ムームードメイン

100万件の稼働ドメイン「ムームードメイン」のレビュー&評価(2018/11更新)

【情報】ホームぺージ簡単作成「グーペ」と連携でかんたんショップサイト構築→グーペ
料金 「.com」:1年目1160円/2年目以降1480円
「.jp」:1年目2480円/2年目以降3040円
「.co.jp」:1年目3980円/2年目以降3980円
支払い方法 クレジットカード・おさいぽ・コンビニ・銀行振込み
自動更新 自動更新あり
whois情報 ○:代理公開制度あり

ムームードメインはこれまでレンタルサーバー『ロリポップ』の系列ドメイン会社としての位置づけが強かったですが、 2018年秋に公式ホームページがリニューアルしフラットデザインになったことでサイトイメージも大きく変わりました。 (※管理画面は以前のままです)。

申込みドメイン数が400万件となっています。実数ベースで考えると2016年時点でのムームードメインにおけるドメイン登録数(稼働ドメイン)は100万件を少し超えています。 日本における稼働ドメイン数はおおよそ600万件前後ほどになると思いますので、ムームードメインだけで17%弱とかなりのシェアを担っていることになります。 人気のドメイン会社と言えるでしょう。(シェア1位はお名前.comでどちらもGMOが運営してます。) イメージ的には「お名前.com」を簡略化して使いやすくしたのが「ムームードメイン」と言えます。

連携しているサービスが多いのが魅力で、最近ではwebメールである「ムームーメール」や、簡単にワードプレスが作成できる「ムームードメイン for WPホスティング」 といったサービスを導入していて、レンタルサーバーを借りなくともワードプレスが作成できるようになっています。

ムームードメイン公式

ムームードメインの特徴&レビュー評価

多いときは20個ほどのドメインを登録していたムームードメインですが、その特徴や使ってみたレビューをまとめていますので、紹介したいと思います。

1.ムームードメインの料金について

ドメイン料金は平均的。

料金については「.com」が1160円です。「.jp」が2480円、「.co.jp」が3980円となっています。 ドメインの料金については大手ドメイン会社であれば、さほど変わりはなく違いがあっても年間数百円ほどなので、料金については横並びになっています。

キャンペーンが豊富

ムームードメインはGMOが運営している会社ということもあり、「お名前.com」や「バリュードメイン」と同じくキャンペーンが多いです。 期間限定で数百円安くなるドメインなどがあります。

2.ムームードメインの基本的な機能と特徴

その1.400種類以上のドメインが契約できる。

ムームードメインでは「.com」「.jp」だけでなく「.website」や「.shop」など数多くのトップレベルドメインが契約できます。 登録ドメイン数は「お名前.com」に次いで2番目に多さとなっています。

その2.WHOIS情報変更が出来る

WHOIS情報登録の変更ができます。これにより登録情報を個人情報から、ムームードメインの会社情報に変更が可能になります。 設定の変更もかんたんに出来ます。Whoisとは?

その3.ムームーDNSで連携サービスはかんたん設定が可能

ヘテムルやロリポップなど連携サービスのDNS設定がかんたんに行えます。 クリック操作で出来るので自分でDNS設定をする煩わしさがありません。

その4.自動更新設定ができる

取得ドメインに対して自動更新の設定が出来ます。自動更新設定もとてもカンタンに行えます。

その5.管理画面が見やすい

ムームードメインの管理画面は必要最低限なものしか表示していないため、わかりやすいインターフェースになっています。 以前は自動更新の支払い方法などに難がありましたが、それも解消されとても設定がかんたんになりました。

管理画面の使いやすさとしては、ドメイン各社のなかでも使いやすい管理画面だと思います。 管理画面の使いやすさでいえば、ドメイン会社であればムームードメイン、レンタルサーバーならヘテムルが1番だと思っています。

ムームードメイン公式

3.連携サービス一覧

ムームードメインと連携しているサービスを紹介します。

ムームーメール

独自ドメインを取得すると、1ヶ月たった50円でメールアカウントが持てるようになるのが「ムームーメール」のサービスです。 容量は30GBあり、アカウントも無制限に利用が可能なのでメール機能だけ欲しい場合はうってつけのサービスです。

個人アドレスとして使う分にはお手軽ですが、会社用や仕事用のアドレスとして利用する場合は、30GBの容量を使いきった時にどうなるのか? という点がありますので「ドメイン」+「レンタルサーバー」という本来の形でアドレスを持ったほうがいいような気もします。

ムームードメイン for WPホスティング

ワードプレスを作る場合、ムームードメインにプラスして「ロリポップ」や「ヘテムル」などレンタルサーバーを契約してワードプレスを始めるのが一般的です。

しかし、この「ムームードメインWPホスティング」のサービスがあれば別にレンタルサーバーを契約しなくてもワードプレスを設置することが出来ます。 レンタルサーバーを契約しなくてすむので、レンタルサーバー分の契約や管理の手間が省けます。 「まず気軽に1つワードプレスを作ってみたい」という場合はこの「ムームードメインWPホスティング」は設定も簡単なのでおすすめです。

簡単ショップサイト作成「グーペ」

グーペはレンタルサーバーと簡単ホームページ作成の機能が合体したようなサービスになります。 クリック感覚でホームページを作れるので、HTMLなど知らなくても誰でも簡単にホームページが作れます。 特に店舗や会社などのホームページ作成に向いているサービスです。

ムームードメインでグーペの申し込みをするとDXプラン1500円が1200円まで割引されて300円も安く利用することが出来ます。

人気レンタルサーバー「ヘテムル」「ロリポップ」

高機能でコスパの良い「ヘテムル」と格安レンタルサーバー「ロリポップ」との連携しています。 本来レンタルサーバーを借りた場合は、ネームサーバーの設定が必要になりますが、連携しているサーバーの場合はそれが とても簡単になりボタン操作だけでネームサーバー設定することが可能になっています。

ムームードメインでドメイン取得を考えている人で、ネームサーバー設定を自分でしたくない人はロリポップかヘテムルでのサーバー登録をおすすめします。

ロリポップ・・・月額500円のプランが人気の格安レンタルサーバー。
ヘテムル・・・月額1000円で個人的にお気に入りの使いやすいサーバー。

4.まとめ

ムームードメインはもともとロリポップの系列ドメイン業者の位置づけで人気を博していたドメイン業者になります。 申込み数が400万件を突破しているということもあり、実質「お名前.com」と「バリュードメイン」に次ぐ3番目にドメイン登録数を確保しているドメイン業者ということになります。

バリュードメインやお名前.comなどより管理画面はわかりやすく作られているので、初心者の方やあまり設定などをしたくない人に向いているドメイン業者とも言えます。

ムームードメイン公式

初心者に最適な「ムームードメイン」。ベストなレンタルサーバーはどこですか?

ムームードメインでレンタルサーバーを借りる場合、どこのサーバーがおすすめになるでしょうか? 2つのレンタルサーバーを選んでみましたので、そちらを紹介してみたいと思います。

結論として、ムームードメインを使う場合は連携サーバーになっている「ロリポップ」や「グーペ」で一緒にサーバー申込をするのがベストだと思います。 なぜなら初心者の方には敷居がたかいネームサーバー設定がかんたんになるからです。

おすすめ1.格安レンタルサーバーの「ロリポップ」

1番目におすすめするのが、ロリポップになります。 格安サーバーとして人気があるロリポップですが、60秒で作れる「かんたんワードプレス」や、「モジュール版PHP」でサイト表示の高速化もばっちり。 さらに「自動バックアップ」などなど、それなりに機能は充実しています。

最も人気のプランは月額500円となり、一般的なレンタルサーバー(大体月額1000円ぐらい)と比べても半額で利用することができます。 コストパフォーマンスにすぐれたレンタルサーバーなので、まず初心者の方がホームページを作ってみたい場合におすすめです。

ロリポップの解説・レビュー

おすすめ2.店舗のホームページ作成には「グーペ」

系列サーバーの1つにかんたんホームページ作成の「グーペ(月額1000円~)」がありますが、 これはHTMLやCSSがわからない人でもクリック感覚でかんたんにホームページが作れるサービスになっています。 美容室や飲食店、または歯医者さんのようなお店のサイト作成に最適です。自分の時間をあまり使うことなくホームページが作れます。

このグーペもGMO系列のレンタルサーバーなので、クリック1つでネームサーバーの設定ができます。

グーペの解説・レビュー


各社一覧

ドメインとは

レンタルサーバー