webサーバーの種類

WEBサーバーの種類(Apache、nginx、Litespeed)

このページではレンタルサーバーを比較する視点から、Apache(アパッチ)や、Nginx(エンジンエックス)などの WEBサーバーについて説明してみたいと思います。

まず、WEBサーバーの種類を紹介すると主に3種類あります。2010頃までは70%以上のシェアを持って業界のデファクトスタンダードだった 「Apache」が1つ目。ここ10年でシェアを一気に伸ばしてきた「Nginx」が2つ目。マイクロソフトが提供する「IIS」が3つ目です。 「Litespeed」についてはmixhostなどが採用していて知名度が出てきていますが、世界的なシェアとしては数%にとどまっています。

各WEBサーバーソフトのシェア推移

2010年以降のWEBサーバーシェア推移 w3techs WEBサーバーシェア推移

2018年11月時点の各WEBサーバーシェア

2018年11月のWEBサーバーソフト世界シェア

Apache(アパッチ)とは?

20年近くデファクトスタンダードとして使われているwebサーバーソフト

Apacheはwebサーバーソフトの代名詞でもあり20年近く多くのサーバーに導入され運営されてきた実績があります。 2010年頃にはシェア70%近くありました。 近年になりシェアを落としてきていているものの、まだ大体40%~50%ほどのシェアがあります。

つい最近まで7割以上のシェアを獲得していたということもあり、日本のレンタルサーバーのほとんどでも導入されていたのがアパッチです。 サーバー系の書籍をみても本屋に並んでいるのはアパッチのものがほとんどでしたし、webサーバーを構築する際のソフトとしても大体、どのホームページでもアパッチを導入することを前提として いたところが多かったです。

nginx(エンジンエックス)とは?

近年、人気を伸ばしているwebサーバーソフトウェア

20年近くアパッチが全盛期だったわけですが、最近になって変化しつつあります。 「Nginx」がwebサーバーソフトとして選択されるようになってきたからです。 エックスサーバーなど日本の多くのレンタルサーバー会社でも、この「Nginx」が採用されています。

「Nginx」は2010年にはわずか5%ほどのシェアでしたが、2017年には33%、そして2018年12月にはシェアが40%となり、 2019年中か2020年にはApacheのシェアを超える見込みです。 なぜ人気になっているのかというと、webの規格として「HTTP2」が採用されたことが主だる理由になっています。 このHTTP2の規格にはアパッチよりもエンジンエックスの方が適しているためです。

Lite speed(ライトスピード)とは?

W3Cの統計データではまだまだシェアを獲得していないLitespeedですが、 日本ではレンタルサーバーのmixhostがこのWEBサーバーを導入して知られるようになってきています。

しかしながら、ここ最近では「Nginx」に次いで増えてきているWEBサーバーとなっていて採用されるケースが多くなってきています。

レンタルサーバー各社の採用WEBサーバーソフト

会社 WEBサーバー
エックスサーバー Nginx
スターサーバー Nginx
mix host LiteSpeed
Conoha Wing Apache+nginx
さくらインターネット Apache+nginx
ヘテムル Apache
ロリポップ Apache
お名前レンタルサーバー Apache
WADAX Apache
GMOクラウド Apache
バリューサーバー Apache
さくらインターネット Apache
クイッカ Apache
CPI Apache

結局、どのwebサーバーソフトがベストなのか?

「Nginx」が現在の人気WEBサーバー

レンタルサーバーを利用する身としては、どのサーバーソフトが最適なのか?という点が気になるところです。 個人的な感覚では、このワードプレスがとても流行っていてHTTP2という規格が浸透している今であれば「Nginx」を採用しているレンタルサーバーがいいように感じています。

今後はレンタルサーバーでも「Nginx」採用サーバーが増加していく可能性が高い

世界的にみると4割ものシェアとなっている「Nginx」ですが、2017年にようやくエックスサーバーが導入を始め、 さくらインターネットや、Conoha Wing、スターサーバーといったレンタルサーバーも順次「Apache」から「Nginx」への移行を 始めています。

ドメインとは

レンタルサーバーとは

目次

特集

カテゴリー


【サイト内検索】