ドメイン取得への道

ドメイン取得への道

NTTPCコミュニケーションズ運営のドメイン会社「名づけてネット」を解説

記事編集:2022年8月21日

【特徴】85%が法人利用。.co.jpの登録者数が3万社を突破
料金(初年度) 「.com」:1,320円
「.jp」:3,080円
「.co.jp」:7,920円
登録実績 20万件
whois情報変更 あり

NTTPCが運営するドメイン会社「名づけてネット」は、2018年の料金改定によって価格が低価格になりました。 これによって、競合他社であるドメイン会社とほぼ同じ料金体系にまで下がってきたと言えます。

同じNTTコミュニケーションズが運営するレンタルサーバ「WebARENA」と一緒に申込みをした場合、 初期費用と1か月分の月額料金が無料になるキャンペーンもあります。

その他にもメール専用サーバーや共用サーバーなど多数のサービスを提供しています。 NTTpcが提供するレンタルサーバーの登録を考えている場合、一緒にドメインを「名づけてねっと」で登録すると、DNS設定が簡単になるメリットがあります。

基本的にはNTTPCのレンタルサーバーを検討していて、独自ドメインとセットでサービスを受けたい、法人向けのドメイン会社と言えます。

名付けてネット

名づけてネットの料金について

料金改定で初年度は他社と同じレベルまで値下がり

名づけてネットの「.com」料金は初年度で1,320円になり、初期料金も無料で申込みをすることが出来ます。 「.jp」については3,080円となり、こちらも他社の料金とほぼ同じレベルの価格帯と言えます。

初年度のドメイン料金については料金改定前の1/3ほどになり、他社ドメイン会社と同じぐらいの価格帯まで値下がりしました。

「.co.jp」については7,920円。法人専用ドメインになります。

2年目以降の料金について

独自ドメインには初年度料金と2年次以降の料金に分かれます。

名づけてネットの場合、2年次以降のドメイン料金は変ってきますので、 自分が登録したい独自ドメインの2年次以降料金については、よく調べておきましょう。

料金体系のまとめ

名づけてねっとのドメイン料金は、ドメインの種類にもよりますが総じて他社よりもわずかに高くなっています。

ただし、独自ドメインの料金は1年間分の料金になります。そのため「.co.jp」の料金が他社と3,000円ほど違うといっても それは1年間のコストの違いでしかありません。月間で考えると数百円での違いでしかありませんので、コスト面での負担はあまり気にしないで 良い範囲だと言えるでしょう。

メリットとデメリット

【メリット】グループ利用の安心感

NTTPCが提供するレンタルサーバーは種類がたくさんあります。それらのプランを契約する場合、 名づけてネットでドメインを登録しておくと、DNS設定が簡単に出来るようになります。

レンタルサーバーもNttpc、独自ドメインもNTTpcというように、セットで登録しておくと 料金や設定など幾つかのメリットが出てきます。

【デメリット】ドメイン関連のサービス

独自ドメインにおける関連サービスは、ほとんど活用する機会がない会社がほとんどだと思いますが、 お名前ドメインなどと比べると提供されているサービスには違いがあります。

法人向けのドメインとしてセキュリティなどを意識している場合は、お名前ドメインが提供するサービスを一度確認しておきましょう。

名付けてネットはこんな人におすすめのドメイン会社

1.WebARENAのレンタルサーバーを検討している人
2.その他、メールサーバーなどNTTPCが提供のサーバーを検討している方

名付けてネット

競合他社

シェアNo1のドメイン会社

ドメイン会社で人気No1になっているのがお名前.comになります。 シェアも1位となり取り扱いドメイン数や、その他の設定などが充実しています。

お名前.com

各社解説

ドメイン基礎

特集

サービス解説

ドメイン特徴