nslookup

マルチドメインで使えるデータベース数の比較

ここでは各社レンタルサーバーで使用できるデータベース数について紹介と説明をしたいと思います。

wordpressとデータベースの関係

1つのwordpressで基本1つのデータベースが必要

wordpressを作る場合、基本的には1つに対してデータベースも1つ必要になってきます。無理をすればデータベース1つでも複数のwordpressを作ることは可能ですが、 拡張性の問題だったりで運営していくうちにまず難しいのでこれはおすすめできません。

そのためレンタルサーバーのプランでどれだけwordpressを運営できるのか。を考えるときにはマルチドメインも当然ですがデータベースの使用可能数も見なくてはいけません。

マルチドメインが多くてもデータベースが少ないとwordpressを作れない

例えばエックスサーバーやヘテムルの場合マルチドメインは無制限となっています。そのためドメインを100個取得しても1つのレンタルサーバーで使うことが可能になっています。

そしてデータベース数を見るとエックスサーバーでは50個、ヘテムルでは100個になっています。どちらも人気レンタルサーバーなのでとても使用可能数が多いですが、 他のサーバーでは10個やそれ以下ということもあります。この場合、このデータベース数が実質的にワードプレスを作れる数ということになります。 このデータベース数とマルチドメイン数についてはレンタルサーバー比較のページでまとめています。