ドメイン会社の比較

大手ドメイン業者6社を比較して項目別にまとめました。(2018/7/9:更新)


当サイトで1番人気のレンタルサーバーです。

その1.料金の比較

大手のドメイン業者の料金は1年間で大体1000円前後というのが相場になっています(「.com」の場合)

以前はGMO系列(お名前.com&ムームドメイン)を追ってスタードメイン、エックスドメインが固定で100円安いというイメージだったのですが、 ここ最近はキャンペーンなどでいろいろ価格が変動している模様です。ただしやはり基本的にはどの会社を使っても1000円ちょっとになります。

年間の料金のためドメイン料金そこまでの違いはなし。

この1000円前後のドメイン料金ですがこれは1年間分の契約料金となります。 年間100円や300円ほどの料金の違いをどう受け取るのかは人それぞれですが、ドメイン料金は各社あまり大差がないというのが実情です。

「.co.jp」などについてはもう少し料金が高くなります。が、これも大体3500円~4000円におさまる会社が多いです。 こちらも年間の料金の違いとして考えるとそこまでの違いは見られません。 (※より詳しいドメイン料金の比較

会社名 .com(カッコ内は2年目以降の料金)
お名前.com 1150円(1280円)
ムームードメイン 1160円(1480円)
スタードメイン 1180円(1180円)
バリュードメイン 1280円(1280円)
エックスドメイン 1180円(1180円)
FC2ドメイン 1080円(1080円)

料金についてドメインよりも大きく値段の開きがあるのがレンタルサーバーです。 サービスも大きく違うので、どちらかと言うとホームページの制作時にはレンタルサーバーを重点的に比較する必要があります。

その2.取り扱いドメインの種類の比較

おそらく大半の方が取得するドメインの種類は「.com」「.jp」「.co.jp」などになると思いますが、これ以外にもドメインの種類はたくさんあります。

「.net」など比較的知名度のあるものから「.tokyo」などのご当地ドメイン、さらに「.shop」などの新しいドメインなど 全部あわせると契約できるドメイン(トップレベルドメイン)の種類は100種類以上にもなります。

そこで各業者が扱ってるドメインの種類がどれくらいなのか、ざっくりとまとめてみました。

契約できるドメインの種類は「お名前.com」などGMO系列が圧倒的。

扱っているドメイン数を調べてみたところ圧倒的にGMO系列のドメイン業者に利がありました。 その中でもお名前.comが1番網羅しています。

「.tokyo」や「.yokohama」などの地域ドメインや、日本語ドメインの取得を考えているのであればGMO系列のドメイン業者、なかでも お名前.comを選ぶのがいいでしょう。

会社名 扱いドメイン数
お名前.com 約350種類
ムームードメイン 約300種類
バリュードメイン 約350種類
スタードメイン 49種類
エックスドメイン 19種類
FC2ドメイン 32種類

その3.支払い方法

ドメイン料金の支払いには「現金」「クレジットカード払い」「コンビニ払い」「ポイント払い」など幾つかの種類があります。

支払いに関してはだいたいどこも複数の支払い方法(クレジットカード・銀行決済・コンビニ決済)に対応していて同じです。下の表にまとめています。

スタードメインの支払い方法は特徴あり。

スタードメインは支払いに関して少し特徴的なところがあり、クレジットカードや銀行決済などで支払いはできるのですが直接支払うという形式ではなく、 一旦ネットオウルポイントと呼ばれるポイントを購入する形になります。そしてネットオウルポイントが貯まっていないと自動で支払いができないので注意が必要です。 このあたりはスタードメインの詳細ページで詳しく説明しています。

会社名 各種お支払い
お名前.com クレジットカード・銀行振込・コンビニ決済
ムームードメイン クレジットカード・銀行振込・コンビニ決済・おさいぽ(ポイント)
バリュードメイン クレジットカード・銀行振込・コンビニ決済・ウェブマネー
スタードメイン クレジットカード・銀行振込・コンビニ決済・PayPal
(※ネットオウルプリペイドと呼ばれるポイントを購入し、そのポイントから支払いを行います。)
エックスドメイン クレジットカード・銀行振込・コンビニ決済・チャージ残高
FC2ドメイン クレジットカード・銀行振込・コンビニ決済・ペイジー

その4.ドメインの自動更新の比較

ドメインの契約は1年間ごととなります。そのため毎年料金を支払う必要があります。

1年間に1回の支払いのため忘れてしまう人も多く、支払い忘れでドメインが失効になってしまうケースも少なからずあります。 そのため支払いを自動更新の設定にしておくことをおすすめします。

また、最初から一括して3年、5年といったような複数年での登録もできます。

スタードメインはポイントの残高が必要です。

改めて説明になりますがスタードメインの場合はポイントの残高が必要となり、実質クレジットカード払いの自動更新には対応出来ないので注意してください。 ポイントをある程度ためて購入しておく必要があります。

会社名 自動更新
お名前.com ○自動更新に対応
ムームードメイン ○自動更新に対応
バリュードメイン ○自動更新に対応
エックスドメイン ○自動更新に対応
FC2ドメイン ○自動更新に対応
スタードメイン △自動更新に対応(ただしポイントの残高が必要)

その5.whois情報の公開代行について

whois情報とは?「このドメインはどこどこの誰が登録していますよ」という情報のことになります。 登録メールアドレス、住所、担当者の名前まで公開されてしまうんですね。(→whois情報について

このwhois情報、ふつうなら公開したくないですよね。わざわざ個人情報を出したい人はあまりいないと思います。 そんな時に安心して利用できる制度が「whois情報公開代理」システムです。

これを設定すると、ドメイン業者のメールアドレスや住所や氏名で公開代行されるため、みなさんの個人情報が出ることはありません。 大体どこのドメイン会社もwhois公開代理に対応しています。

お名前.comはドメイン取得時には注意を。

このwhois情報公開代理で注意してほしいのが「お名前.com」です。 ドメイン取得時にしっかり設定をしておかないと、後々に変更したときには何故か有料になってしまいます。

その他のドメイン業者では、ドメイン取得後もwhois情報の公開代理は問題なく変更できます。

会社名 whois情報公開代理
お名前.com △対応(注意点あり)
ムームードメイン ○対応
バリュードメイン ○対応
スタードメイン ○対応
エックスドメイン ○対応
FC2ドメイン ○対応

その6.系列サーバー会社の紹介

ドメイン業者によっては系列のレンタルサーバー会社があります。

これら系列のサーバー会社とドメイン会社を利用することで何が変わるのかと言うと、 ネームサーバーの設定がボタンクリックで設定できるようになり非常に簡単になります。

会社名 系列レンタルサーバー
>お名前.com お名前サーバー
ムームードメイン ロリポップグーペ
バリュードメイン
スタードメイン スターサーバー
エックスドメイン エックスサーバー
FC2ドメイン FC2サービス

ただ、ネームサーバーの設定自体は次のページを読んでもらうとわかるように、そこまで難しいものではありません。 なので、ネームサーバー設定のためだけにドメイン業者とサーバー業者を合わせなくてもいいかな。というのが私の見解ではあります。
(→ネームサーバーの設定について)。


ドメイン業者の選び方まとめ

個人的なおすすめは「お名前.com」

これまでに取得してきたドメインの数は数百以上になりますし、いろいろなドメイン業者を利用してきました。

どのドメイン業者がいいのかというのは人によって異なると思いますが、私個人の意見でいえば迷っているのであれば「お名前.com」で取得しておくのが 1番無難なのではないかと思います。

管理画面や操作はとっつきづらいところがありますが、1番大手のドメイン業者ということもあって、 今回は紹介していない細かなサービスにも対応しているところがあるからです。

エックスドメインならサーバー契約で永久無料になることも。

もし料金的にドメイン料金をうかしたい。ということであればエックスドメインがいまおすすめです。これはエックスサーバーのキャンペーンで 「サーバー契約中はドメイン代がずっと無料になる」からです。

かなり太っ腹なキャンペーンなので期間限定ではありますが、レンタルサーバーもエックスサーバーが気になっている。という人であれば十分に選択肢としてはありだと思います。

エックスサーバーはこちらから。

実はドメイン業者の選定より圧倒的に大切!な「レンタルサーバー」の選び方。

これまでにドメイン業者について詳しく比較してきましたが、ドメイン業者には正直そこまで差がないというのが利用してみての感想です。 むしろ時間をかけて選んだ方がいいのはレンタルサーバーです。

なぜならレンタルサーバーによって料金は大きく違いますし、性能やサポートも変わってくるからです。 ドメインの管理と違い、レンタルサーバーはデータのアップロードなどで頻繁にログインすることになりますので、より重点的にレンタルサーバーを比較してみてください。

レンタルサーバーの比較記事についてはこちらが参考になります。

サイト名特徴
WebARENA SuiteX
WEBアリーナ
WebARENA SuiteXの詳細★★★★☆
WebARENAはNTTコミュニケーションズ運営でNTTグループとしての法令遵守と高い倫理観。 そして18年以上、10万件にもわたる運営のノウハウが蓄積されています! 容量は大容量の300GBにマルチドメイン対応。無料の電話サポートや24時間365日の有人監視体制でサポート&セキュリティも安心。 料金は月額1361円と1000円台での利用が可能となっています。 さらにレンタルサーバーではこちらやCPIなど数社だけが採用している『サービス稼働率100%』を保証してくれるサーバーになります。
ヘテムル
ヘテムル
ヘテムルの詳細★★★★★
知名度はそこまで知られていないもののエックスサーバーと同等もしくはそれ以上のサーバースペックを持つ隠れたおすすめサーバーがヘテムルです。 ストレージはオールSSD(HDDの30倍以上の速度)で、マルチドメイン無制限にワードプレスかんたんインストール機能、 電話サポートに独自SSLに自動バックアップ。とほぼ求める全ての機能を持ち合わせています。 これだけの機能でありながら料金は月額1100円から長期契約で800円まで値下がりします。 個人的に気に入っているのがヘテムルの管理画面で、最も管理画面が使いやすいレンタルサーバーだと言えます。
エックスサーバー
エックスサーバー
エックスサーバーの詳細★★★★★
クチコミで人気のエックスサーバー。クチコミだけでなく実際にシェアNo1となっているレンタルサーバーです。 人気の理由は機能の高さと料金の安さを兼ね備え、コストパーフォーマンスにすぐれている点です。 オールSSDにマルチドメイン無制限、自動バックアップだけでなく、 「HTTP/2」や「FastCGI」などの技術によりwebサイトの表示や動作を高速化してくれて稼働率も99.99%と安定度の高いレンタルサーバーです。 料金は基本1200円で長期割引により900円まで値下がりします
mixhost
cpi
mixhostの詳細★★★★☆
2016年設立ながらもエックスサーバーやヘテムルと同等のサービスと料金で一部人気を博しているのがmixhostです。 マルチドメイン無制限に無料独自SSLやワードプレス簡単インストールなどはもちろんのこと、 最も特徴的なのが突発的なアクセスの増加でも止まることなく柔軟に対応してくれる機能をもちあわせていることです。 データセンターも東京都内にあり非常にすぐれたサーバースペックとなっています。 料金は基本料金が1380円。長期割引で880円まで値下がりします。
CPIレンタルサーバー
cpi
CPIレンタルサーバーの詳細★★★★
KDDIグループが運営し、コーポレートサイトやキャンペーンサイトなど法人利用が90%を超える ビジネス向けのレンタルサーバーがCPIです。 マルチドメインやデーターベース無制限もさることながら、 「SmartRelease」ツールによりテスト環境の構築や高頻度の自動バックアップシステムなど より安全に運営するための環境が整っています。 料金は基本料金が4400円で長期割引によって最大3800円まで値下がりします。 また、サーバー移転の代行サービスなども行っています。
WADAX
WADAX
WADAX★★★★
大手インターネット会社のGMOが運営するサポートとセキュリティに定評のあるレンタルサーバーです。 年中無休の電話サポート、セコムのセキュリティ診断サービス、サーバー移転代行サービスなどがあります。 マルチドメインは最も安いプランでは未対応となります。 料金は基本1299円となり長期割引で1188円まで値下がりします。
GMOクラウド
GMOクラウド
GMOクラウドの詳細★★★☆
ミニ・レギュラー・プロと3種類のサービスがありミニでは1年の長期割引で最低価格がなんと943円にと価格を抑えたサーバーになっています平日10:00~18:00の電話サポートもついていて十分なサポート体制となっています。 管理画面はかなり癖がありマルチドメインの追加などは電話サポートとの連携が必要だと思います。 複数人数で管理するための設定などもできて運営者が複数いた場合でも権限委譲などができます。
ロリポップ
ロリポップ
ロリポップの詳細★★★★
最も安いプランでは100円から利用できる格安レンタルサーバーの代名詞的な存在がロリポップ。 100円のプランではマルチドメインやワードプレスは利用できないため600円のスタンダードプランがおすすめです。 スタンダードプランではマルチドメイン100個、データーベース30個となり実質30個のワードプレスサイトを作成することができます。 スタンダードプランの料金は基本料金600円で長期割引により500円まで値下がりします。
スターサーバー
starserver
スターサーバー★★★★
格安レンタルサーバーでロリポップと肩を並べるのがスターサーバーです。 最も安いプランは月額126円となりマルチドメインが20個使えますがデーターベースがこのコースでは利用できないため、 おすすめはマルチドメイン無制限、データーベース20個となるスタンダードプランになります。 スタンダードプランの料金は基本料金600円。長期割引で500円まで値下がりします。 2週間のあいだ無料お試しをすることが可能です。
グーペ
goope
かんたんホームページ作成グーペ★★★★
「かんたんにホームページを作りたい」とホームページ作成の難しい知識がなくともクリック感覚でお店や個人のサイトを作れるのがグーペです。 レンタルサーバーの機能も備えていて豊富なデザインテンプレートだけでなんく予約機能やフォトアルバム、地図までかんたんに作れてしまいます。 最も安いコースは月額1000円の通常コースになりますが、DXコースも月額1500円が長期割引で1000円まで値下がりするためDXコースがおすすめです。