ドメイン取得への道

ドメイン取得への道

【解説】Outlookメールの基本設定・フォルダ分け・操作方法など

記事作成:2021年5月26日

当ページではフリーメールで提供されているOulookメールの設定やフォルダ分けなどについて説明しています。

なにも設定しない状態でも十分にメールが出来ますが、より使いやすくするためにも、気になる設定箇所について把握しておくと良いでしょう。

その1.設定変更は「歯車」メニューから行う(パソコン版)

パソコン版の場合

まず、設定変更についてはスマホからでも出来ますが、パソコン版からの方が設定できる箇所が多くなっています。設定変更をする際は、出来る限りパソコンから開きましょう。

パソコン版の管理画面に入ったら、画面の右側にある「歯車」のメニューを探してください。設定は基本的にこの「歯車」メニューから行います。

Outlookの設定 歯車メニュー

歯車を開くと、まずは「クイック設定」が出来る部分が表示されます。ここでは主にプレビューデザインと言って、画面のデザインや表示設定が出来るようになっています。

さらに「歯車」>「Outlookの設定を表示」から、詳細設定が出来るようになっています。

その2.クイック設定で管理画面のデザインを変更する

クイック設定では「テーマ」や「表示間隔」など、主に管理画面のデザインについての設定が変更できるようになっています。

表示間隔では「メール1行ごとの高さ」が変更されます。パソコン備え付けのWindowsメールやOutlookに慣れている方の場合、1行の高さを最も低い設定にすると、良いでしょう。

その3.相手先に表示される「自分の名前」を確認・変更する

次に確認しておきたいのは、メールを送った時に表示される「表示名」(自分の名前がどう表示されているか)ではないでしょうか。

表示名のデフォルト(初期値)は、Outlookメールを作成する作った際に作った、Microsoftアカウントで登録した「名前」になっています。Microsoftアカウントの氏名が「ドメイン太郎」としていれば、それが表示名となっています。

この宛先名を変更したい場合は、Microsoftアカウントの「あなたの情報」>「フルネーム」を修正することで変更できます。

画面の右にあるメニューからMicrosoftアカウントに入り設定を変えましょう。

Outlook 表示名や宛先名

一度、自分に送付して確認してみる

表示名の設定が終わったら、メールを自分自身に送ってみましょう。メールを送る際、宛先が修正できていない場合がありますが、まず送付してみてください。

届いたメールの表示名が変更されていれば、設定が反映されている形になります。

その4.フォルダ分けをする

次はフォルダ分けの設定になります。フォルダ分けは「フォルダー」から作成することが出来ます。

Gmailと違いフォルダーに色をつけたりすることは出来ません。

フォルダーの並び替えをしたい

また作ったフォルダーを並び替えしたい場合は、ドラッグによる位置変更は出来ませんので、フォルダーの名前を変更して対応します。

つまりフォルダー名に番号などをつけて「01.メインフォルダー」「08.会社フォルダー」などにしましょう。

その5.ルール設定をしてメールを各フォルダーに設定する

メールを特定のフォルダに振り分けるルール設定については、Outlookではとても簡単に出来るようになっています。

届いたメールを開いて、「ルールを設定」をクリックします。ここから既に作ってある該当フォルダを1つ選べば、それだけでルール設定が反映されます。

Outlookのルール設定

マウスだけでルール設定が完了しますので、とてもわかりやすく出来るようになっています。

まとめ

Outlookの設定については、Gmailよりも簡易的に設定が出来るようになっているイメージを持ちます。

フォルダの色分けが出来なかったり、一部違う部分もありますが、無料で作成できるフリーメールとしては充分な設定環境になっています。

その他のフリーメールサービス

Outlook以外にもフリーメールサービスは幾つかあります。 それぞれの特徴とアカウント作成するための方法を、次に紹介しているページで解説しています。

サービス アドレス 容量 広告表示
Gmail 「***@gmail.com」 15GB なし
icloudメール 「***@icloud.com」 5GB 広告なし
Yahooメール 「***@yahoo.co.jp」 10GB 広告あり