ドメイン取得への道

ドメイン取得への道

ドメイン数70万件突破の「スタードメイン」を完全解説(2022年1月)

記事編集:2022年1月24日

【キャンペーン情報】ドメイン登録で無料レンタルサーバーが借りられる
料金 「.com」:1年目968円/2年目以降1,298円
「.jp」:1年目2,596円/2年目以降2,596円
「.co.jp」:1年目1,980円/2年目以降4,048円
支払い方法 クレジットカード・PayPal(ペイパル)・コンビニ・銀行振込み

スタードメインはドメイン数70万件を突破し、大手ドメイン会社の1つと言えます。 ムームードメインの申込み数が400万件なのでまだ開きがありますが、スタードメインもかなり登録数を増やしてきているイメージを持ちます。

スタードメインが登録者を増やしている最大の理由は、ドメイン登録によって「無料レンタルサーバー」が借りられること。 広告がなくワードプレスが作れるため、ワードプレスを最低価格で作りたい方はスタードメインがいいでしょう。

また、ドメイン料金の20%がポイントとして貯まり、スターサーバーで支払いに当てられます。 提携サービスであるスターサーバーではライトプラン(330円)からワードプレスが作れるため、月400円ほどでワードプレスが持てることになります。

「ワードプレスは作りたいけれども、とにかくコストはかけたくない」という料金重視の方はスターサーバーは検討した方が 良いでしょう。

スターサーバー公式

スタードメインのここがすごい!

管理画面がわかりやすい

スタードメインの管理画面は大変わかりやすい管理画面になっています。実際にドメインを登録してみても設定やFTP情報の確認などをするのにあまり迷うことがありませんでした。 導線がしっかりしているのでストレスなく使うことができます。

また、スターサーバーなどの提携レンタルサーバーも同じ管理画面で設定することが出来ます。

そのため、1つの管理画面でレンタルサーバーとドメイン会社の2つのサービスを設定できるようになっているのが特長になっています。

スタードメインの管理画面

無料でレンタルサーバーが借りられる

スタードメインではドメイン取得することで、無料でレンタルサーバーが借りれます。

ディスク容量は20GBで、広告表示がありません。 独自ドメインの登録が条件になりますが、無料で広告表示なくホームぺージが構築できるサービスは、当サイトで紹介しているサービスでは スタードメインだけになります。

次の表ではスタードメインで借りられる無料レンタルサーバーと、スターサーバーのライトプランの比較をしています。

データ容量やサポート体制などには差がありますが、ワードプレスを作ってみたいという用途だけであれば 充分だと言えるでしょう。

項目 無料サーバー スターサーバー
(ライトプラン)
ディスク容量 20GB 160GB
商用利用
広告表示 なし なし
サポート対応 ×
プラン変更
Nginx
(エンジンエックス)
独自ドメイン 契約中ドメインのみ 50個
MySQL5 1(1GBまで利用可)
簡単インストール ワードプレス ワードプレス・EC-CUBE・Pukiwiki
メールアカウント作成 10 500

スタードメインの料金について

ドメイン料金は初年度は高く、2年次以降は平均的な価格
種類 初年度 2年以降~
「.com」 980円 1,298円
「.jp」 1,900円 3,102円
「.co.jp」 4,080円 4,135円

スタードメインの料金体系は、

ドメインの種類にもよりますが、エックスドメインとスタードメインの2社が最も安い料金になっているドメインが沢山あります。 この2社はどちらも同じ会社が管理しています。

さらに、エックスドメインの場合は初年度料金がスタードメインより低くなっています。

ドメイン料金の20%がポイントとして貰える

スタードメインでは「ネットオウルポイント」と呼ばれるポイントがあります。 ドメイン料金に対して20%がポイントとして付与されます。

付与されたポイントはレンタルサーバー(スターサーバー)の料金に充てることが出来ます。



まとめ

スタードメインのもっとも魅力的な点は無料レンタルサーバーが一緒に借りられる点になります。

料金をかけずにホームぺージを作りたい場合、レンタルサーバーの費用が浮く分、他の格安レンタルサーバーを借りるよりも 費用をかけずに作ることが出来ます。

まず、最初は低コストでホームぺージを構築したい方におすすめのドメイン会社と言えます。

スターサーバー公式

各社解説

ドメインとは

ドメイン基礎

特集

サービス解説

ドメイン特徴