ドメインの種類

独自ドメインの種類について

ドメインの種類

ドメインには「.jp」や「.co.jp」など、実に500種類以上の種類があります。

まずは「.net」「.org」などの用途別ドメイン。また、日本の「.jp」にあたる世界各国がそれぞれ1つずつ持っている国別ドメインや、「.tokyo」「.osaka」などの地域ドメインがあります。

さらに、日本では「日本語.jp」のようにドメイン名に日本語を含む日本語ドメインが存在します。

実際のところ、日本において登録数の多い人気のドメインは次の3種類になるでしょう。

「.com」
「.jp」(日本の国別ドメイン)
「.co.jp」(法人専用ドメイン)

他にも「.net」や「.info」などのドメインが登録数が多いドメインではないでしょうか。


■ドメインの種類による違いは3つある

独自ドメインの種類における主な違いは「料金」、「登録条件」、「役割」の3つ。
ではないかと感じています。

それぞれの違いについて説明してみたいと思います。

1.「料金」の違い

ドメインはその種類によって料金が変わってきます。100円で登録できるドメインもありますし、1万円を超えるドメインもあります。

「.jp」のように同じ種類のドメインであっても、ムームードメインやエックスドメインなど登録するドメイン会社によって価格が違ってきます。

人気のドメインの価格帯として「.co」が1年あたり800円~1,200円ぐらいの料金。「.jp」や「.co.jp」が3,000円~5,000円ぐらいの料金になっています。

ドメインの料金は一律で1年間の年間支払いとなります。初年度の料金と、2年以降の料金が違ってくるのも特徴と言えます。初年度の料金だけでなく、2年以降にかかる料金も確認して見てください。

2.「登録条件」と「役割」の違いについて

ドメインの違いとして、他にも「登録条件」や「役割」の違いがあります。

■登録条件がないドメイン

「.net」などの用途別ドメインには登録条件がなく、世界の誰でも簡単に登録できるドメインになります。そのため10分もあれば持つことが出来ます。地域別ドメインや日本語ドメインも同様に登録条件がありません。国別ドメインである「.jp」も問題なく登録できます。

■登録条件ありドメイン

一方で登録条件があるドメインは「.co.jp」(法人専用)、「.ac.jp」(教育機関)、「go.jp」(政府機関)といったドメインになります。これらのドメインを登録する場合、法人であることや教育機関であることといった要件を満たし、さらに書類の提出などが求められます。

■役割(ドメインの意味)について

ドメインにはそれぞれ役割として「.net」であればネットワーク用のドメインと言う意味があり、「.co.jp」で言えば日本の企業専用のドメインという意味があります。

ただし、それぞれに役割があると言っても「.net」のような自由登録できるドメインであれば、その役割とサイト内容が合っていなくても登録することができます。

誰でも登録が可能なドメインまとめ

ドメイン名 特徴
.com 商用向けドメイン
.net ネットワーク用ドメイン
.org 非営利組織用ドメイン
.biz ビジネス用途を対象にしたドメイン
.info 情報サービス向けドメイン
.jp 汎用JPドメイン。日本国内であれば誰でも登録可能
.tokyo 地域別ドメイン。東京のドメイン
.nagoya 地域別ドメイン。名古屋のドメイン
日本語.jp 日本語ドメイン。URLが日本語で表記されます

この他にも「.work、.company、.inc、.hosting、.website、.school、.social」などたくさんの種類のドメインが登録制限がなく、自由に登録することが出来ます。

取得には条件が必要なドメインまとめ

ドメイン名 特徴
.co.jp 日本で登記している会社のためのドメイン。
or.jp 財団法人、社団法人、医療法人など様々な法人のためのドメイン。
ne.jp 日本国内のサービス提供者が利用者のために営利または非営利で提供するネットワークサービスのためのドメイン。
ac.jp 教育機関や研究機関のためのドメイン。
go.jp 政府機関や各省庁の機関のためのドメイン。

まとめ

ドメインにはたくさんの種類があるため、「.jp」や「.net」など、どの種類のドメインで登録するべきか迷う方も多いと思います。

実際のところ、訪問者からすると「domain.net」と「domain.jp」という、違うドメイン名のホームぺージがあったとしても、そのドメイン名の違いまで意識して見ている人はあまりいません。役割などの違いもありますが、現実的にもっとも違いが出てくるのは料金面だと言えます。

まずは、自分が求めるドメインを考える。それから各ドメイン会社で料金を調べる。その他のサービスを比較する。という形で登録していくイメージになるでしょうか。

ドメインの種類が充実しているのは、お名前.comやムームードメインになります。お名前.comであれば580種類近いドメインを扱っています。ムームードメインも400種類も登録できます。

ドメインのより詳しい情報についてはこちらを参考にしてみてください。