ロリポップ

人気の格安レンタルサーバー「ロリポップ」を徹底解説!

【人気サーバー】2001年からご利用実績170万人を突破!
料金 初期料金:1500円
月額料金:600円(6か月契約で月500円)
マルチドメイン エコノミー20個/ライト50個/スタンダード100個
無料お試し 10日間あり

月額100円から使えるレンタルサーバーということで格安レンタルサーバーでは1番知名度が高いロリポップ。2001年からの運用開始でこれまでに170万人以上の利用者がいて、いまも200万サイトが実際にロリポップで運営されています。

初心者むけのレンタルサーバーということもあり、月500円のスタンダードプランからは電話サポートもあり、ワードプレスの簡単インストールも標準装備。モジュール版PHPとなっていて格安サーバーとは言え十分なレベルな制の性能となっています。

ロリポップ公式

1.ロリポップの特徴まとめ

その1.料金

エコノミー ライト スタンダード エンタープライズ
初期費用 1500円
月額料金(6か月) 100円 250円 500円 2000円
マルチドメイン 20個 50個 100個 無制限
データーベース なし 1個 30個 100個

ロリポップの1番人気のプランは月500円の「スタンダード」プランになっています。理由は明確で多くの人はワードプレスで複数サイトを運営するためです。 ワードプレスサイト1個につきデーターベースが1つ必要になります。そのためエコノミーでは0個なのでワードプレスが作れませんし、ライトプランでも1個しかないので1つしかワープレスが作れません。

そのため私もそうでしたがロリポップで契約する場合、データベースが30個使えるスタンダードプランを選択する人が多いです。6か月間の長期割引で600円→500円に値下がりされます。

格安サーバーで1番支持されているロリポップ。スターサーバーも似たような料金体系になっていますので、だいたい格安レンタルサーバーは月500円が目安ということになります。

その2.機能一覧(サーバー環境)

ロリポップは2017年にエンタープライズプランのSSD化をすすめていますので、順次その他のプランについてもSSD化となることが期待されます。

HHDからSSD化が進むと、それだけで処理速度が20倍ちかくになりますので、ほぼここが進むだけで圧倒的に早くなります。SSD対応されているサーバーであれば、もはや格安サーバーといっても十分に機能を果たしてくれることになります。

(1)webサーバーは「Apache2.x」

ロリポップで使われているwebサーバーは「Apache」になっています。

(2)CPUやメモリなどは非公開

ストレージなどのCPUやメモリなどの情報は今回の調査では追うことが出来ませんでした。いずれSSD化が終わったら公開されることを期待したいところです。

(3)モジュール版PHPに対応(PHP7)

2017年には既にPHP5.6からPHP7.1に対応できるようになっていますので、これでレスポンスタイムは5倍以上となっています。これからロリポップに契約する人はPHP7が問題なく使えます (※スタンダードプランより利用可能)

(4)コンテンツキャッシュ機能

2018年に実装されたこの機能により、従来の環境と比較して24倍の速度改善となっています。

ストレージ自体が少し弱いロリポップですが、モジュール版PHPやコンテンツキャッシュ機能など高速化へ対応が進んでいることで、ワードプレスを早く表示させることに対応しています。

その3.サービス一覧

マルチドメイン エコノミー20個/ライト50個/スタンダード100個
データベース数 エコノミー0個/ライト1個/スタンダード30個
バックアップ 7世代バックアップ
共有SSL 無料で利用可能
電話サポート スタンダードプランより〇
かんたんweb作成 オプションで利用可能
その1.マルチドメイン対応

スタンダードプランからワードプレスの複数運用が可能になっています。30個のデーターベースが利用できるので月額500円でたくさんのワードプレを作れることになります。

その2.バックアップ機能

データの保護が気になるかたも月300円支払うことで7日間のバックアップデータを使うことが可能になります。

その3.電話サポート

スタンダードプランから電話でのサポートも受けることが出来ます。

その4.共有SSL

ホームページURLが「http://」から「https://」になることでセキュリティが増す。というのがSSL設定になります。 この設定についても無料で簡単に登録することが出来るようになっています。

その5.ワードプレスかんたんインストール

ワードプレスを作る人にとっては必須となるかんたんインストールサービスも付帯しています。これで複数運営するとなっても簡単に作成することができます。

その6.ロリポップスタジオ

おしゃれなデザインで簡単にホームページを作りたい!という人も月額980円のロリポップスタジオを使えば、簡単に作成することができるのも魅力です。

その7.ムームードメインと提携

ロリポップとムームードメインは提携サービスになりますので、ムームードメインでドメイン取得していればネームサーバー設定がボタン操作で設定でき、簡単になります。

初心者向けのサービスが魅力のロリポップ

ワードプレス簡単インストールや、無料共有SSL、電話サポートと初めてレンタルサーバーを使う人にとって必要なサービスはしっかりそろっています。また加えてロリポブログも無料で作成できて、月980円のロリポップスタジオではWIXのように簡単にマウス操作でおしゃれなホームページを作成することが出来ます。

お店や会社のホームページを作りたいけれど、WEB担当者がいない。といった方々にもおすすめのレンタルサーバーになっています。スタンダードプランで借りてスタジオでかんたん作成すれば月1480円でおしゃれなホームページが持てます。

ロリポップ公式

3.メリットとデメリット

【メリット】料金が安くてサービスが充実している

ロリポップのおすすめは、やはり格安サーバーということで料金が安いことです。 またマルチドメイン機能に強くスタンダードプランなら月わずか500円で30個のワードプレスが作れます。

また月額300円の有料となりますが7世代バックアップの機能をつけることが出来ますので、 オプションを申し込めばデータ消失などのリスクもかなり軽減できます。

【デメリット】ストレージの今後の増強に期待

同じ格安レンタルサーバーでもスターサーバーではかなり良いストレージを使っていてSSD化がそれなりに完了しています。ロリポップもエンタープライズプランだけでなく、スタンダードなどのプランにもいち早くSSDを採用してもらいたいところです。

ロリポップはこんな人に”おすすめ”のレンタルサーバー

1.簡単にホームページを作りたい人(ロリポップスタジオ)
2.ムームードメインでドメインを取得している人
3.格安サーバーでサービスが充実しているところを探している人

これまで170万人に利用されているに人気サーバーのロリポップ。格安レンタルサーバーで探しているのであれば、まず検討したいサーバー会社です。 ご利用の場合は、ムームードメインと一緒に登録すると設定が簡単になります。

ロリポップ公式

こんなレンタルサーバーもおすすめです。

■もっと安い格安レンタルサーバーを探している

バリューサーバー

■似たような格安サーバーを比較してみたい

スターサーバーグーペ(簡単作成)

サービス内容 エコノミー ライト スタンダード エンタープライズ
料金と 基本機能 無料お試し 10日間 10日間 10日間 10日間
初期費用 1,500円 1,500円 1,500円 3,000円
月額料金 100円 250円〜 500円〜 2,000円〜
ディスク容量 10GB 50GB 120GB 400GB
転送量 1GB /日 5GB /日 10GB /日 無制限
共有SSL -
ドメイン ロリポップ!のドメイン
独自ドメイン 20 50 100 無制限
独自ドメインのサブドメイン ドメイン毎に10 ドメイン毎に300 ドメイン毎に500 ドメイン毎に500
データベース MySQL5 - 30 100
SQLite
簡単 インストール WordPress -
EC-CUBE -
MovableType
baserCMS
オプション(※) 独自SSL -
PC用ウイルス対策ソフト
7世代バックアップ
特典 サービス ブログ(ロリポブログ)
ショッピングカート (カラーミーショップforロリポップ!)
サポート メールサポート
チャットサポート
電話サポート - - -
その他 サーバー監視 24時間有人監視 24時間有人監視 24時間有人監視 24時間有人監視
データセンター立地 国内 国内 国内 国内
商業利用
法人契約
再販

ロリポップ公式

レンタルサーバー

特集

ドメイン