【容量別】大容量レンタルサーバーの比較

【場面別】大容量レンタルサーバーの比較&ランキング

情報量の多いデータベースやストリーミングなど動画を自前で多様する場合など、500GBや1TBと大容量のレンタルサーバーが必要になる方もいると思います。 基本的に1TB以上の容量となると、選択肢としては1台まるごと借りるマネージドサーバーや専用サーバーがメインとなると思いますが、 共有サーバーでも300GB~500GBあたりのものであれば3,000円以下で借りられるところもあります。

そこで、今回は用途別に3つのパターンで、それぞれ大容量サーバーを探してみました。

1.1000円~3000円台のレンタルサーバーで大容量(ミドルスペック)
2.1万円以上のサーバーで大容量(ハイスペック)
3.格安サーバーで大容量(ロースペック)

その1.1000円~3000円程度で300GB以上のレンタルサーバーを探してみました。

個人のブログでも画像や動画を扱う人気ブログの場合、大容量レンタルサーバーを探したい!ということが あるかと思います。

容量として300GBぐらいを求めるとなると共用レンタルサーバーの中位プランが必要になってきます。 価格もそれなりになり平均すると大体3,000円ぐらいかかるでしょう。 500GBを求める場合は、各レンタルサーバーのハイグレードプランが必要となり価格も大体4,000円~5,000円というのが1つの目安になってきます。

会社名 容量 料金
CPIレンタルサーバー 無制限 初期費用0円
3,800円
WebARENA 300GB 初期費用0円
1,361円
さくらレンタルサーバー 300GB 初期費用5,142円
2,571円
Conoha WING 300GB 初期費用0円
2,400円
エックスサーバー 300GB 初期費用3,000円
2,000円
GMOクラウド(プロ) 600GB 初期費用5000円
2,362円

※月額料金は1年間契約で計算

容量だけで考えたときにおすすめなのはCPIレンタルサーバー。 ここは容量が無制限でありながら、価格も月額3,800円になっています。 実際にどこまで無制限で借りれるかどうかは不透明ですが、個人利用ぐらいで大容量を考えてレンタルサーバーを選ぶのであればCPIがまず思い浮かびます。

費用対効果を考えたときにおすすめなのがWebARENA。300GBで月額1,361円なので ここで紹介するプランの中では最もコストパフォーマンスに優れています。

無難に選ぶのであれば、結局のところエックスサーバーのX20プランで300GBといったところでしょうか。 サーバー性能や各種サービスも安定しているので、借りていて安心だと思います。

その2.1万円以上でビジネス仕様な大容量サーバーを探してみました(マネージド限定)

会社としてメディアサイトを運営するなど、よりビジネスよりに大容量サーバーを探している。 容量としては700GB~1TBぐらいの容量が欲しい。といったようなケースではどうでしょうか。

この場合、選択肢としては1台まるごと借りられるマネージメントサーバーや専用サーバーを借りることになります。 マネージメントサーバーの場合料金は高くなりますが、共有サーバーのように気軽に使えてより大容量でレンタルできます。 ここでは専門的な知識が必要な専用サーバーは除き、「マネージドサーバー」限定で大容量のものを探してみました。

会社名 容量 料金
さくらレンタルサーバー
マネージド
700GB 初期費用48,600円
12,960円
カゴヤのレンタルサーバー 1TB 初期費用4,000円
14,400円
CPI 480GB~2.4TB 初期費用120,000
37,000円

※年間契約で計算

マネージドサーバーは取り扱っているレンタルサーバー会社が多くないため、実質5社ぐらいのなかから選ぶことになると思います。 大体、料金としては1万円~数万円となり容量も1TB近いところが多いです。

おすすめはカゴヤのレンタルサーバー のマネージドプランになります。 料金が1万円台で容量も1TB~2TBということでマネージドプランではおすすめだと思います。

1TBも使うレンタルサーバーが必要なWEBサイトとなると、それなりに管理者が専任で就いている場合も多いと思いますので、 専門的な管理運用が可能な場合は、AmazonEC2などでもいいかもしれません。

3.500円以下の格安サーバーで大容量なのはどこ?

300GBもいならいけれど出来れば容量は多いほうがいい。500円以下の格安レンタルサーバーの中で容量が多いのはどこなんだろう? という方に向けて格安サーバーの容量を比較してみました。

会社名 容量 料金
ロリポップ(チカッパプラン) 120GB 初期費用150円
500円
スターサーバー 100GB 初期費用2,000円
500円
さくらレンタルサーバー(スタンダード) 100GB 初期費用1,029円
515円

500円以下のレンタルサーバーを探してみると、容量が100GBを超えてくるものは月額料金が500円ほどのプランになります。 ロリポップやさくらレンタルサーバーなどでは、もっと安い価格帯のプランがありますが、そうなると容量は100GBを切ってしまいます。 容量にある程度こだわりたい、だけど格安サーバーでと言う事であれば月額500円はどうしても出す必要がありそうです。

結局、大容量でおすすめのレンタルサーバーは「CPI」

一言に大容量といっても、それぞれ用途が異なりますので一概に1つだけのレンタルサーバーをすすめるのも難しいです。 レンタルサーバー運用の知識があればVPSのサービスも選択肢として入ってくるため、そうなるとまたおすすめできるものも変わってきます。

誰にでも万人受けしそうな大容量レンタルサーバーでということであれば、個人的には共有サーバーで管理がかんたん。 それでいて容量が多く3,000円台で利用可能な「CPIレンタルサーバー」がいいのではないかと思っています。

CPIレンタルサーバー

【お得情報】返金保障なんと20日間
料金 初期料金:20000円(1年契約:0円)/月額:4400円(1年契約:3800円)
稼働率 SLA(品質保障制度)稼働率100%
容量・データベース 無制限

CPIレンタルサーバーは本格的な法人向けでの十分に耐えられる法人向けサーバーと言えます。 稼働率100%保障だけでなく容量、データーベース、マルチドメインも無制限。24時間365日の電話サポート。 制作支援ツール「SmartRelease」によりテストサーバーの構築が不要に。さらに「Git」にも対応しています。 さらに「サーバー移転代行サービス」によってサーバー移転もかんたんに実施できます。

CPI公式

レンタルサーバー

特集

比較