ドメイン取得への道

ドメイン取得への道

マルチドメインなら複数サイト運営できる。メリット&デメリットも紹介

レンタルサーバーの1つ機能であるマルチドメイン。このページではマルチドメイン機能についての解説とメリット&デメリットについて解説していきます。

マルチドメインとは?

マルチドメインとは1つのレンタルサーバーの契約で複数の独自ドメインを登録できて、いくつもホームぺージが作れるサービスのことを言います。

もし、契約プランのマルチドメイン数が50個になっていれば、そのプランでは「独自ドメイン」を50個まで登録できます。 そして独自ドメインごとにホームぺージやメールアドレスが作れることになります。

この場合、ホームページが50個作れますし、メールアドレスも50ドメイン分作れることになります。

マルチドメイン機能がなければ作れるホームページは1個

もしレンタルサーバーのプラン内容にマルチドメイン機能が入っていない場合、レンタルサーバーに登録できる独自ドメインは1つだけになります。 この場合、作れるホームページは1つだけになります。

「aaaaa.jp」〇:ドメイン登録できる(https//:aaaaa.jp)
「bbbbb.jp」×:登録出来ない
「ccccc.jp」×:登録出来ない
「ddddd.jp」×:登録出来ない
「eeeee.jp」×:登録出来ない

もし、追加でホームページやワードプレスを作りたくなったとしても登録できる独自ドメインが1つだけなので、作ることが出来ません。

多くのレンタルサーバーではマルチドメイン機能がついていますが、月額100円~200円ほどの低価格プランのレンタルサーバーだとマルチドメインの機能がないプランが多くなっています。

マルチドメイン5個なら5つのホームページが作れる

契約プランのマルチドメイン数が5個の場合、最大で5個まで独自ドメインが登録できます。 この場合、作れるホームページも5つになります。

「aaaaa.jp」〇:ドメイン登録できる(https//:aaaaa.jp)
「bbbbb.jp」〇:ドメイン登録できる(https//:bbbbb.jp)
「ccccc.jp」〇:ドメイン登録できる(https//:ccccc.jp)
「ddddd.jp」〇:ドメイン登録できる(https//:ddddd.jp)
「eeeee.jp」〇:ドメイン登録できる(https//:eeeee.jp)

月額300円~500円ほどのレンタルサーバーのプランになってくるとマルチドメイン機能がついてきます。

マルチドメインなら登録ドメインの分だけメールアドレスも作れる

マルチドメイン機能があるプランならホームページだけでなく、メールアドレスもマルチドメインの数だけ作れます。

マルチドメインを5個登録して5つのドメイン別にメールアドレスを作る

「aaaaa.jp」メールアドレス(info@aaaaa.jp)
「bbbbb.jp」メールアドレス(info@bbbbb.jp)
「ccccc.jp」メールアドレス(info@cccccc.jp)
「ddddd.jp」メールアドレス(info@ddddd.jp)
「eeeee.jp」メールアドレス(info@eeeee.jp)

また、それぞれのドメインごとにメールアカウントは複数作れます。たとえばメールアカウント数が無制限になっているプランであれば 「@aaaaa.jp」で30個、「@bbbbb.jp」では50個のメールアドレスを作ることも出来ます。

マルチドメインは50個や無制限で提供されているプランも多い

このマルチドメイン、今では多くのプランで採用されています。

当サイトで紹介している標準プラン(1,200円~1,500円ぐらい)であれば、マルチドメイン数が50個以上だったり無制限になっているプランも多くあります。

月額料金が500円以下の低価格プランでも、300円を超えるプランであればほとんどのプランでマルチドメイン数が10個以上になっています。

このように、1契約で複数のホームページが持てるサービスになるので「何個かホームページを作りたい」 「ドメイン別にメールアドレスを作りたい」人にとっては大変お得なサービスだと言えるでしょう。

ワードプレスとマルチドメインの関係

ワードプレスを作成する場合には「マルチドメイン」だけでなく「データベース」も必要

マルチドメインが50個の場合、ホームぺージが50個作れると説明をしましたが、 ワードプレスについてはこの限りではありません。

ワードプレスを1つ作成するためには、マルチドメインに加えてデータベースも1つ要ります

そのため、マルチドメイン数が50個あってデータベース数が10個の場合だと、実質データベースの提供数である10個までしかワードプレスが作れません。

このようにワードプレスを複数作る場合は、借りているプランのデータベース提供数が幾つなのかを把握しておきましょう。

低価格プランのデータベース数は要チェック

データベースで特に注意してほしいのは低価格プランを検討する際になります。

300円以下のプランの場合、プランによってはデータベース数が0個、または1個だけというプランがあります。

ワードプレスを複数作りたい場合は、大体500円ぐらいからのプランを選ぶことになると思います。

一方でレンタルサーバーでもっとも登録している人の人数が多いであろう1,200円~1,500円の価格帯においては 提供されているデータベース数が多く、50個や無制限となっているプランが大半になっています。

(解説:プランごとのデータベース数まとめ