お名前.com

圧倒的シェアNo1の「お名前.com」に実際に登録してみたレビューと感想

【お名前.com】登録実績2500万件突破!
料金 「.com」:1年目1円/2年目以降1,408円
「.jp」:1年目480円/2年目以降2,780円
「.co.jp」:1年目4,010円/2年目以降5,720円
支払い方法 クレジットカード・コンビニ払い・銀行振込・Amazon Pay
自動更新 〇:自動更新あり
whois情報 ○:代理制度あり

ドメイン業者で1番人気があり有名なのが「お名前.com」です。実にドメイン登録の7割~8割がここで登録されているとか、そうじゃないとか。ドメイン専業の会社で最大手といっていいでしょう。

日本でのドメイン稼働実数(これまでの登録数ではない)はおおよそ600万件ほどです。各社の会社情報をくまなく調べて調べてみた予想値ですが「お名前.com」が330万件、「バリュードメイン」が100件、「ムームードメイン」が100万件となり、この3社でシェア90%にもなってしまっています。とにかく圧倒的にシェアNo1なことは間違いありません(2017年調べ)

そして、最大手の会社だけあって扱っているドメインの種類はとにかく多いですし、中古ドメインのオークションサービスがあったり、一気に30個以上のドメインを取得するとドメイン料金が100円以上安くなるセット割などもあります。キャンペーンも多く、タイミング次第では人気のドメインでもお得な料金でドメイン登録できます。

ドメインの料金支払いにおいても、支払い期限をハガキで知らせてくれたり、サービス面でも他のドメイン会社より網羅したサービスを提供してくれている会社になっています。

ドメイン料金は「.com」で2年目からの更新料金が1,280円となっています。お名前.comはキャンペーンなどで、初年度料金が週単位で変わります。現在どの価格になっているのかは公式ホームページで確認をとってください。

お名前.com公式

1.お名前.comの料金について

種類 初年度 2年目以降~
.com 240円 1,280円
.jp 1,060円 2,840円
.co.jp 3,660円 5,180円
2020/12月14日時点の料金(初年度料金は週単位で変更になります)

年間の「.com」料金は240円

1年間あたりの「.com」料金は240円(2020年12月14日時点)となり、2年目からの更新料金は1,280円となります。キャンペーンなどで料金は安くなることも多いです。価格の変動はありますが「.com」料金は1,000円ちょっとということで覚えておけばいいと思います。

他のドメイン会社もおおよそ、初年度は800円ぐらい、2年目から1,200円ほどの料金になっています。1年間の料金として、数百円程度の違いになりますので、ドメイン料金は実はそこまで料金の違いはありません。

料金は「クレジットカード」「銀行振込」「コンビニ払い」「Apple pay」で支払いが出来ます。クレジットカード払いなら自動契約更新といって、自動的に料金を支払う支払い方法が選択できます。

各種キャンペーンについて

お名前.comは常になにかしらのキャンペーンを行っています。キャンペーンは大抵「初年度料金だけの限定価格」となっています。2年目の更新料金からは通常での支払いになるのが注意点です。初年度と2年目以降の料金の違いをしっかり確認しておきましょう。

2.サービス内容

■ドメインの種類は580種類以上

登録できる独自ドメインは「.jp」や法人向けの「.co.jp」など実に580種類にもなります。ムームードメインでも登録ドメインは400種類となります。実質ドメイン会社ではゴンベイドメインに続いてドメインの種類が多い会社になっています。

人気のあるドメインは「.jp」や「.net」など実質5つ程だと思っていますが、どうしても単一キーワードでドメイン登録したい場合は、「.shop」や「.work」など様々なドメインが選ぶことで単一キーワードのドメインが登録できます。

■ハガキで有効期限をお知らせ

お名前はドメイン会社でおそらく唯一ハガキで更新期限を教えてくれる会社になります

もし、メールを見忘れていてもハガキで教えてくれるため、支払い忘れを防止することができます。料金の支払い忘れはドメインの失効に繋がりますので、有効期限をハガキで知らせてくれる、お名前のハガキサービスはとても大きいと思います。

■Whois情報代理(注意あり)

独自ドメインを登録するとWhois情報として名前や会社名などを登録しなくてはいけません。そして、この情報はドメイン管理者(レジストリ)によって管理され、誰でも該当サイトから情報を調べることが出来るようになっています。

このwhois情報については、ほぼ全てのドメイン会社で常に無料で代理登録してくれるようになっています。管理画面から「代理登録」を設定さえすれば、自分の名前な会社名ではなく、そのドメイン会社の名前で登録することが出来るようになっています。お名前も管理画面からもれなく代理登録が設定できます。

お名前の場合、このwhois情報代理のサービスは、ドメイン登録時に同時設定した場合に限り無料になります。ドメイン登録をした後に、「忘れてしまった」と設定を変える場合は年間で980円発生します(他社は無料)。

お名前のサービスで唯一と言ってよい、他社より悪いサービスと言えます。そのため、whois情報についてはドメイン登録時に忘れずに登録しておきましょう。(詳しくはその他のサービス料金にて確認)

この分のサービスが、他社にないハガキサービスなどに繋がっていると思われます。Whois情報の代理登録は、まずは設定しておくに限ります。登録時に忘れないよう設定しておきましょう。

■支払い忘れでもドメイン復旧ができる

もし、ドメイン料金の支払い忘れが起こってしまった場合でも、一定期間は有料でドメインを復旧することが出来るようになっています。

「.jp」では復旧費用が4,400円、「.co.jp」では10,000円となっています。

3.使ってみたメリットとデメリット

少し見づらくなった管理画面。

下の画像がお名前の管理画面になります。以前は同時に70個以上登録していたこともありましたが、2020年現在は5個ほどドメイン登録している状態になっています。

↓下の画面がお名前の管理画面になります。

お名前 管理画面

料金の支払いに関しても自動更新があり、自動登録しておけばクレジットカードで毎年、自動的に支払いをしてくれます。

お名前の管理画面で難があるとすれば、ログイン直後の画面が毎回「料金の自動更新」画面になっている所になります。料金の支払い忘れを防ぐための処置だと思いますが、各ドメインの状況を把握するために毎回「ドメイン一律」の画面をクリックしなくてはなりません。

ドメインを10個を超えて複数持っている場合で頻繁にログインする人にとっては、すこし煩雑さを感じるかと思います。メニューより「ドメイン」>「利用ドメイン一律」をクリックすることで「支払い期日」や「ネームサーバー設定」が確認でき、すぐにドメインの状態がわかります。

他社にはない各種設定ができるのが魅力

お名前.comの「ドメイン設定」ではドメイン申込みだけでなく、価値のあるドメインを購入できたり「ドメインプロテクション」「TMCH管理」「他IDへの振替」など各種設定ができるようになっているのが魅力になります。

普通にワードプレスで自分のサイトを持っている限りではあまり使うことのないサービスになりますが、法人でのドメイン活用や、ドメインを他の方に渡したい場合に助かる機能が完備しています。

私の場合、過去にホームページを売却しドメインを他社に渡したことがありますが、アカウント譲渡の際「お名前ID付け替え」機能を使いました。この機能があったおかげで、比較的簡単に移行を無事完了させることが出来ました。

↓設定画面からいろいろな設定できる お名前.com 設定画面

まとめ

まず、登録しておきたいドメイン会社

なんだかんだいって一時期「お名前.com」で同時に70個ぐらいのドメインを取得していました。他社よりも多くのドメインを管理していましたし、不満も持っていませんので、総合的にまず登録しておきたいドメイン会社だと思っています。

お名前 独自ドメイン管理

更新期限をハガキで知らせてくれる点など、お名前だけのサービスもあります。ドメイン会社選びに迷っているのであれば、まずは「お名前.com」にしておけば問題ないと思います。

評価は◎としておきます。

お名前.com公式

お名前と合わせたいレンタルサーバー

大手企業のレンタルサーバーを使いたい人には「WebARENA SuiteX」

安定性を求めている方におすすめしたいのが「お名前.com」+「WebARENA SuiteX」の組み合わせです。

「WebARENA SuiteX」はサーバーの安定制が高く(稼働率100%保証でNTTコミュニケーション運営となります)、それでいて毎月の料金は月額1361円からと利用が可能です。安定性を求める企業の方に一押しなのがこちらのメールプラン(月額10,000円)になります。料金は高くなりますがメールの安定性を求めるならこちら。

  • WebARENA SuiteX・・・NTTコミュニケーション運営のあんしん感

ネームサーバー設定をかんたんにしたいなら「お名前レンタルサーバー」

レンタルサーバーを借りてワードプレスやホームページを作る場合、ドメイン会社の管理画面から「ネームサーバー設定」しなくてはいけません。

このネームサーバー設定は、ドメイン会社とレンタルサーバーを同じ運営元で契約することによってボタン操作だけで設定をすることがができます。そのため「お名前.com」であれば「RSプラン(お名前レンタルサーバー)」を一緒に申し込むことで、ネームサーバー設定がボタン操作だけで完了させることができるようになります。

ネームサーバー設定をかんたんにしたい方は「お名前.com」と「RSプラン(お名前レンタルサーバー)」が良いでしょう。また「エックスサーバー」であれば「エックスドメイン」とで申込むと同様に設定が簡単にできます。


各社一覧

ドメインとは

特集

サービス解説・比較

レンタルサーバー