大容量レンタルサーバー

大容量レンタルサーバー

データベースやストリーミングで動画を多様する場合など、1TB、10TBと大容量サーバーが必要になるかもしれません。 基本的に1TB以上の容量となると利用できるのはマネージドサーバーや専用サーバーがメインとなると思います。今回は用途に分けて3つのパターンで大容量サーバーを探してみました。

1.1000円~3000円台のレンタルサーバーで大容量(ミドルスペック)
2.1万円以上のサーバーで大容量(ハイスペック)
3.格安サーバーで大容量(ロースペック)

その1.1000円~5000円程度で300Gb以上のレンタルサーバーを探してみました。

個人のブログでも画像や動画を扱う人気ブログの場合、大容量レンタルサーバーを探したい!ということが あるかと思います。 まずは1000円台からの共用レンタルサーバーで大容量なものを紹介したいと思います。

この価格帯だと要領1TBというのはありません。大体1TBの半分の500GBぐらいが多いです。 お値段としては個人利用として丁度いい1000円~5000円のレンジの中から選んでいます。

会社名 容量 料金
Conoha WING 400GB 初期費用0円
4800円
CPIレンタルサーバー 無制限 初期費用0円
3800円
GMOクラウド(プロ) 600GB 初期費用5000円
2,362円
WebARENA 300GB 初期費用0円
1361円

おすすめはConohaの400GBになります。値段が月4800円になりますが、その分サーバー性能が良いです。 あまりスペックを気にしないでいいのであればGMOやWebarenaがそれぞれ1300円と2300円で利用できてお得になります。

その2.1万円以上でビジネス仕様な大容量サーバーを探してみました

会社としてメディアサイトを運営するなど、よりビジネスよりに大容量サーバーを探しているということであって、かつサーバー担当者やweb担当者がいない。 ということであれば、マネージメントサーバーがおすすめです。 料金は高くなりますが、共有サーバーのように気軽に使えて、それでいてより大容量でレンタルできます。

会社名 容量 料金
エックスサーバービジネス 400GB 初期費用1万5000円
10,260円
さくらレンタルサーバー
マネージド
700GB 初期費用4万8600円
12,960円
CPI 480GB~2.4TB 初期費用14万
5万7000円

予算との兼ね合いになりますが、エックスサーバービジネスやさくらのマネージドプランがおすすめです。 大体、月1万円ちょっとで利用できます。 このあたりの価格となるとAmazonのAWSが選択肢として入ってきます。

3.500円以下の格安サーバーで大容量なのはどこ?

300GBもいならいけれど出来れば容量は多いほうがいい。500円以下の格安レンタルサーバーの中で容量が多いのはどこなんだろう?

という方に向けて格安サーバーの容量を比較してみました。

会社名 容量 料金
ロリポップ(チカッパプラン) 120GB 初期費用150円
500円
スターサーバー 100GB 初期費用2000円
500円
さくらレンタルサーバー(スタンダード) 100GB 1029円
515円

500円以下のレンタルサーバーを探してみましたが、100GBを超えてくるものは大体価格が500円ぎりぎりになってしまいました。

ロリポップやさくらレンタルサーバーなどは、もっと安い価格帯のプランがありますがそうなると容量は100GBを切ってしまいます。 容量にある程度こだわりたい、だけど格安サーバーでと言う事であれば月額500円はどうしても出す必要がありそうです。

大容量でおすすめレンタルサーバー

CPIレンタルサーバー

【お得情報】返金保障なんと20日間
料金 初期料金:20000円(1年契約:0円)/月額:4400円(1年契約:3800円)
稼働率 SLA(品質保障制度)稼働率100%
容量・データベース 無制限

CPIレンタルサーバーは本格的な法人向けでの十分に耐えられる法人向けサーバーと言えます。 稼働率100%保障だけでなく容量、データーベース、マルチドメインも無制限。24時間365日の電話サポート。 制作支援ツール「SmartRelease」によりテストサーバーの構築が不要に。さらに「Git」にも対応しています。 さらに「サーバー移転代行サービス」によってサーバー移転もかんたんに実施できます。

CPI公式

レンタルサーバー

特集

ドメイン