webサーバーの種類

webサーバーの種類(Apache、nginx)

レンタルサーバーの特徴や機能を見ていると、よくwebサーバーの種類についての記載を見かけることが出来ます。 例えば、Apache(アパッチ)だったり、nginx(エックス)といったようにです。 正確にはこれはwebサーバーの中に設定されているソフトウェアの呼び方になります。

ここではwebサーバーの特徴などについて説明してみたいと思います。

Apache(アパッチ)

20年近くデファクトスタンダードとして使われているwebサーバーソフト

Apacheはwebサーバーソフトの代名詞でもあり20年近く多くのサーバーに導入され運営されてきた実績があります。 2010年頃にはシェア70%近くありました。 近年になりシェアを落としてきていているものの、まだ大体40%~50%ほどのシェアがあります。 (※w3techs.com

nginx(エックス)

近年、人気を伸ばしているwebサーバーソフトウェア

nginxはここ10年ほどで人気がでてきているソフトウェアになります。2010年にはわずか5%ほどのシェアでしたが2017年には33%になっています。 多くのwebサーバーで採用され、日本でもエックスサーバーなどがnginxを使っています。 このまま行くと数年後には世界で最も使われているソフトウェアになります。