ドメイン取得への道

ドメイン取得への道

レンタルサーバー選びの11個のポイントを知って比較しよう

初めてレンタルサーバーを借りる方がまず悩むのは「どのレンタルサーバーを選べばいいのか?」 「選ぶための基準がわからない」という点ではないかと思います。

当サイトではプランを詳しく比較して、適切に選びたい方のために 「稼働率」「ページ表示速度」「簡易性」など11個の比較要素について紹介をしています。

また、11個も比較するポイントがあるとどれが大切な要素なのかわかりづらいと思いますので、 ケーススタディ別に「どの方がどの要素を重視すれば良いのか」についても解説しています。

11要素を紹介(赤→重要緑→高速化オレンジ→サポート

まず、レンタルサーバーの「料金」と「稼働率」については最も重要な要素だと言えるでしょう。 稼働率が良いということは、サーバーが落ちる時間が少なく安定的なサービスが提供されていることを意味します。

また、「高速化」が最も重要だとする人も少なくないでしょう。 高速化に関する要素は数多くあり「CPU&メモリ」「Webサーバーソフト」「ストレージ」「高速化技術」が関係しています。

パソコンが不得意な方は「ワードプレス簡単セットアップ」や「電話サポート」を重視しましょう。

より詳しくそれぞれの要素を知りたい場合は、以下のページで解説しています。


ケーススタディ別の選び方

ワードプレスを作成したい方

ワードプレスを作りたいに場合にまず重視して欲しいのは「高速化」だと言えます。

ワードプレスを作ってアクセス数を増やす場合、「ページ表示の速さ」が良ければそれだけGoogleからの評価が良くなり検索エンジン対策になります。 そのため高速化対策がされているレンタルサーバーを選ぶことで、アクセス数が増えやすくなります。

メールだけ使いたい方

会社のメール用途のためにレンタルサーバーを借りる場合、大事なのは安定性になります。

ホームページ用途であればページ表示を速くしてGoogle向けに対策するため「高速性」が必要になりますが、メール用途の場合は 「稼働率」を重視したほうが良いでしょう。

料金を重視している方

コストを抑えてレンタルサーバーを選びたい方は、料金の比較ページも読んでおいた方が良いでしょう。月額300円ほどのプランから ワードプレスは作ることが出来ます。

サポートを重視したい方