmailを使っているときに、無意識にメールをスワイプしてしまって 「アーカイブされました」と意に反してアーカイブしてしまっている方も多いと思います。

この謎の機能とも言える「アーカイブ」について説明をしたいと思います。

Gmailでのアーカイブとは「非表示」機能のこと

まず、説明をするとアーカイブをすることによって受信トレイにおいて「非表示」状態になります。

ただし、「すべてのメール」フォルダにはデータは残ったままになります。 そのためメールの再確認をしたり、表示状態へ戻すためには「すべてのメール」フォルダを開いて操作することになります。

その他の主な機能については以下の説明になります。

アーカイブの機能
  • 「非表示」状態になり受信フォルダから探せなくなる
  • 「すべてのメール」フォルダには残る
  • 「すべてのメール」フォルダから操作でアーカイブ解除することが出来る
  • メールにアクション(先方からの追加連絡や返信)があると解除されて「表示」状態に戻る
アーカイブのメリット
  • 受信トレイが整理される

アーカイブ機能の役割は「受信トレイの整理」になります。フォルダ分け(Gmailではラベル分けと呼ぶ)をしても 一部には読まないメールが受信トレイに入ってくると思いますので、そういったメールを整理したい時にアーカイブ機能を活用します。

アーカイブのデメリット
  • 間違って重要なメールをアーカイブすると受信トレイで探せなくなる
  • アーカイブ量が多いと「すべてのメール」から戻す時に探す作業が大変

アーカイブに関する操作

アーカイブを探したい、アーカイブを戻したい時の操作はこちらで説明をしています。

アーカイブしたメールはどこにある?→「すべてのメール」フォルダ

gmail アーカイブ すべてのメール

間違ってメールをアーカイブしてしまった場合などに起こりうるのが「メールを戻したいがどこにあるのかわからない」問題になります。

受信トレイでアーカイブしたメールは非表示になりますが「すべてのメール」フォルダには残っています。 該当するメールを探したい場合は「すべてのメール」フォルダから探しましょう。

アーカイブを効率的に探すには→「in:archive」で検索

gmail アーカイブ 探す

埋もれてしまったアーカイブメールを効率的に探すにはGmailのメール検索欄に「in:archive」と入れて検索しましょう。

このコマンドを入れることで「アーカイブされたメール」「ラベル分け設定していて受信トレイに残っていないメール」が表示されます。 つまり、受信トレイにはデータが残っていない分のメールが一括で表示されます。

アーカイブ機能を解除する

アーカイブ機能を解除するには、まずアーカイブしてしまったメールを「すべてのメール」フォルダから探し出し、 メールを開いて「受信トレイに戻す」ボタンを選択することで解除ができます。

gmail アーカイブ 戻すには

もし、「in:archive」コマンドを使ってアーカイブされたメールを探す時は「すべてのメール」フォルダを選択している状態で コマンド検索を行いましょう。

受信トレイを選択している状態で「in:archive」コマンドで検索した場合では、該当するメールを開いても「受信トレイに戻す」ボタンが 表示されません。アーカイブからの復旧作業を行う時は「すべてのメール」フォルダで作業することが前提となります。

Gmail

Outlookメール

icloudメール

その他メール

特集