CPIレンタルサーバー

法人利用率90%!会社のホームページ制作に最適な「CPIレンタルサーバー」を徹底レビュー

【お得情報】お試し体験が10日間ついてくる
料金 初期料金:20000円(1年契約:0円)/月額:4400円(1年契約:3800円)
稼働率 SLA(品質保障制度)稼働率100%
容量・データベース 無制限

運営実績20年。KDDIウェブコミュニケーションズが運営するCPIレンタルサーバーは「これからいくつかホームページを作りたい」 と考えている会社にとっておすすめのレンタルサーバーになります。

マルチドエインやデータベースが無制限なので、複数のワードプレスやホームページを作れますし、 サイトアカウントごとに管理画面(ID・パスワード)を別に出来るので、複数サイト作成しても保守が万全です。

そしてCPI独自の「スマートリリース機能」のおかげでワードプレスのバージョンアップ時など、あらゆる場面で問題がでても、 かんたんにデータを戻すことが出来るのが魅力です。

また、サーバー稼働率も「SLA稼働率100%保障」が設定されていますし、いろいろな設定や他社からの移行などについても相談に乗ってくれます。 このCPIは月額3800円となりますので料金は他のレンタルサーバーより高く個人での利用はおすすめしませんが、 法人利用に見合うサービスと機能を持っているレンタルサーバーだと思います。

CPI公式

1.CPIレンタルサーバーの特徴まとめ

その1.料金について

料金 初期料金:20000円(1年契約0円)/月額:4400円(1年契約3800円)
1ヶ月あたり料金(最安値) 初年度:月額3800円+ドメイン料金/2年目:月額3800円+ドメイン料金

料金については1年払いがおすすめです。初期料金の1万円が無料になりますし、月額料金もやすくなります。

月額料金は基本は4400円(3ヵ月払い)。4100円(6ヵ月払い)。そして1年間の年間契約で3800円となります。 当サイトで紹介しているレンタルサーバーはほとんど1000円台となっているので、正直、料金については高くなっています。

ただし、会社として考えた場合、月額4000円であれば十分ホームページ運営に支払える金額だと思いますので、 「これからいくつかホームページを作って運営していきたい」と考えている会社にはおすすめしたいレンタルサーバーです。

その2.主なサービス内容一覧

サービス一覧
稼働率 SLA(品質保証制度)100%を保証
制作支援ツール スマートリリース:テストサーバー構築や30世代自動バックアップ機能
コールセンター 電話対応も年中無休(有償)
フォーム作成サービス 申込フォームやアンケートフォームがかんたんに作成可能
マルチドメイン 無制限(データベースも無制限)
グループウェア iQube+(アイキューブプラス)が30IDまで無料利用可能

1.サーバー稼働率100%保障

SLA(稼働率保証制度)を導入していて稼働率100%を保証してくれています。 レンタルサーバーの月間サーバー稼働率が100%未満の場合は、基準に則りサーバー費用を返金してくれることになっています。

データーセンターは東京都内に設置され、専任の担当者も常駐していてサーバー運用監視体制も整っています。

2.制作がスムーズになる「スマートリリース」機能

SmartReleaseとはウェブ制作のトラブルを未然に防ぐ次世代サーバーツールとなっていて、 ウェブ制作者を悩ませる 問題を解決するべく開発されました。 「制作をかんたんにする」をコンセプトに、あらゆるタイミングに自動バックアップしてくれて、 そのファイルを使ってデータ戻すこともかんたんに出来ます。

CPIを選ぶ1番の理由がこの「SmartRelease」機能と言ってしまってもいいでしょう。

3.マルチドメインとデータベースは無制限

ワードプレスなど複数サイト作成については、マルチドメイン無制限&データベース無制限となっているので、 幾つでも作成することが可能になっています。

4.電話コールセンターは年中無休

当サイトで紹介している17社のレンタルサーバーでは唯一、コールセンターでの電話対応が年中無休となっています。 土日や夜間でも対応してもらえるのは魅力です(有償)。

5.グループウェアが30IDまで無料

人気のグループウェア「iQube+」(アイキューブプラス)が30IDまで無料で利用することができます。 元々10IDまでは無料利用が可能になっていますが、CPIを利用することで30IDまで無料になります。

2.CPIメリットとデメリット

その1.【メリット】独自のスマートリリース機能が魅力

まずCPIレンタルサーバーは「KDDIグループ」で運営されていて、23区内に設置されたデータセンターにサーバーが置かれていますので、 大企業が運営しているという点が魅力の1つではないでしょうか。

また制作面を考えたときにとても心強いのがCPIのメリットです。 スマートリリースと呼ばれるツールによってテスト環境の構築がかんたんになり、テスト環境で作ったサイトのリニューアルデータを一瞬で本番環境にアップできます。 他人も「ワードプレスのバージョンアップでサイトが表示されなくなってしまった」「間違ってファイルを削除」した場合でも データをすぐに戻せることが魅力の1つだと言えます。

自動バックアップもWEBで30世代、データベースで10世代となっていて他社の自動バックアップ期間よりかなり長くなっています。 このあたりもメリットの1つと言えるでしょう。

その2.【デメリット】 月額3,800円なので個人利用には料金が高い

法人利用率が90%ということで、月額料金が3800円と共有レンタルサーバーとしては価格帯が高くなっている点がデメリットと言えます。 個人利用で考えたときに料金の高さはネックになってしまうと思います。

CPIレンタルサーバーはこんな人に”おすすめ”のレンタルサーバー

1.会社用、ビジネス用のホームページをいくつか作ろうと思っている方
2.データを無料でかんたんに1日前に戻せる機能が欲しい方
3.ホームページごとにIDパスワードを分けて管理したい方

CPIレンタルサーバーの1番の魅力は、独自のスマートリリース機能。 毎日、取得する自動バックアップ機能でデータをかんたんに戻すことが出来るので、ワードプレスやホームぺージのタグを日々、変える方にはとても魅力的な 機能です。

「iQube+(アイキューブプラス)」と呼ばれるグループウェアも30人分まで無料になりますし、ワードプレスのデータ移行も無料で行ってくれたりと 会社向け、法人向けの利用におすすめしたいレンタルサーバーになっています。

CPI公式

こんなレンタルサーバーもおすすめです。

■他の法人用レンタルサーバーのおすすめも知りたい。

ビジネス向けのレンタルサーバーで他におすすめなのが「エックスサーバー ビジネス」。

月額料金は3000円ちょっととCPIより若干安い料金体系になっていて、CPIと同様にサーバー移転や各種設定を 無料で代行してくれるサービスを行ってくれます。 スマートリリース機能はありませんが、Webサーバーソフトに「nginx」を導入していたりと、サーバー性能についてはCPIよりうえになっています。 シェアNo1、人気No1のレンタルサーバーになりますので基本的にサービス内容が充実しています。

CPIでスマートリリース機能を取るか、エックスサーバー ビジネスでサーバー機能やサービス内容の良さを取るのかの判断になります。 どちらも法人利用を考えている会社にとっては魅力的なレンタルサーバーだと思います。

エックスサーバービジネス

レンタルサーバーの項目【各社の比較一覧表】
1.ストレージ 2.WP簡単インストール 3.コールセンター対応 4.データベース数 5.容量
6.CPU&メモリ 7.webサーバー 8.自動バックアップ 9.無料SSL 10.転送量

レンタルサーバー

特集

ドメイン